歯列矯正のカラーゴムは自分で交換できる?【通販で購入可能】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正で使うカラーゴムは、自分で交換できるの?
カラーゴムって、通販で売ってるのかな?

そんな疑問にお答えします。

筆者のケンは、
2018年4月から歯列矯正を始めました。

上下とも表側のワイヤー矯正です。

追記:2年3ヶ月後の2020年7月に、
無事、ブラケットオフしました。

ワイヤーを外した時の様子は、こちら↓

ブラケットオフ当日の流れや所要時間について知りたいですか?この記事では、歯列矯正開始から2年3ヶ月、装置とワイヤーを外した時の流れについて写真を交えて詳しく解説しています。ブラケットオフってどんなことするの?時間はどのくらい?疑問な方必見

歯列矯正中に、
カラーゴムを、自分で交換できたらな
と思ったことはないですか?

ぼくは、何度かありましたし、
実際に、試してみたこともあります。

そこで今回は、
歯列矯正のカラーゴムは自分で交換できるのか?
というテーマで、
詳しく解説したいと思います。

カラーゴムは自分で交換できる?

歯列矯正のカラーゴムは、自分で交換できるのか?

結論から言うと、

ほぼ不可能だし、やらない方がいい

です。

ぼくは実際に、
カラーゴムが外れてしまった時に、
自分でつけ直せないか、試したことがありますが、
ムリでした。

仮にできたとしても、さまざまな理由から、
自分で交換することは、やらない方がいいと思います。

理由は、主に以下の通り。

①歯科専用の道具が必要
②歯や装置を壊してしまう恐れがある
③歯が間違った方向に動いてしまう可能性

それぞれ順番に、説明します。

①歯科専用の道具が必要

歯列矯正のカラーゴムを、自分で交換しない方がいい、
1つ目の理由は、
ゴムを留めるのには、専用の道具が必要だからです。

下の写真が、その道具↓

モジュールプライヤーとか、
Oリングホルダーと言うそうです。

この道具は、歯科専用の道具なので、
入手はとても困難です。

ぼくは、そんな道具を持っていませんし、
指では、太すぎて無理でした。

この道具、矯正中の人はご存知かもしれませんが、
とても不思議な、謎の動きをするんです。

どんな仕組みでカラーゴムを留めているのか?

歯科衛生士さんに、くわしく教えてもらったので、
気になる方は、こちらの動画をどうぞ↓

②歯や装置を壊してしまう恐れがある

矯正用のカラーゴムを、自分で交換しない方がいい理由2つ目は、
歯や装置を壊してしまう恐れがあるからです。

ぼくは、2年3ヶ月の矯正期間中に、
30回近く、ワイヤー調整をしてもらいました。

そして感じたのは、
カラーゴムを取り替えるのには、
専門の技術と経験が必要だな、ということです。

仮に、取り付ける道具があったとしても、
使い方によっては、歯や装置に当たって、
欠けたりヒビが入ったりしてしまう恐れがあります。

歯茎や、口の粘膜に、
キズがつくこともあるかもしれません。

また、装置(ブラケット)は、
けっこう頑丈に歯にくっついてますが、
角度によっては、意外なほど簡単に外れてしまうものです。

装置が外れると、
一度、歯の表面をキレイに磨いて、
もう一度、接着し直す必要があるので、
けっこう大変です。

装置を付け直した時の様子は、こちらに詳しく書きました↓

歯列矯正中にブラケットが外れた場合どうすればいいか知りたいですか?この記事では、ブラケットが外れた時の対処法、実際に外れた時の体験談、新しい装置に取り替えた時の様子を詳しく解説しています。歯列矯正中ブラケットが外れたら・・と心配な方必見です。

③歯列矯正の結果や期間に、影響する可能性

歯列矯正のカラーゴムの交換を、自分でやらない方がいい理由3つ目は、
歯列矯正の結果や期間に、影響する可能性
があるからです。

②で書いたように、
装置や歯が欠けてしまうと、
その修復に、余分に時間がかかってしまいます。

それだけ、歯列矯正の期間全体も、
長引いてしまいます。

また、
矯正で歯を動かすのは、
ワイヤーの角度やゴムの強さなどを、細かく計算した上で、
行われています。

なので、自分で勝手にカラーゴムを変えてしまうと、
細かなバランスが崩れて、
歯が、全然違う方向に動いてしまう
ということにもなりかねません。

正しい、歯列矯正の結果を得るためにも、
自分でカラーゴムを交換しようとすることは、
考えない方がいいと思います。

カラーゴムは通販で入手可能

ここまで、
カラーゴムを自分でつけることはできないし、やめた方がいい
というお話をしてきましたが、

じゃあ、完全に歯医者さんにお任せするしかないのか?
というと、そんなこともありません。

カラーゴムに関して、
自分で関われることもあります。

①カラーゴムを通販で買う

カラーゴムに自分で関われることの1つ目は、
通販で買うことです。

カラーゴムは、amazonで買えます。

他の通販サイトにもあるかもしれません。

追記(2021年3月14日)
以前は、たくさんの商品が購入可能だったのですが、
現在では、1点も検索結果に表示されなくなっています。

ただし、歯医者さんに持参して、
それを使うことが可能かどうかは、
各医院で違うと思うので、よく確認してみてください。

おそらく、
衛生上、安全上の観点から、
許可されないところの方が、多いとは思いますが。

モジュールプライヤー(取り付ける器具)も通販は可能なようですが、
医療関係者に限定されていることがほとんどなので、
一般の入手は難しいと思います。

②色の組み合わせで遊ぶ

カラーゴムに、自分で関われること2つ目は、
色や配色を選ぶということです。

歯医者さんにたくさんの色が用意されてれば、
その中から、自分で配色を考えることが可能です。

ぼくは以前、
3色を互い違いに、付けてもらったことがあります↓

むらさきと、濃いピンクと、薄いピンクの3色です。

歯科衛生士さんは、
けっこう大変そうでした苦笑

ただしこれも、
そもそも1色しか用意していない歯医者さんもあるそうなので、
もしもカラーゴムをカラフルにしたいのであれば、
矯正を始める前に、歯科医院に確認した方がいいと思います。

歯列矯正中だけど別の歯医者さんに相談してもよいものでしょうか?この記事では、別の歯医者さんに相談するとよい理由、実際にうまく行った例、どんな歯医者さんがよいのかなど詳しく解説しています。歯列矯正中のセカンドオピニオンに悩んでいる方必見です

ぼくはカラーゴムの色を、
調整日の度に、毎回変えていました。

毎月撮った写真を、全部まとめて動画にしましたので、
興味があれば、ぜひご覧ください↓

③着色しにくい色を選ぶ

もしも、
カラーゴムがすぐに着色しちゃうから、自分でこまめに取り替えたい…
と思っているのなら、対処法はありますよ。

工夫次第で、
カラーゴムの着色は防ぐことができます。

詳しくはこちらにまとめました↓

歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法を知りたいですか?この記事では、カレーなどの着色から矯正のゴムや歯そのものを守る方法を、歯列矯正2年3ヶ月間の経験をもとに詳しく解説しています。着色を気にせず美味しいものを沢山食べたい!という方必見です。

歯列矯正のカラーゴムは自分で交換できる?【通販で購入可能】まとめ

以上、
歯列矯正のカラーゴムは自分で交換できる?【通販で購入可能】
というテーマで解説してみました。

カラーゴムって、
歯医者さんはどんなふうに取り付けてるの?
と疑問な方は、こちらをぜひどうぞ↓

歯列矯正のカラーゴムの付け方について知りたいですか?この記事では、カラーゴムを装置に取り付ける方法、使用する道具、痛みや色選びなどを、矯正2年3ヶ月の経験と画像や動画を使い詳しく解説しています。カラーゴムってどうやってつけるの?という方必見

参考になればうれしいです。

YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする