リテーナー(マウスピース)洗浄剤おすすめ7選。成分や汚れ落ちを比較

ブラケットオフ
この記事を書いた人

2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

ケンをフォローする

リテーナーやマウスピース洗浄剤のおすすめが知りたい
洗浄剤によって、成分や汚れや臭いがどのくらい消えるかは違うもの?

そんな疑問にお答えしましょう。

筆者は2年3ヶ月間のワイヤー矯正の後、現在保定期間中です。

リテーナーは1日中つけているので、汚れや臭いがきちんと取れているか、洗浄の度にけっこう気になります。

マウスピース矯正をしている人も、同じではないでしょうか?

市販の洗浄剤は、成分が気になりませんか?

筆者も一体どういったものがいいのか、これまでいろいろと試してきました。

そこで今回は、リテーナー(マウスピース)洗浄剤おすすめ7選。成分や汚れ落ちを比較と題して、詳しく解説してみたいと思います。

リテーナー(マウスピース)洗浄剤おすすめ7選。成分や汚れ落ちを比較

おすすめのリテーナー(マウスピース)洗浄剤をご紹介する前に、

リテーナーやマウスピースって同じ洗浄剤を使っていいの?

という疑問はありませんか?

ドラッグストアで市販されていた洗浄剤には、

矯正用マウスピース
矯正用リテーナー
ホワイトニング用マウスピース
歯ぎしり予防用マウスピース
顎関節用マウスピース
スポーツ用マウスピース

マウスピースやリテーナーの除菌・消臭にパーシャルデント|小林製薬株式会社

など様々なマウスピース、リテーナーに対応しているとの説明がありました。

なので他の洗浄剤も、リテーナーやマウスピースを問わず、使用できるのではないかと思います。

とはいえ製品によっては、リテーナーのみといったものもあるかもしれませんので、使用上の注意をよくご確認ください。

それらを踏まえて、リテーナーやマウスピースの洗浄剤として筆者がおすすめしたいのは、以下の7つです。

①リテーナーシャイン
②リテーナーブライト
③パーシャルデント
④スッキリデント
⑤重曹+クエン酸
⑥無添加の洗浄剤
⑦超音波洗浄機

順番に、詳しく説明いたします。

①リテーナーシャイン

矯正用リテーナー洗浄剤おすすめ5選|重曹でも代用できます

リテーナー(マウスピース)洗浄剤のおすすめ1つ目は、矯正用リテーナー洗浄剤 リテーナーシャイン

上の画像のように顆粒タイプの洗浄剤です。

リテーナーの装着が始まる際に歯医者さんにおすすめしてもらい、筆者自身もこちらを主に使用していました。

リテーナーシャイン成分表示

リテーナーシャインの成分はこんな感じ。

タンパク質分解酵素と漂白成分が、高い洗浄力を発揮するようで、数ヶ月経っても、臭いや汚れがつく気配がありませんでした。

使い方は簡単です。

①コップに、リテーナーが完全に浸る量(約180ml)の水かぬるま湯を入れる
②リテーナーと、付属のスプーン1杯分のリテーナーシャインを入れる
③水の色が青から透明に変わったら、洗浄完了
④リテーナーを取り出したら、水でしっかりすすぐ

の4ステップ。

洗浄時間は、20〜30分

ちょうど、歯磨きをしたりお風呂に入ってる間にキレイになってる、という感じですね。

容量は150g、約60回分

筆者は、成分の刺激が少し強すぎるように感じたので、1回あたりの量を、少し減らして使ってます。

なので、実際にはもっと多くの回数、使えそうです。

このリテーナーシャインは、マウスピースの洗浄に使えるのかどうかですが、ある歯科医院のホームページに、

リテーナーシャインは矯正治療に用いる透明なマウスピースやインビザライン、後戻り防止のリテーナー、歯ぎしり予防のマウスピース、スポーツ用マウスガードなど幅広く使用できます

矯正治療のリテーナー、マウスピースの洗浄にリテーナーシャイン|自由が丘シーズ歯科・矯正歯科

といった記載がありましたので、問題なく使えるのではないかと思います。

リテーナーシャインは歯科専用の商品らしいのですが、Amazonでも購入可能です↓

created by Rinker
ライオン歯科材
¥1,222 (2024/06/15 22:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

②リテーナーブライト

リテーナー(マウスピース)洗浄剤のおすすめ2つ目は、リテーナーブライトです。

こちらは顆粒ではなく、タブレット(錠剤)36錠入り。

1回1錠なので、36回分です。

リテーナーブライトの成分はこちら↓

重炭酸ナトリウム、クエン酸、炭酸ナトリウム、ペルオキソニ硫酸カリウム化合物、固形コーンシロップ、過炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウム(シリカ含)、ソルビトール、テトラアセチルエチレンジアミン、ポリエチレングリコール180、ラウリルスルホコハク酸ナトリウム、フレーバー、ポリエチレングリコール8、ステアリン酸マグネシウム、青色1号アルミニウムレーキ、青色2号

オーラルケア リテーナーブライト 1箱(36錠入)|Amazon

リテーナーシャインに比べ、やや成分の種類が多いような印象です。

タブレットタイプなので、一回一回スプーンで計るのは面倒とか、こぼしちゃいそうという方は、このリテーナーブライトの方が使いやすいかもしれません。

このリテーナーブライトも歯医者さんのホームページに、

リテーナーブライトは矯正後のリテーナー、インビザライン、ナイトガード、スポーツマウスピースなどに使用できます

リテーナーブライト(洗浄剤)はいかがですか?|鴨江うちだ歯科

との記述がありました。

こちらもAmazonで購入できます↓

created by Rinker
オーラルケア
¥3,291 (2024/06/15 23:13:42時点 Amazon調べ-詳細)

③パーシャルデント

①と②で紹介したリテーナシャインとリテーナーブライトは、歯科医院かネット通販でしか主に販売されていません。

なので、できればドラッグストアで買いたいという方は、パーシャルデント マウスピース洗浄剤をおすすめします。

こちらは冒頭にもご紹介したように、矯正用リテーナーの他、歯ぎしり防止やスポーツ用のマウスピースにも使える旨が、メーカーホームページや商品説明に記載されています。

①と②の洗浄剤よりやや安価ですので、こまめに何度も洗うという方にはおすすめかもしれません。

④スッキリデント

リテーナー(マウスピース)洗浄剤のおすすめ4つ目は、スッキリデント

上記3つの洗浄剤より、さらにリーズナブルなものをお探しでしたら、こちらはいかがでしょうか?

アマゾンでも購入でき、値段はリテーナーシャインやリテーナーブライトの約半分。

しかも、108回分使用できるので、ものすごくコスパがいいです。

洗剤や石鹸を生産している国内メーカー製なのも、安心感もあります。

⑤重曹+クエン酸

リテーナー(マウスピース)洗浄剤のおすすめ5つ目。

市販の洗浄剤は化学物質が気になる…という人におすすめしたいのが重曹(じゅうそう)です。

コップいっぱいの水に、重曹を大さじ2杯くらい入れて20〜30分つけておけば、リテーナーの汚れや臭いがスッキリ取れます。

筆者はこちらの重曹をよく使っています↓

石油由来の原料を使わずに石けん作りをしているメーカー製なので、とても安心感があります。

created by Rinker
PAX(パックス)
¥1,469 (2024/06/15 22:32:38時点 Amazon調べ-詳細)

汚れ落ちや臭いが気になるようであれば、重曹にクエン酸をプラスしてみてください。

水に、重曹:クエン酸を2:1の割合で入れます。

シュワシュワと泡が出て、それが汚れを浮かせてくれます。

筆者のおすすめはこちら↓

クエン酸は中国産のものがほとんどなのですが、こちらはオーストリア産で、遺伝子組み換え原料も使っていないクエン酸です。

重曹とクエン酸をリテーナーやマウスピースの洗浄剤として使う際の注意点としては、食品グレードのものを選ぶこと。

掃除用のものだと、主成分以外に不純物や添加物などが入っている可能性があります。

⑥無添加の洗浄剤

おすすめのリテーナー(マウスピース)洗浄剤6つ目は、無添加の洗浄剤です。

入れ歯洗浄剤と書いてありますが、口コミを見るとリテーナーやマウスピース洗浄に使っている人がほとんどです。

実際に筆者も数ヶ月間、毎日リテーナー洗浄剤として使用していますが、まったく問題ありませんし、汚れも臭いもきれいになっています。

成分は、重曹(炭酸水素ナトリウム)、クエン酸、過炭酸ナトリウムのみ。

界面活性剤や色素、増粘剤や結合剤などは一切入っていません。

化学物質や人工的な色や香料が苦手…という方には、特におすすめします↓

created by Rinker
オーサワジャパン
¥542 (2024/06/15 22:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

⑦超音波洗浄機

リテーナーやマウスピースを洗浄するおすすめの方法、最後7つ目は超音波洗浄機です。

こちらも、歯医者さんにおすすめされました。

メガネ屋さんの店頭に置いてある、水に浸けて汚れを落とすアレです。

超音波によって細かな泡が発生し、それが破裂することで汚れが浮き上がる仕組みのようです。

宝石や時計、電子機器などの洗浄にも用いられるそうなので、細部の汚れにまで働きかけることができそうです。

洗剤はできるだけ使いたくない
細かな部分までしっかり汚れを落としたい

という人には、とてもピッタリの方法かと思います。

筆者は保定期間中に入っても、しばらくは月一で歯医者さんに通院していました。

その際、いつも超音波洗浄機で洗浄をしてくれていました。

超音波洗浄機できれいにしてもらうと、リテーナーのぬめりが取れて「サッパリしたなあ」と感じるんですよね。

洗浄剤を使った時とは、また違った感覚を感じられるかもしれません。

超音波洗浄機は、Amazonでもたくさんの種類が売られていますが、思ったほど高額ではないんですよね。

なので、洗浄剤を定期的に買い続けるより、むしろ経済的かもしれません↓

ただし1,000円台の製品や乾電池で動く仕組みのものは、微振動洗浄機といって洗浄力が弱い場合もあるみたいなので、ご注意ください。

結局、どの洗浄剤がいいの?

ここまで、リテーナー(マウスピース)洗浄剤のおすすめを6つご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

何を基準に選ぶのかは人それぞれだと思うので、最後にもう一度、それぞれの特徴を簡潔にまとめておきます。

①リテーナーシャイン

リテーナーやマウスピースの洗浄剤といえばコレというくらいの王道。顆粒タイプなので、1回に使う量を調整したい人におすすめ。

created by Rinker
ライオン歯科材
¥1,222 (2024/06/15 22:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

②リテーナーブライト

こちらもリテーナーシャインと並んで洗浄剤の代表的な存在。歯医者さん推奨。タブレット型なので扱いやすさを重視する人におすすめ。

created by Rinker
オーラルケア
¥3,291 (2024/06/15 23:13:42時点 Amazon調べ-詳細)

③パーシャルデント

街中のドラッグストアで手軽に買いたい方におすすめの洗浄剤。上記2つよりリーズナブル。

④スッキリデント

上記3つの洗浄剤に比べて量が多く、価格もさらにお得。

⑤重曹とクエン酸

天然成分なので安心。リテーナーやマウスピース洗浄の他、掃除、洗濯、料理などにも使えるので、結果的に割安かも。化学物質や香料が気になる人におすすめ。

created by Rinker
PAX(パックス)
¥1,469 (2024/06/15 22:32:38時点 Amazon調べ-詳細)

⑥無添加の洗浄剤

界面活性剤や増粘剤、着色料や香料などの化学物質が一切使われていない洗浄剤。化学物質や人工的な香りが苦手という方に、特におすすめです。

created by Rinker
オーサワジャパン
¥542 (2024/06/15 22:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

⑦超音波洗浄機

薬剤を使わないので安全。初期費用はかかるが、ずっと使えるし、リテーナー以外も洗浄したい人は便利。

リテーナー洗浄剤を選ぶ際の、参考になればうれしいです。

リテーナー(マウスピース)洗浄剤おすすめ7選。成分や汚れ落ちを比較 まとめ

以上、リテーナー(マウスピース)洗浄剤おすすめ7選。成分や汚れ落ちを比較というテーマで解説しました。

リテーナーやマウスピースを重曹とクエン酸で洗浄する方法は、こちらに詳しく書きました↓

無添加の洗浄剤を実際に使ったレポートは、こちらをどうぞ↓

ちなみに筆者はここ数年、ずっと重曹で歯磨きをしています。

その結果どのくらい歯が白くなったのか、驚きの結果はこちら↓

リテーナー(マウスピース)洗浄剤は毎日使ったほうがいいのか、詳しく検証してみました↓

歯医者さんに教えてもらったリテーナーの洗浄の仕方は、こちらをどうぞ↓

リテーナーを手入れする際に「これだけは気をつけて」ということを、歯医者さんに教えてもらったので、こちらも参考になれば↓

筆者は、リテーナーは一生つけ続けようと思っています。

その理由はこちらに詳しく書きました↓

歯医者さんに教わったリテーナーの洗浄方法は、こちらの動画にもまとめました↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました