歯列矯正用カラーゴムの付け方【痛み&色選び】画像と動画で詳しく解説

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正のカラーゴムって、どんな付け方をしているの?
カラーゴムを取り付ける時って、痛い?  色選びはどうするの?

そんな疑問にお答えします。

筆者のケンは、
2018年4月に歯列矯正を始め、
2年3ヶ月後に、無事ブラケットオフをしました。

装置とワイヤーを外した時の様子はこちら↓

ブラケットオフ当日の流れや所要時間について知りたいですか?この記事では、歯列矯正開始から2年3ヶ月、装置とワイヤーを外した時の流れについて写真を交えて詳しく解説しています。ブラケットオフってどんなことするの?時間はどのくらい?疑問な方必見

これから歯列矯正を始める人も、
現在、矯正中の人も、
カラーゴムってどんな取り付け方をしているか、
不思議に思ったことはないですか?

ぼく自身、歯列矯正を始めた当初は、
謎の器具が登場するし、不思議な動きをするしで、
どんな付け方をしてるのか、ハテナマークがたくさん浮かんでいました。

ですが、何回も交換してもらったり、
歯科衛生士さんに教えてもらうなどして、
カラーゴムの付け方の秘密が、だんだん分かってきました。

そこで今回は、
歯列矯正のカラーゴムの付け方
と題して、詳しく解説したいと思います。

歯列矯正用カラーゴムの付け方

カラーゴムの付け方は、
次のような方法で行われます。

流れ

カラーゴムで装置とワイヤーを留める

矯正ワイヤーを、ブラケットにはめた後、
カラーゴムを使って、ワイヤーと装置を留めていきます。

付け方の順番は、
下の歯をまず留めて、次に上の歯
という流れがほとんどでした。

また、
奥歯→前歯という順番で固定していくケースが多かったです。

細かな付け方の違いは、
歯科医院や、人によってさまざまだと思います。

道具

カラーゴムの付け方で特徴的なのは、
変わった器具を使うことです。

下の写真に写っている、ピンセットのようなものがその器具です。

モジュールプライヤーとか、
Oリングホルダーと呼ばれているそうなんですが、
とにかく、変わった動きをするんです。

カラーゴムを付ける時に、
このプライヤーをカチカチと動かすんですが、
最初のころは、何をやっているのかサッパリ分かりませんでした。

そこで、歯科衛生士さんに尋ねてみたところ、
ようやく付け方の謎が解けました。

気になる方は、こちらの動画をぜひどうぞ↓

大きさや太さの違うプライヤーを使い分けることで、
歯によって、付け方を変えているようでした。

指の使い方

カラーゴムの指の使い方は、上の写真のように、
片手にプライヤー、もう片方にカラーゴム
という付け方をされていました。

奥歯は、若干留めにくいようで、
このように、指を使って口を大きく広げるという、
付け方をしていました。

また、プライヤーでは留めにくいこともあるようで、
細い針のような道具が登場することもありました。

自分でやるのはムリ

こんな感じで、
カラーゴムの付け方は、けっこうな技術と経験が必要だなと感じました。

ぼくは一度、
カラーゴムが外れてしまった時に、
自分でつけなおそうとしたことがありますが…

ムリだし、おすすめしません!

なぜムリだったのかは、こちらに詳しく書きました↓

歯列矯正のカラーゴムは自分で交換できるの?この記事では矯正装置とワイヤーを留めるカラーゴムを自分で付けることはできるかどうか、実体験をもとに、画像や動画を用いて詳しく解説しています。カラーゴムが外れちゃった…自分で取り替えたいという方は必見

カラーゴムを付けるときの痛み

カラーゴムの付け方自体には、
まったく痛みを感じることはありませんでした。

グイグイやるということもないし、
何かが刺さったり、ということもないので。

たまに、
指がくちびるや歯を押して痛い…
というくらいでした笑

ただし、
ワイヤーの調整がきつく、歯が大きく動くような場合には、
カラーゴムをつけている時点で、痛みを感じる時はありました。

歯列矯正中で、一番痛かった時の様子はこちら↓

ですが、
そうした痛みは、歯がきちんと動いている証拠です。

矯正が進んでくると、
痛みがないと、ちょっと物足りないな…
と感じるようにもなりました苦笑

歯列矯正で感じる痛みには、和らげる対処法があります。

詳しくはこちらに書きました↓

歯列矯正の痛みについて知りたいですか?この記事では歯列矯正の痛みはいつまで?ピークはどのくらい?食事は?対処法は?といった疑問に詳しくお答えしています。歯列矯正をしたいけど痛みが不安・・痛いの怖いな・・と思っている方は必見です。

カラーゴムの色選び

歯に付ける前のカラーゴムって、見たことありますか?

使用前のカラーゴムは、
実は、下の写真のような形状になっています↓

鍵みたいな形ですよね。

棒の両脇に、
ポツポツくっついている丸いやつがカラーゴムで、
付け方としては、一個一個ちぎって装置に留めていきます。

ぼくが通っている銀座みゆき通りデンタルクリニックでは、
10色くらいが用意されていて、
好きな色を選ぶことができます。

例えば上のカラーゴムは、
左側がむらさき色、右は濃いピンク色です。

毎回、何色にしようか悩みますが、
楽しいです。

あ、でも、カラーゴムの色選びが楽しくなったのは、
歯列矯正を始めてから、半年くらい経ってからでした。

なぜ、
赤や青など、派手な色を選ぶようになったかと言うと、
ぼくの装置のことなんて、
ほとんど誰も気にしてないな、と気づいたからです笑

詳しくはこちらに書きました↓

歯列矯正は目立つし恥ずかしいな・・と思っていませんか?この記事では歯列矯正1年経過した筆者が、矯正装置は目立つのか?周りの反応はどうだったか?などについて具体例をあげて詳しく解説します。歯列矯正は目立つし周りの反応が不安・・という方必見です。

最初の頃は、
とにかく色付きは恥ずかしいなと思っていて、
白や透明などの、目立たない色ばかり選んでいました。

ですが、白や透明のカラーゴムって、
カレーなどの色が、一番着色しやすいんですよね…

着色を防ぐ方法は、こちらにまとめました↓

歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法を知りたいですか?この記事では、カレーなどの着色から矯正のゴムや歯そのものを守る方法を、歯列矯正2年3ヶ月間の経験をもとに詳しく解説しています。着色を気にせず美味しいものを沢山食べたい!という方必見です。

歯列矯正用カラーゴムの付け方【痛み&色選び】画像と動画で詳しく解説 まとめ

以上、
歯列矯正用カラーゴムの付け方【痛み&色選び】画像と動画で詳しく解説
というテーマで解説をしました。

カラーゴムを取り付け方や、色選びの様子は、
動画でも見られます↓

参考になればうれしいです。

YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする