【歯列矯正】調整日とは?何をするの?【一部始終を実況レポート】

【歯列矯正】調整日って何するの?一部始終を実況レポート
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正の調整日とは何? 一体なにをするの?
毎月の調整日って、ちゃんと行かなきゃだめ?

そんな疑問はありませんか?

この記事では、

歯列矯正の毎月の調整日とは? その意味と役割
調整日に行うことと、その流れ

などを詳しく解説いたします。

筆者のケンは、
現在歯列矯正中です。

上下とも表側のワイヤー矯正。
2018年の4月に装置とワイヤーがつきました。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や健康に関する情報を発信しています。

ぜひチャンネル登録、フォローをお願いします。

フォローする

【歯列矯正】調整日とは?何をするの?【一部始終を実況レポート】

調整日とは、

月に一度の通院日

のことです。

歯列矯正装置とワイヤーが歯についた後、
3週間から4週間くらいに一度、歯医者さんに行きます。

● 参考記事

歯列矯正の通院頻度はどのくらいか知りたいですか?この記事では歯列矯正はどのくらいの通院頻度で通えばいいか?通院日には何をするのか?通いやすさか治療内容、どちらで歯科医院を選ぶべきかか?などを解説しています。歯列矯正の通院頻度が気になる方必見です。

歯列矯正は、順調に進んでいるか?
次の1ヶ月はどうやって歯を動かしていくか?
悩みや困りごとがないかどうか?

など、
1ヶ月間の状況を、この調整日に確認します。

今回はこの調整日の一部始終を、
写真と文章で、完全レポートしてみたいと思います。

言葉と写真ではよく分からないという場合には、
動画をYouTubeにアップしてありますので、
ぜひそちらもご覧ください。

これから歯列矯正をする方も、すでに矯正治療中の人も、

へえ、調整日とは、こういうものなんだ!
こういうやり方もあるんだ

という参考になれば、うれしいです。

歯列矯正の調整日とは?① まずはワイヤーをはずす

歯列矯正の調整日は、
まずは、ワイヤーを外すことから始まります。

ワイヤー外さないと、歯の掃除もできないし、
ワイヤーの角度調整とかもできないですからね。

ちなみに、歯に接着してある装置(ブラケット)は、
基本的には歯列矯正が終わるまでは、
そのままつけっ放しです。

● 参考記事

矯正装置(ブラケット)を歯に取り付ける様子

カラーゴムをはずす

ワイヤーを装置から取り外すために、
まずはカラーゴムを外していきます。

カラーゴムとは、直径2、3mmくらいの輪ゴムで、
ワイヤーと装置を留めるためのものです。

これがカラーゴムです。

カラーゴムと言うくらいなので、
いくつか色があり、選べます。

今回の調整日は、
下の歯のゴムの色は、むらさき色にしてみました。

上のカラーゴムは、透明です。

透明のゴムは目立ちにくいという利点があるのですが、
実は一番着色しやすいです。

カレーやミートソースなどは要注意。

歯列矯正あるあるだと思うのですが、
調整日の前日まではカレーは我慢!という人もかなり多いみたいです。

ぼくはあまり気にせず食べちゃいますが・・(笑)

● 参考記事

歯列矯正に用いるカラーゴム、着色を防ぐ方法や装着する様子が知りたいですか?この記事ではカラーゴムについて、実際の体験をもとに、画像や動画を用いて詳しく解説しています。歯列矯正のカラーゴムってナニ?着色が気になる・・・という方は必見です。

マリガンをはずす

上の歯は、カラーゴムを外す前に、
マリガンという太いワイヤーを外します。

マリガンとは、
歯のアーチを広げるための太くて硬いワイヤーです。

通常のワイヤーをカラーゴムでつけた上から、
マリガンは取り付けてあります。

つまり、ワイヤーが二重になっている状態です。

マリガンが外れたので、
今度は上の歯のカラーゴムを外していきます。

外す時は、細い曲がった針のようなもので、
ゴムを引っ掛けて外していきます。

歯列矯正が始まった最初の頃は、
調整日のたびに、
この細い針の先端が、歯茎に刺さらないか心配でした。

刺さりません。大丈夫です。

マルチループワイヤーをはずす

ゴムが全部外れたら、
いよいよワイヤーを外します。

ぼくは、上下の歯とも、マルチループワイヤーという、
複雑な形のワイヤーを装着しています。

マルチループワイヤーとは、
上の写真のように、
まっすぐではなく、クネクネ曲がったワイヤーです。

一本の歯に対し、一つのループ。

このループが、まっすぐに戻ろうとする力で歯を動かしています。

歯をどう動かしたいかによって、ループの大きさや角度などを、
調整日のたびに毎回変えていきます。

● 参考記事

マルチループワイヤーによる歯列矯正について知りたいですか?この記事では、マルチループワイヤーで歯が動く仕組みや使用する目的、装着方法や痛み、装着後の感想などについて詳しく解説しています。マルチループワイヤーって何?という疑問を解消します。

正式には、

マルチループ・エッジワイズ・アーチ・ワイヤー
Multiloop Edgewise Arch-wire (MEAW)

というらしいです。

長いので、
マルチループと呼んでます(笑)

上の歯の、
マルチループ・エッジワイズ・アーチ・・・えーっと、、
あー、やっぱりめんどくさい。

上の歯の”マルチループ”も外れました(開き直り!)

月に一度、調整日に感じるコト

調整日のたびに、感じること。

そう、それは開放感

強力な針金で1ヶ月間、歯を引っ張っていたわけですから、
調整日にそれが外れた時は、本当に、

自由だ〜!

という感覚を味わえます。

それとは逆に、
ワイヤーがついていないと、歯が戻ってしまいそうで不安・・・
というのも歯列矯正あるあるです。

なので、

月に一度、調整日の時だけに感じる開放感

くらいで、
ちょうどいいのかもしれません。

● 参考記事

歯列矯正の通院頻度はどのくらいか知りたいですか?この記事では歯列矯正はどのくらいの通院頻度で通えばいいか?通院日には何をするのか?通いやすさか治療内容、どちらで歯科医院を選ぶべきかか?などを解説しています。歯列矯正の通院頻度が気になる方必見です。

歯列矯正の調整日とは?② 歯のクリーニング

ワイヤーを外したら、
次は歯のクリーニングです。

ぼくは毎月、
調整日の度に、歯のクリーニングを、
してもらっています。

歯列矯正期間中に、
一度もクリーニングしてもらったことがない、という声も聞きますので、
歯医者さんによって違うのかもしれません。

● 参考記事

歯列矯正前の歯のクリーニングの様子を知りたいですか?この記事では、歯列矯正前の検査の一環としてしてもらった、歯のクリーニングの様子や手順を、画像や動画を用いて詳しく解説しています。歯のクリーニングについて知りたい方は必見です。

ジェットウォッシャーでクリーニング

次は、ジェットウォッシャーで歯をクリーニング。

ジェットウォーッシャーとは、
勢いよく水が出る機械のことです。

細い水流が、歯と歯の隙間や歯茎との境目、装置のまわりなどを、
気持ちよく洗い流してくれます。

汚れがとれてるな〜という実感が得られます。

水圧が強いので、ごくごくたまに、
歯と歯茎の間から血が滲んでいることがありますが、
おそらく、歯茎が炎症を起こしていると思われます。

歯列矯正中は、
特に、歯の磨き残しが多くなるので、
普段からしっかり歯ブラシするようにしましょう。

● 参考記事

歯科矯正中、外出時におすすめの歯磨きグッズを知りたいですか?この記事では、歯科矯正中に、これさえあれば外出先でも困らないという歯磨きグッズについて体験をもとに詳しくご紹介しています。矯正中に外出するとき、何を持ってると便利なの?という方必見

ちなみにこのジェットウォッシャー、
歯医者さんだけのものだと思っていたのですが、
今は家庭用のものもあるようですね。

ぼくは現在、下記の2つを検討中です。

レビュー数、評価共に、
パナソニック製のものがダントツです。

ポリッシングブラシでクリーニング

ジェットウォッシャーの次は、ブラシで磨きます。

グルグル回って歯を磨くやつです。

ずっと「歯を磨くやつ」と呼んできたのですが、
正式名称は、ポリッシングブラシというそうです。

歯列矯正中は、
どうしても歯が磨きにくいので、
こうした機械で丁寧に磨いてもらえるのは、
本当にありがたいです。

時々、歯磨き粉なのか、研磨剤なのか、
ペーストを先端にちょんちょんとつけながら、
磨いてくれます。

それほど高速でもないし、痛みもなく、
少し重く骨に響いてくる感じが、むしろ心地いいです。

月に一度、
調整日のたびに、こうして歯がピカピカ、ツルツルになるのは、
とても嬉しいものです。

歯列矯正の調整日とは?③ 前半終了・後半出発

歯のクリーニングが終わったら、
調整日の前半戦は終了です。

クリーニングをしている間に、
外したマルチループワイヤーの調整が行われています。

これまでの歯列矯正の経過を見ながら、
次の1ヶ月でどのように歯を動かしていくか?

そうした計算をしながら、
一つ一つのループを調整するとのことです。

その調整が終わったら、
いよいよ、もう一度装置にセットしていきます。

それでは、後半しゅっぱーつ!

歯列矯正の調整日とは?④ 下の歯にマルチループワイヤーを装着

歯列矯正の、調整日の後半は、
調整したワイヤーを再び歯に装着していく作業です。

まずは下の歯に、マルチループワイヤーをつけていきます。

ここからまた、1ヶ月間のおつきあいが始まります。
ワイヤーくん、よろしくです!

カラーゴムでワイヤーを留める

マルチループワイヤーを装置にはめ込んだら、
1箇所ずつ、カラーゴムで留めていきます。

今回の調整日には、
下の歯のゴムの色はすべてむらさき色にしました。

色がついていると、
留める時に、見やすいからやりやすいと言っていました。

色付きゴムにすると、
歯医者さんに喜ばれるかもしれませんよ。

カラーゴムをかけるのは、専用の道具で行われます。

細めのペンチと言うのか、ごついピンセットと言うか、
そんな形状のものです。

名前はよくわかりません。

実はこの道具、ただペンチやピンセットのように、
先端を開けたり閉じたりしてものを挟むだけじゃないんです。

なんと言ったらいいのか・・
とにかく不思議な動きをするんです。

言葉ではうまく説明できないので、
よかったら下のYouTube動画を観てみてください。

2:25くらいから、カラーゴムの取り付けが始まります。

どうですか?
え、ナニこの動き?って感じじゃないですか?

この道具の謎に関しては、
調整日の度にいつも気になっていたので、
今度、解き明かしてみたいと思います。

追記:

後日、この謎の道具の使い方を、歯科衛生士さんに教えてもらいました。
詳しくは、こちらの動画をどうぞ。

歯列矯正の調整日とは?⑤ 上の歯にもワイヤーをセット

歯列矯正の調整日。

次は、上の歯にマルチループワイヤーをつけます。

調整日のメインとも言える、
ワイヤーを取り付ける作業。

それ自体は、
特に負担を感じるものではありません。

だけど、ワイヤーが徐々に装置にセットされるに従って、
歯の締め付けは強くなっていきます。

歯列矯正してるな、と感じる瞬間でもあります。

特に、前回よりワイヤーが太く硬くなったりしていると、
もうこの時点で、そうとうな締め付け感や引っ張られ感を感じ、
痛みも感じるかもしれません。

● 参考記事

歯列矯正の痛みについて知りたいですか?この記事では歯列矯正の痛みはいつまで?ピークはどのくらい?食事は?対処法は?といった疑問に詳しくお答えしています。歯列矯正をしたいけど痛みが不安・・痛いの怖いな・・と思っている方は必見です。

そうした痛みや感覚は、
だいたい1週間くらいがピークで(個人差はあります)、
徐々に治ってくると思うので、あまり怖がらず、
むしろ、動いてる証拠だ!と喜ぶくらいでいいと思います。

そうすると、
歯列矯正をしていること、
調整日がやって来ることが、楽しくなると思います。

● 参考記事

歯列矯正の痛みについて知りたいですか?この記事では歯列矯正の痛みはいつまで?ピークはどのくらい?食事は?対処法は?といった疑問に詳しくお答えしています。歯列矯正をしたいけど痛みが不安・・痛いの怖いな・・と思っている方は必見です。

上の歯も、
基本的には下の歯と同じように行われます。

そういえば、
調整日は毎回、下の歯から作業が始まります。

下の歯が終わると上の歯、という順番。

最初に装置とワイヤーがついたのもまずは下の歯でした。

下の歯から始めるというのは、
歯列矯正のセオリーなのでしょうか?

他の方や、他の歯科医院ではどうなんでしょうか?

これも今度調べてみたいと思います。

今回は宿題が多いな・・

 たまに口をストレッチ

ずっと口を開けていると疲れてくるので、
作業と作業の間を狙って、
こうして口をストレッチさせることはとても大切です。笑

タイミングが難しいんですよ(苦笑)

先生が何かやろうとする時に、口を動かしちゃうと申し訳ないですし。

さながら餅つきの、餅をつく人と、こねる人のような、
絶妙な呼吸が求められます。

歯列矯正の調整日には、
緊張感と責任感が常に求められます。

↑ かなり誇張してます
全然、そんなに大袈裟なものではないです。

歯列矯正の調整日とは?⑥ マリガンを取り付ける

歯列矯正の調整日も、そろそろ終盤。

上の歯には、マルチループワイヤーとは別に、
もう一本、マリガンというワイヤーを取り付けます。

マリガンとは、
歯のアーチを広げるための、太くて硬いワイヤー。

以前の調整日の時に、
一度、取り付ける前のものを触らせてもらったのですが、
曲げようとするときの抵抗や、戻ろうとする力が半端なかったです。

これなら歯が広がるわ!と思いました。

このマリガンさん、
歯列矯正が始まって3、4回目の調整日から、
つけていると思います。

おかげで、
上の歯のアーチもだいぶ広がってきました。

● 参考記事

歯列矯正で出っ歯がどう変化するか知りたいですか?このブログでは、歯列矯正1年間で出っ歯がどんなふうに治ったのかを、比較画像や体験談を用いてくわしく解説しています。出っ歯がコンプレックス…出っ歯を歯列矯正で治したい…という悩みのある方必見です
歯列矯正の歯並びの変化を写真で見たいですか?この記事では、歯列矯正1年間で歯並びがどんなふうに変化したかを、実際の写真で比較し、くわしく解説しています。歯列矯正をしたいけど、歯並びはどんなふうに変化するの?写真で知りたいという方は必見です。

カラーゴムだと、
さすがに2本のワイヤーを同時には留められないので、
マリガンは、細い針金で留めます。

これも途中で手を離すと、こんな感じになります。

なまずのひげ

ナマズか!!

細い針金は、最後は機械を使って、グルグル回して留めます。

ゴムとはまたちょっと違って、
ガッチリと固定されている感覚があります。

両端はパワーチェーンで留める

マリガンの両端はパワーチェーンで留めます。

パワーチェーンとは、
ポリエステル製のクサリ状のひも(?)のようなものです。

これがパワーチェーン。
ご覧の通り、ものすごく小さな細い鎖っていう感じです。

ゴムよりも、伸びにくい素材なのだそうです。
ゴムと針金の中間の役割という感じなのでしょうか。

ワイヤーを止める以外にも、
歯列矯正のいろいろな場面で用いられるようです。

万能くんですね。

歯列矯正の調整日とは?⑦ 全体をチェック

歯列矯正の調整日、ほぼほぼ終了です。

上下とも、ワイヤーをすべて取り付け終わりました。

最後に、ちゃんとセットがされているかどうか、
緩んでいるところはないかなどをチェックして、
調整日はフィニッシュです。

所要時間はおよそ45分

今回の調整日は、
ワイヤーの種類や矯正方法は前回と変わらずでした。

なので、
月に一度の調整日は、
基本的にこんな流れで行われる、と思ってよいと思います。

ワイヤーの種類が変わったり、
これまでとは違う矯正方法が行われる、という場合は、
これよりもさらに時間がかかったり、作業が増えたりするかもしれません。

【歯列矯正】調整日とは?何をするの?【一部始終を実況レポート】 まとめ

以上、
【歯列矯正】調整日とは?何をするの?【一部始終を実況レポート】
というテーマで、解説をしました。

調整日って大変そう・・・と思いましたか?
思っていたより大丈夫そう!と感じましたか?

すでに歯列矯正を始めている方は、
自分の調整日と比較して、どうでしたか?

参考になればうれしいです。

● この記事の内容は、YouTubeでもご覧いただけます

チャンネル登録

● 歯列矯正を1年間続けるとどうなるか?知りたいですか?

歯列矯正をするとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では歯列矯正をはじめて1年経過して、どんな変化が起こったのかを、実例と画像を用いて詳しく解説しています。歯列矯正をするとどんな変化が起こるのか知りたい方、歯列矯正を始めたい人は必見です。

● 歯列矯正、はじめて歯に装置をつけるのって、どんな感じ?

歯列矯正の装置(ブラケット) をどうやって装着するのか知りたいですか?この記事では、矯正装置を歯につけた時の様子、装置の種類や装着の手順、装着後の感想や注意点などを、詳しく解説しています。歯列矯正の装置の種類や手順について知りたい方必見です。

● 歯列矯正、はじめてのワイヤー交換って、ドキドキしませんか?

歯列矯正のワイヤー交換について知りたいですか?この記事では、歯列矯正を開始して初めてのワイヤー交換の様子、痛みや手順、ワイヤー交換後の感想などを、動画と合わせて詳しく解説しています。ワイヤー交換って痛そう・・怖いな・・という方は必見です。
YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする