【歯列矯正のカラーゴム 】自分でできる着色対策【体験談】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正で、カラーゴムってよく聞くけど、ナニ?
カラーゴムの着色が気になる・・
通販で買って、自分で交換することってできるの?

そんな疑問や悩みはありませんか?

この記事では、
歯列矯正に用いるカラーゴムについて、


・歯列矯正用のカラーゴムとは?
・着色しやすい?
・通販で買える?
・自分で装着できる?

などの視点から詳しくレポートします。

筆者のケンは現在歯列矯正中です。

2018年4月に装置とワイヤーがつきました。
上下とも表側のワイヤー矯正です。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や健康などに関する情報を発信しています。

役に立ちそうでしたら、ぜひチャンネル登録、フォローをお願いします。

フォローする

【歯列矯正のカラーゴム 】自分でできる着色対策【体験談】

結論から言うと、
歯列矯正用のカラーゴムの着色対策はあります。

色選びや食べるもの、
ワックスを使うことなどで、
着色をある程度抑えることができるからです。

また、
カラーゴムを通販で買うことはできますが、
自分で装着するのは難しいと思いますし、
やめたほうがいいと思います。

カラーゴムを装着するのには、
専門的な技術や器具が必要だからです。

カラーゴムとは?

そもそも、
カラーゴムとは何かというと、

ワイヤーと装置(ブラケット)を固定するゴムのことです。

上の写真の緑色のモノが、
カラーゴムです。

カラーゴムの他にも、

・カラーモジュール
・リガチャータイ

など、いろいろな呼び方があるようですが、
このブログでは、
カラーゴムで統一して進めていきましょう。

では、
カラーゴムの着色と、
自分でできるか?
ということについて、
具体的に見ていきましょう。

カラーゴムの着色対策

カラーゴムは、
名前の通りゴム製なので、
どうしても食べ物などの色がつきやすいです。

ですが、着色を防ぐ方法はあります。

①着色しにくい色を選ぶ
②着色しやすい食べ物を控える
③ワックスで保護する

ここでは、
以上の3つの方法を解説いたします。

カラーゴムの着色対策① 着色しにくい色を選ぶ

カラーゴムの着色対策① 着色しにくい色を選ぶ

カラーゴムの着色が気になるのであれば、

・トゥースカラー
・色付きのカラーゴム

を選ぶと良いと思います。

なぜなら、
もともと色が付いているため、
着色が目立ちにくいからです。

ぼくのこれまでの経験上、
1番着色が目立ちにくいのは、
上の画像のよな、
トゥースカラーのカラーゴムだと思います。

トゥースカラーというのは、
「歯の色」という意味です。

歯って、真っ白ではなくて、少し黄色っぽさがありますよね。
オフホワイトとでも言いましょうか。

歯の色に近い色なので、
装着していること自体も歯になじみますし、
着色も目立ちにくいです。

次に着色が目立ちにくいのは、
上の画像のような、
濃い色のカラーゴムだと思います。

もともと付いている色によって、
着色が目立ちにくいです。

透明や白のカラーゴムは着色が目立ちやすい

逆に着色しやすいのは、

透明

のカラーゴムです。

上が透明で、下が白のカラーゴムです。

上の写真のカラーゴムは、まだつけたばかりなので、
透明も白も、
清潔感があってキレイに見えます。

ですが、
時間が経つにつれて、食べ物の色が着色し、
それが目立ちやすいです。

もともとゴムに色が付いていないわけですから、
少しでも着色すると、
とても目立ってしまうんです。

カラーゴムの着色対策② 着色しやすい食べ物を控える

カレー
キムチ
麻婆豆腐

などの食べ物は、
カラーゴムに着色しやすいです。

なぜなら、
香辛料が多く含まれているからです。

とある調整日、
歯から外した「透明」のカラーゴムを、
見せてもらったことがあります。

そしたら、
想像以上に着色していて、
トゥースカラーと見分けがつかないくらいになっていました。

口の中に着いているときは、
歯や装置の色にまぎれたり、
影になったりして、

言うほど着色なんてしないじゃん!

と思っていたんですが、
外してみてビックリしました。

カラーゴムの着色対策③ ワックスで保護する

カラーゴムの着色を、
歯列矯正用のワックスで防止することもできます。

ワックスで装置を覆うことで、
食べ物とゴムの接触を防げるからです。

歯列矯正用のワックスとは、
上の写真のように、
半透明の粘土のような樹脂です。

本来の用途は、
装置が口内炎などに当たるのを防ぐために、
装置にくっつけて使います。

装置を覆うということは、
同時にカラーゴムも覆われるということなので、
結果的に、
カラーゴムの着色防止にもなるというわけです。

歯列矯正用ワックスの詳しい使い方は、
下の記事を参考にしてみてください。

ワックスの効果的な使い方を知りたいですか?この記事では歯列矯正用ワックスで口内炎を予防する方法や、カレーやトマトソースでゴムが着色するのを防ぐやり方などを詳しく説明します。歯列矯正中で口内炎や着色が木になる方は必見です。

カラーゴムを通販で買って自分で交換できる?

カラーゴムと装着する器具があれば、
自分で交換することはできるかもしれませんが、
やめておいた方が賢明だと思います。

取り付けるのには、
専門の技術と経験が必要だと思いますし、
取り付けの精度が、
矯正治療の結果にも大きく影響するだろうからです。

口内を傷つける可能性などもあり、
衛生面も心配です。

カラーゴムは通販で入手可能

amazonで買えます。
他の通販サイトにもあるかもしれません。

歯科医院に持参して、
それを使ってもらうことが可能かは、
各医院で違うと思うので確認してみてください。

もしそれができたら、
色のバリエーションが増えて、
歯列矯正がさらに楽しくなりそうです。

取り付ける器具は、
モジュールプライヤーどと言うらしいです。

こちらも通販は可能なようですが、
医療関係者に限定されているサイトがほとんどなので、
一般には入手は難しいと思います。

カラーゴムを装着する手順

今回のブログの、
メインテーマは以上ですが、

ちょっと話を広げて、
毎月の調整日に、
カラーゴムをどうやって取り付けているのかも、
ご紹介したいと思います。

カラーゴムは月に一度交換

月に一度、
歯医者さんに行って、
ワイヤーを調整してもらいます。

その時に、
カラーゴムも交換します。

使用前のカラーゴムは
上の写真のような感じです。

鍵みたいな形ですね。
ぶどうの房のようにも見えます。

両脇にポツポツくっついている丸いやつを、
ちぎって使います。

カラーゴムの色選び

まずは色選びです。

今回選んだのは、左側のむらさき色です。

毎回何色にしようか悩みますが、
楽しいです。

あ、でも、
色選びが楽しくなったのは、
最近かもしれません。

最初の頃は、
とにかく目立たないようにと思い、
白や透明、トゥースカラーなどの、
無難な色ばかり選んでいました。

なぜ、
赤や青などの色を選び始めたかと言うと、
ぼくの装置なんて意外と誰も見てないな、
と気づいたことが大きいです。

矯正始める前、始めた当初は、
矯正装置、かっこ悪いなあ。
恥ずかしいなあ。
と思っていたんですけど・・

数ヶ月経ってみて、
ネガティブななんて誰からも言われません。

なので、
自分が気にしてるだけ
だと分かったのです。

● 参考記事

歯列矯正は目立つし恥ずかしいな・・と思っていませんか?この記事では歯列矯正1年経過した筆者が、矯正装置は目立つのか?周りの反応はどうだったか?などについて具体例をあげて詳しく解説します。歯列矯正は目立つし周りの反応が不安・・という方必見です。

カラーゴムで装置とワイヤーを留める

カラーゴムで装置とワイヤーを留める

色を決めたあと、
カラーゴムで、
ワイヤーと装置を留めていきます。

サクサクサクサク
さすが手際が良いです。

変わった形のピンセットのようなもので、
1本1本取り付けていきます。

利き手にもよると思いますが、
右手にピンセット、
左手に鍵状のカラーゴムを持って作業が進んでいきます。

奥歯はやはり、若干やりにくいようです。

また、まだ奥に引っ込んでいる歯や、
角度がついている歯なども、
留めにくいらしく、
ピンセット以外の他の道具が登場することもあります。

カラーゴムを留めるときの痛み

カラーゴムを装着する作業自体は、
まったく痛みはありません。

そこまでグイグイやるということもないし、
何かが刺さったりということもないので。

たまーに、
歯を押さえたり口を広げている指が、
くちびるを挟んで痛いくらいです(笑)

ワイヤーと装置が徐々に固定されてくると、
だんだん歯が引っ張られたり、締め付けられたりしてきます。

ワイヤーが大きく調整されている場合は、
痛みを感じる時もあります。

ただ、
そうした痛みは歯がきちんと動いている証拠なので、
今ではそうした痛みが少しはないと、
物足りなくなってきました。

● 参考動画:これまでで一番痛かった時の調整日の様子

● 参考記事

歯列矯正の痛みについて知りたいですか?この記事では歯列矯正の痛みはいつまで?ピークはどのくらい?食事は?対処法は?といった疑問に詳しくお答えしています。歯列矯正をしたいけど痛みが不安・・痛いの怖いな・・と思っている方は必見です。

慣れた手付きで作業が進み、
下の歯のすべてにカラーゴムがつきました。

最後に全体をチェックして、完了です。

● カラーゴムを装着する様子は動画でもご覧いただけます

【歯列矯正のカラーゴム 】自分でできる着色対策【体験談】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

カラーゴムの着色を防ぐ方法
①着色しにくい色を選ぶ
②着色しやすい食べ物を控える
③歯列矯正用のワックスで保護する

カラーゴムは通販で入手可能

自分で交換するのはやめた方がいい

以上、
【歯列矯正のカラーゴム 】自分でできる着色対策【体験談】
というテーマで解説してみました。

楽しい歯列矯正ライフを!

YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする