スポンサーリンク

歯列矯正のブラケットが外れたらどうすればいい?4つの対処法&応急処置

調整日レポート
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正中に、ブラケットが外れたら、どうすればいいの?
ブラケットが外れた時の、応急処置法が知りたい…

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

歯列矯正のブラケットが外れたらどうすればいい?

歯列矯正中に、
ブラケットが外れた場合、どうしたらいいのか?

結論から言うと、
以下の4つことに注意すると良いと思います。

① すぐに歯医者さんに連絡をする
② 自分で直そうとしない
③ 外れたブラケットを捨てない

④ 歯列矯正用ワックスなどを用いて固定する(応急処置)

それぞれ、
順番に理由を解説していきます。

① すぐに歯科医院に連絡をする

歯列矯正のブラケットが外れた時の対処法1つ目は、
すぐに歯科医院に連絡をすることです。

歯医者さんによっては、
当日でも、優先して診察をしてくれるところもあると思いますし、
確実に修復ができるからです。

ブラケットが外れた時に限らず、
歯列矯正中に、何か不具合が発生した場合も、
速やかに連絡をすることをおすすめします。

歯列矯正というのは、
長い期間がかかるものなので、
当然、思ってもいないアクシデントも多々あります。

そうした緊急時に、
親身に対応してくれる歯医者さんが、
本当に信頼できる歯科医院だと、ぼくは思います。

歯医者さんの選び方については、
こちらに詳しく書きました↓

また、今通っている歯医者さんに、
安心して通うことができないな…と感じる場合は、
他の歯医者さんに相談するのも、よい方法だと思います。

歯列矯正のセカンドオピニオンについては、こちら↓

② 自分で直そうとしない

歯列矯正中、
ブラケットが外れてしまった時にどうしたらいいかの、2つ目は、
自分で直そうとしないことです。

装置やワイヤーは、
位置や角度などを、とても細かく調整しています。

自分で直してしまうと、間違った方向に歯が動いてしまい、
歯列矯正の進み具合や結果に、
大きな影響をおよぼす可能性もあるからです。

以前ぼくは、
ブラケットではないのですが、仮歯の一部が外れてしまい、
自分で接着剤でつけ直したことがありました。

なんとか取り付けできたものの、
位置や角度がうまく決まらず、
最終的には歯医者さんできちんと直してもらいました。

「次は、必ず連絡してくださいね」
と、言われました…苦笑

③ 外れたブラケットを捨てない

歯列矯正にブラケットが外れた時にした方がいいことの3つ目は、
外れたブラケットを捨てないということです。

もちろん、外れてしまったブラケットを、
そのまま再利用するわけではありません。

ですが、外れた原因が細かく分かれば、
次回、外れにくいように対策を取ることができるからです。

言葉だけで説明するよりも、
現物を見た方が、なぜ外れたかが推測しやすいです。

④ 歯列矯正用ワックスで固定する(応急処置)

ブラケットが外れた時の対処法、最後の4つ目は、
応急処置的にではありますが、
矯正用のワックスを使って、留めておくことも可能です。

ワックスは、ロウのような粘着力があります。

ものを食べたり、
一日中、そのままでいるということはできないと思いますが、
ワイヤーがビロビロしてしまわないように、
一時的に固定しておくくらいは、できると思います。

歯列矯正用ワックスとは、本来は、
ブラケットを覆って、口の粘膜を保護するものです。

歯列矯正中は、とにかく口内炎ができやすいので、
ワックスには、ぼくもかなりお世話になっています↓

ワックスの本来の使い方は、
こちらに詳しくまとめました↓

歯列矯正 ワックスの使い方【口内炎の保護や着色防止にも!】
ワックスの効果的な使い方を知りたいですか?この記事では歯列矯正用ワックスで口内炎を予防する方法や、カレーやトマトソースでゴムが着色するのを防ぐやり方などを詳しく説明します。歯列矯正中で口内炎や着色が木になる方は必見です。

歯列矯正中に、ブラケットが欠けた体験談

ここまで、
歯列矯正中にブラケットが外れた場合の、
対処法を解説してきましたが、

実際に、ブラケットが欠けてしまった時のぼくの体験談
をご紹介しましょう。

ブラケットが欠けたのは、
歯列矯正が始まってから、7回目の調整日のこと。

新しいワイヤーを、
ブラケットに取り付けている時でした。

あ・・ブラケットが壊れた・・

どうも、セラミック製のブラケットの先端が欠けてしまい、
一部が歯から外れてしまったようでした。

破損したのは、
上の前から3番目の歯の、ブラケットでした。

ブラケットが欠けた原因

なぜブラケットが…!?と一瞬思いましたが、
スミマセン…確実に身に覚えがありました…

固いおせんべいを、何日か前にボリボリ食べました・・

その時すでに、ブラケットにヒビが入るなど、
外れやすくなっていたのかもしれません。

歯列矯正中は、
硬い食べ物は、ブラケットが外れる原因になるので、
十分に気をつける必要があります。

食べにくい、食べない方がよい食べ物は、
こちらにまとめました↓

逆に、食べやすい食べ物はこちら↓

ブラケットはよく外れる?

割れた白いお皿

とはいえ、
歯列矯正を開始して、ここまで約半年。

その間に、ブラケットが外れたり、取れたりしたことは、
一度もありませんでした。

それって、よくよく考えるとすごくないですか?

ブラケットが外れたり、欠けたりすることはよくあるのか?

担当の先生に、聞いてみたところ、

セラミックは陶器だから、
お茶碗と一緒で、衝撃が加わると、
割れたり外れたりする可能性はあります

とのこと。

なので、金属製のブラケットの方が、
外れたり欠けたり、ということには強いようです。

その代わり、歯に強力にくっつくので、
その分、締め付けも強く感じました。

セラミックのブラケットを、
金属の装置に交換した時の様子は、こちら↓

スポンサーリンク

歯列矯正のブラケットが外れたらどうすればいい?4つの対処法&応急処置 まとめ

以上、
歯列矯正のブラケットが外れたらどうすればいい?4つの対処法&応急処置
というテーマで解説しました。

ブラケットが外れてしまった後、
歯医者さんで付け直してもらった時の様子は、
こちらにくわしくまとめました↓

また、矯正治療終了後には、
リテーナーを壊してしまったこともあります。

その時の修理の様子は、こちらに詳しく書きました↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました