歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法【カレーも気にせず食べられる】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正中のカラーゴムの着色が、気になる…
ゴムの着色を気にせず、好きなだけカレーが食べたい!

そんな悩みにお答えします。

筆者のケンは、2018年に歯列矯正を始めて、
2年3ヶ月後、終了(ブラケットオフ )しました。

装置とワイヤーを外した時の様子はこちら↓

ブラケットオフ当日の流れや所要時間について知りたいですか?この記事では、歯列矯正開始から2年3ヶ月、装置とワイヤーを外した時の流れについて写真を交えて詳しく解説しています。ブラケットオフってどんなことするの?時間はどのくらい?疑問な方必見

グリーンのカラーゴム|歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法【カレーも気にせず食べられる】

そもそも、カラーゴムとは何かというと、
ワイヤーと装置(ブラケット)を固定するゴムのこと。

上の写真の緑色のモノが、カラーゴムです。

・カラーモジュール
・リガチャータイ

などとも呼ばれています。

ぼくも、歯列矯正を始めた最初の頃は、
ゴムの着色を気にしていました。

ですが、自分でいろいろ試したり、
担当の先生や歯科衛生士さんに教えてもらったりして、
着色を防いだり抑える方法が、
かなり分かってきました。

そこで今回は、
歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法
と題して、詳しく解説していきます。

歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法

結論から言うと、
歯列矯正のカラーゴムの着色対策
ぼくが実際に試して効果のあった方法は、以下の通りです。

①着色しにくい色を選ぶ
②着色しやすい食べ物を控える
③ワックスで保護する

それぞれくわしく解説します。

着色対策① 着色しにくい色を選ぶ

カラーゴムの着色対策① 着色しにくい色を選ぶ

歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法、1つ目は、

着色しにくい色を選ぶ

ということです。

具体的には、

・トゥースカラー
・色付きのカラーゴム

を選ぶとよいです。

なぜなら、もともと色が付いているため、
着色が目立ちにくいからです。

トゥースカラーのカラーゴム|歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法

これは、トゥースカラーという色のカラーゴム。

ぼくの経験上、
1番着色が目立ちにくいのは、この色です。

トゥースカラーというのは、「歯の色」という意味です。

歯って、真っ白ではなくて、少し黄色っぽさがありますよね。
オフホワイトとでも言いましょうか。

歯の色に近い色なので、
ただ装着しているだけでも、歯の色になじみますし、
着色してきても、目立ちにくいんです。

濃い色のカラーゴム|歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法

次に着色が目立ちにくいのは、
上の画像のような、濃い色のカラーゴムです。

もともと付いている色によって、
着色が目立ちにくいです。

着色が目立ちやすいのは、透明や白のカラーゴム

逆に着色しやすいのは、

透明

のカラーゴムです。

透明のカラーゴム|歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法

これは透明のカラーゴム。

白いカラーゴム|歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法

これは白です。

上の写真のカラーゴムは、まだつけたばかりなので、
透明も白も、清潔感があってキレイに見えます。

ですが、
時間が経つにつれて、食べ物の色が着色し、
それが目立ちやすいです。

もともとゴムに色が付いていないので、
少しでも着色すると、かなり目立ってしまうんです。

着色対策② 着色しやすい食べ物を控える

歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法の2つ目は、

着色しやすい食べ物を控える

ということです。

具体的には、

カレー
キムチ
麻婆豆腐

といった食べ物は、かなり着色しやすいです。

なぜなら、
香辛料が多く含まれているから。

とある調整日、
歯から外した「透明」のカラーゴムを、
見せてもらったことがあります。

そしたら、想像以上に着色していて、
トゥースカラーと見分けがつかないくらいになっていました。

歯についているときは、
歯や装置の色にまぎれたり、影になったりして、

言うほど着色なんてしないじゃん!

と思っていたんですが、
外してみてビックリしました。

カラーゴムの着色対策③ ワックスで保護する

歯列矯正用ワックス|歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法

歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ、3つ目の方法は、

ワックスで保護

するということです。

ワックスで装置を覆うことで、
食べ物とゴムの接触を防げるからです。

歯列矯正用のワックスとは、
上の写真のように、半透明の粘土のような樹脂です。

amazonでも購入できます。

本来の用途は、
装置が口内炎などに当たるのを防ぐために、
装置にくっつけて使います。

装置を覆うということは、
同時にカラーゴムも覆われるということなので、
結果的に、カラーゴムの着色防止にもなるというわけです。

歯列矯正用ワックスの詳しい使い方は、
下の記事を参考にしてみてください↓

ワックスの効果的な使い方を知りたいですか?この記事では歯列矯正用ワックスで口内炎を予防する方法や、カレーやトマトソースでゴムが着色するのを防ぐやり方などを詳しく説明します。歯列矯正中で口内炎や着色が木になる方は必見です。

自分でカラーゴムを取り替えるのはアリ?

歯列矯正のカラーゴムが着色してしまった場合、
自分で取り替えられたらいいですよね。

着色したら、新しいのに付け替えられれば、
着色を気にせず、カレーでもなんでも食べられます。

ですが、結論から言うと、

NO

です。

カラーゴムを装置に取り付けるには、
専門的な技術や器具が必要ですし、
歯が変な方向に動いてしまった…なんてことにもなりかねないからです。

カラーゴムを通販で買うことは不可能ではないようですが、
自分で装着するのは難しいですし、やめたほうがいいと思います。

詳しくはこちらにまとめました↓

歯列矯正のカラーゴムは自分で交換できるの?この記事では矯正装置とワイヤーを留めるカラーゴムを自分で付けることはできるかどうか、実体験をもとに、画像や動画を用いて詳しく解説しています。カラーゴムが外れちゃった…自分で取り替えたいという方は必見

歯の着色を防ぐには?

以上が、
歯列矯正中のカラーゴムの着色を防ぐ方法でしたが、
歯そのものにも、着色してるなあ…
と感じたことはありませんか?

ここでは、
歯列矯正中のカラーゴムだけでなく、
歯の着色を防ぐ方法を、いくつかご紹介します。

歯列矯正中の正しい歯磨きのやり方

歯の着色を防ぐ基本は、毎日の歯磨きです。

歯列矯正中は特に、
歯磨きがおろそかになりがちですよね。

装置やワイヤーがついてると、
汚れも溜まりやすく、
着色だけでなく、虫歯の原因にもなります。

歯科衛生士さんに、
矯正中の正しい歯磨きの仕方を教えてもらったので、
こちらを参考にしてみてください↓

ホワイトニング

生まれつき着色しやすかったり、
黄色っぽい人は、ホワイトニングするのをおすすめします。

実際にぼくは、歯医者さんでホワイトニングをしてもらって、
生まれつきグレーっぽかった歯が、
ビックリするくらい白くなりました。

どのくらい白くなったかは、こちら↓

歯医者さんでするホワイトニングってどのくらい効果があるの?そんな疑問はありませんか?この記事では、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングの効果や流れ、やり方について体験談と写真をもとに詳しくレポートしています。歯を白くしたい!という方必見です

ちなみに、歯列矯正中にホワイトニングをしてしまうと、
装置のついている部分は白くはならないので、
矯正が終わって、装置が外れてからがいいと思います。

クリーニング

ホワイトニングはちょっと敷居が高い、
という場合は、クリーニングだけでも着色を落としたり、防いだりする効果があります。

実際にぼくは、
カルシウムの粒子を歯の表面に吹き付けるクリーニング
というものをしてもらったのですが、
歯に光沢が出て、ピカピカつるつるになりました。

その時の様子はこちら↓

歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法【カレーも気にせず食べられる】まとめ

以上、
歯列矯正のカラーゴムの着色を防ぐ方法【カレーも気にせず食べられる】
というテーマで解説をしました。

着色以前に、
矯正装置やワイヤーをつけること自体が、
目立ちそうで恥ずかしい…
という方は、こちらを参考にしてみてください↓

案外、気にしてるのは自分だけです。

歯列矯正の見た目が気になりますか?この記事では、見た目が気になる場合の歯列矯正の方法とその注意点、おすすめしない歯列矯正の方法などについて、体験談をもとにくわしく解説しています。歯列矯正したいけど、見た目が気になる・・という方は必見です。

矯正中に食べやすい&食べにくい食べ物については、
こちらにまとめました↓

歯列矯正中におすすめの食べやすい食べ物を知りたいですか?この記事では歯列矯正中におすすめの食べやすい食べ物とその理由を、実際の体験からご紹介しています。歯列矯正を始めたけど食事が大変、これから始めたいけど食事の制限が心配、という方必見です。
歯列矯正中の食べ物の制限について知りたいですか?この記事では、歯列矯正中に食べられない&食べづらい食べ物について、約2年間の歯列矯正体験をもとに画像付きでくわしく解説しています。歯列矯正中にできるだけ食べ物を制限したくないという人必見です。

記事が参考になればうれしいです。

YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする