歯列矯正中はラーメンが食べづらい…それでも食べたい場合の解決策

歯列矯正中の食べ物
この記事を書いた人

2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

ケンをフォローする

ラーメンは、歯列矯正中でも食べられる?
歯列矯正中も、ラーメンを食べないと生きていけない…

そんな疑問や悩みにお答えしましょう。

筆者は2018年に歯列矯正(表側ワイヤー)を始め、約4年間ですべての治療が完了しました。

その間、切実に悩まされたのが「ラーメンが食べにくい問題」です。笑

そこで今回は、歯列矯正中はラーメンが食べづらい…それでも食べたい場合の解決策と題して、筆者の体験をご紹介できればと思います。

歯列矯正中はラーメンが食べづらい…それでも食べたい場合の解決策

歯列矯正中に最も大変だったこと。

それは、歯が動く痛みや歯磨きの面倒くささなどではなく、

ラーメンを食べるのが難しい

ということでした…。

というのはちょっと大げさですが、ラーメンが食べづらいというのは矯正前には予想していなかったことなので、けっこうショックでした。

ラーメンは、歯列矯正中になぜ食べづらいのか?

歯列矯正中に、なぜこれほどラーメンが食べづらいのか?

筆者の経験から、次のような理由が挙げられるかと思います。

すするのが難しい

歯列矯正中はラーメンが食べづらい理由の1つ目は、

すするのが難しい

ということです。

ラーメンは噛まずに食べられるから、歯列矯正中にはむしろ重宝する食べ物じゃないかと思っていましが。

ですが実際には逆でした。

歯にブラケットやワイヤーなどの異物がついていることで、そもそも「すする」という行為がとても難しかったのです。

想像と現実が180度違っていたことにも、衝撃を受けました。

ワイヤーに引っかかる

歯列矯正中、ラーメンが食べづらい理由の2つ目は、

ワイヤーに引っかかる

というもの。

歯列矯正中は、ラーメンに限らずあらゆる食べ物がワイヤーに引っかかりやすいです。

なのでそれ自体は問題ないのですが、ラーメンは長いですよね。

短いものが引っかかっても、あまり気にはならないと思います。

ですが、10cmも20cmもあるラーメンがワイヤーにびろーんと引っかかっていると、かなり気になって食事どころではありません。

噛み切れない

歯列矯正中にラーメンが食べづらい理由の3つ目は、

噛み切れない

から。

先ほども書きましたが、ラーメンはツルツルすすれば食べられるので、歯列矯正中にはもってこいの食べ物だろうと筆者は考えていました。

ですが実際は逆で、かなり何回も噛まないと、長くて飲み込めないことに気づきました。

麺を噛み切る時は、歯と歯が当たって痛かったり、口の中を噛んで口内炎になってしまったりするんですよね。

歯列矯正中にラーメンを食べたい時の解決策

ここまで、歯列矯正中にラーメンが食べづらい理由を、筆者の経験から詳しくご紹介してきました。

ラーメンと書きましたが、うどんやパスタ、焼きそばなど、ラーメン以外の他の麺も同様です。

麺類は、総じてどれも食べにくかったです。

とはいえ、歯列矯正中でもラーメンが食べたい!という気持ちはすごくよく分かります。

歯医者さんも、

矯正治療中だからといって、食べてはいけないものはありません

矯正治療中の食事について|クロダ矯正歯科

と言っています。

食べられないとなると、無性に食べたくなりますよね。

ではどうするか?

筆者が実践していた方法を2つご紹介しましょう。

細かく刻む

歯列矯正中にラーメンが食べたい時の解決策の1つ目は、麺を細かく刻むというものです。

インスタントラーメンや乾麺であれば、ベビースターラーメンのように、細かく砕いてみてください。

生麺であれば、包丁で短く刻むとよいと思います。

少し長めのお米のようになって、比較的食べやすくなります。

わざとのばす

歯列矯正中にラーメンがどうしても食べたい時の解決法2つ目は、わざとのばすというもの。

麺類は、茹ですぎたり時間が経ってしまうと、のびてしまってあまり美味しくなくないと言われますよね。

ですが歯列矯正中は、あえてのばしてみましょう。

麺にコシがあると、噛み切るのに力が必要で食べづらいわけです。

口に入れたら溶けてしまうくらいふやけた麺であれば、噛む必要がないので、矯正中でも食べやすくなります。

歯列矯正中におすすめのラーメン

歯列矯正中にラーメンを食べる方法は上記の通りですが、せっかく食べるのであれば、身体にいいラーメンが食べたくないですか?

そこで矯正中はもちろん、どんな方にもおすすめのラーメンや麺類を最後にご紹介いたします。

1つ目は、さくらいのラーメンです。

インスタントラーメンは、安く手軽に食べられて便利ですが、あまり健康的とは言えないと思います。

できるだけ身体によいものをとお考えでしたら、化学調味料、保存料、かんすい不使用のこちらをおすすめいたします↓

2つ目は、十割そばです。

ラーメンを始め、うどんやパスタといった多くの麺類は、小麦粉で作られています。

小麦に水と熱が加わるとグルテンという、美味しいモチモチした物質になるのですが、これがあまり身体にはよろしくないと言われています。

腸内環境を悪化させたり、腸壁にも傷がつくので体内に毒素が巡ってしまい、さまざまな症状を引き起こすと考えられています。

安価なそばは、原料に小麦粉が使われている場合がほとんどなので、100%蕎麦粉で作られた十割そばがおすすめです↓

created by Rinker
山本かじの
¥909 (2024/03/04 00:39:03時点 Amazon調べ-詳細)

3つ目は、ライスヌードル

タイやベトナムなどでよく食べられている、米粉の麺です。

こちらも小麦粉が原料ではないので、グルテンを気にせず食べられます↓

歯列矯正中はラーメンが食べづらい…それでも食べたい場合の解決策 まとめ

以上、歯列矯正中はラーメンが食べづらい…それでも食べたい場合の解決策というテーマで解説しました。

ラーメンや麺類以外に、歯列矯正中に食べづらかった食べ物は、こちらにまとめました↓

逆に食べやすかった食べ物はこちら↓

ラーメンだけでなく、歯列矯正中は食べること全般が大変でした。

何がそんなに苦労したのか、詳しくはこちら↓

矯正中におすすめのお弁当レシピは、こちらが参考になれば↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました