歯列矯正で滑舌良くなった?悪くなった?【表側ワイヤー約1年】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正をしたいけど、滑舌が悪くなったらイヤだな・・
滑舌が良くないんだけど、歯列矯正で良くなるかな?

こんな悩みや疑問はありませんか?

この記事では、
歯列矯正前と現在で、
滑舌がどのように変化したかを、
実体験をもとに詳しく解説します。

筆者のケンは、現在歯列矯正中です。
約1年が経過しました。

上下とも表側のワイヤー矯正、
歯は抜かずに、非抜歯矯正を行なっています。

YouTubeやツイッター、インスタグラムなどでも、
歯列矯正や健康に関する情報を発信しているので、
よかったらフォローしてみてください。

フォローする

歯列矯正で滑舌良くなった?悪くなった?【表側ワイヤー約1年】

結論からいうと、

歯列矯正を開始して約1年経った今では、
滑舌は良くなった
と感じています。

矯正装置をつけた直後は、
さすがにしゃべりづらく、
滑舌は悪くなったように感じました。

ですが、
1週間くらいしたらすぐに慣れました。

滑舌が良くなったと感じる理由は3つくらいあるので、
順番に説明していきますね。

歯列矯正で滑舌が良くなった理由①
装置に慣れたから

矯正装置とワイヤーをつけた直後は、
けっこう口の中に違和感があって、
しゃべりにくさを感じました。

ですが、1週間くらいで慣れました。

装置がついたのは下の歯だけでしたし、
ワイヤーも一番細く、柔らかいものだったので、
締め付けが少なかったからだと思います。

●始めて矯正装置がついたときの様子

装置がついた直後の喋りにくさは、
ワイヤーで引っ張られて喋りづらいというよりも、
歯が大きく分厚くなったような違和感が大きかったです。

くちびるが歯の上に乗った装置に引っかかるので、
口の開け閉めがいつもと勝手が違う、
という感じです。

ですが、そうした違和感にも1週間ほどで慣れました。

その後も、
大きな変化があった時には、
また喋りづらくなりました。

例えば、
上の歯にも装置とワイヤーがついた時や、
ワイヤーが太いものに変わった時、
ゴムかけが始まった時などです。

歯列矯正で滑舌が良くなった理由②
噛み合わせやあごの位置が、本来の位置に戻ってきたから

滑舌が良くなったと感じるのは、
噛み合わせやあごの位置が、
本来の正しい位置に戻ってきたことも、
大きいと感じています。

のどに、
空気の通り道が確保できて、
声がスムーズに、こもらずに、
出せるようになったと思うからです。

矯正前のぼくは、
噛み合わせのズレによって、
下あごが奥に2〜3ミリ引っ込んだ状態でした。

すると、
のどの気道が狭くなるので、
顔や首を前に出して、
空気の通り道を確保しようとしていたようです。

頭の位置が前にずれると重心も崩れるので、
全身のバランスを取ろうと、
猫背や巻き肩にもなっていました。

すると、
胸のあたりが縮まってしまい、
そのあたりに声がこもってしまっていたんじゃないかと思います。

歯列矯正をしたことで、
噛み合わせやあごの位置が正しい位置に戻ってきました。

すると、
顔を前に突き出す必要もなくなりました。

その結果、
猫背や巻き肩も解消され、
よりスムーズに声が出せるようになり、
滑舌も良くなったんだと感じます。

●噛み合わせやあごの位置の影響は、滑舌だけではありません

歯列矯正で滑舌が良くなった理由③
意識して話すようになったから

意識をして話すようになったのも、
滑舌が良くなった理由として考えられます。

あまり意識せずに話すと、
どうしても声が小さくなったり、
語尾があいまいになってしまうからです。

装置をつけた直後は、
しゃべりづらさと同時に、
装置が口の中に当たって痛い、
という悩みもありました。

なので、
その痛みを避けるためにも、
なるべく簡潔に、
相手に要件が伝わるように、
はっきりと話すように心がけるようにも、
なったんだと思います。

結果、
その習慣が定着して、
滑舌が良くなったんじゃないかと思います。

歯列矯正で滑舌が悪くなる場合

とはいえ、
歯列矯正したことで、
滑舌が悪くなる場合もあるんじゃないの?
という疑問もあると思います。

確かに、
矯正治療の種類やその他の要因によって、
滑舌が悪くなることもあるかもしれません。

裏側矯正

滑舌が悪くなるとよく言われているのが、
裏側矯正の場合です。

装置とワイヤーが歯の裏側につくため、
舌が当たったり触ったりして、
滑舌が悪くなる可能性が高いみたいです。

また、
装置がつくことで、
口の中の空間が若干狭くなって、
声の反響などにも、
影響があるのかもしれません。

ぼくは、
裏側矯正の経験がないので、
確かなことは言えないので、
歯医者さんの情報を載せておきます。

銀座みゆき通りデンタルクリニックの非抜歯矯正、ワイヤー矯正(表側・裏側)で治す歯並びや咬み合わせについてご相談ください。

裏側矯正には、
目立たないという利点があると同時に、
・滑舌への影響
・費用が高くなる
・歯磨きがしにくい
といった側面もあるみたいです。

●裏側矯正はしゃべり方にどう影響する?

指原莉乃の歯列矯正の方法や、どのように変化したかが知りたいですか?この記事では指原莉乃の歯列矯正前・矯正中・矯正後の画像や動画をまとめ、その変化を振り返ってみました。歯列矯正をして綺麗になった様子、しゃべり方の変化が気になる方は必見です。

●歯列矯正で声が変わってしまう?

フレディ・マーキュリーが歯列矯正をしなかった理由、歯並びを治さなかった訳を知りたいですか?この記事は【歯列矯正を拒んだフレディ・マーキュリー】という記事を読み、経験に基づく見解を書きました。フレディ・マーキュリーの歯並びや歯列矯正について気になる方は参考にしてみてください。

心理的な面

もうひとつは、
心理的な要因から、
滑舌が悪くなる場合です。

どういうことかというと、
「歯列矯正してるのカッコ悪いな・・」
「矯正装置見られるの恥ずかしいな・・」
というふうに思っていると、

どうしても聞き取りづらい話し方になってしまうと思います。

口をあまり大きく開けずに話そうとするし、
声も小さくなってしまいます。
話し方にも自信があまり感じられないかもしれません。

すると、
余計に人と話すのを避けようとしてしまって、
さらに滑舌が悪くなる、
という悪循環に陥りがちです。

ぼくも、
中学生・高校生の時は、
歯並びがすごく悪かったので、
人に歯を見られるのにとても抵抗がありました。

ずっと口元ばかり気にしているので、
人と話すのがとても疲れました。

今は、
歯列矯正をしていることも、
矯正装置を見られることも、
まったく気にしていないので、
思い切り話すことができていると思います。

そうした心理的な要因も、
滑舌が良くなったと感じる理由の一つかもしれません。

●歯列矯正するの恥ずかしいな・・と思っている方はぜひ読んでください

歯列矯正は目立つし恥ずかしいな・・と思っていませんか?この記事では歯列矯正1年経過した筆者が、矯正装置は目立つのか?周りの反応はどうだったか?などについて具体例をあげて詳しく解説します。歯列矯正は目立つし周りの反応が不安・・という方必見です。

滑舌を良くする方法

少し話を広げて、
滑舌を良くする方法ってないのかな?
という疑問にもお応えしたいと思います。

結論から言うと、
滑舌をよくする方法はあります。

ぼく自身もこの方法で、
滑舌が良くなりましたし、
今でも心がけているからです。

具体的に3つご紹介します。

滑舌をよくする方法①
最後のひと言までハッキリ話す

「〜します。」とか「〜です。」
といった最後の言葉までハッキリと発音すると、
相手に言葉が伝わりやすくなります。

ぼくは以前は、
語尾が聞き取りづらいとよく言われていました。

ですが、これを心がけることによって、
相手から聞き返されることが、
かなり少なくなりました。

滑舌をよくする方法②
頭の後ろから、数メートル前に向かって話す

口元だけで話すのではなく、
頭の後ろの方から数メートル前に向かって話す、
というのをイメージすると、
滑舌が改善されると思います。

口元だけで話していると、
どうしても声が小さくなったり、
くぐもった話し方になってしまうからです。

言葉というのはエネルギーでもあります。

なので、
勢いや滞りのなさというものが、
相手に言葉が届くかどうかにも、
大きく影響していると思うんです。

そういう意味では、
自分に対する自信とか、
熱意や情熱といった想い、
というのも、
滑舌に関係しているかもしれませんね。

滑舌をよくする方法③
ひとつの文章を短く話す

ひとつの文章を短く話すように心がけてみてください。

文章を長々とつなげて話すと、
相手はその内容を理解しづらいからです。

例えば、

ひとつの文章を短く話すように心がけると、なぜ滑舌の悪さを補ってくれるかというと、文章を長々とつなげて話すと、相手はその内容を理解しづらいからで、このように、切れ目のない文章よりも、箇条書きのような文章の方が、内容が頭に入ってきやすいですし、意味も把握しやすいですよね。

このように、
長く切れ目のない文章は、
とても読みづらいと思います。

一方、

・ひとつの文章を短く話すように心がける
・それが、滑舌の悪さを補ってくれます
・文章を長々とつなげて話すと、内容を理解しづらいです

・箇条書きのように話す
・すると内容が頭に入りやすいです
・また、意味も把握しやすいです

このように、
箇条書きのように、
ひとつひとつの文章を短くすると、
とても理解しやすい話し方になります。

歯列矯正で滑舌良くなった?悪くなった?【表側ワイヤー約1年】まとめ

もう一度記事の内容をまとめてみます。

歯列矯正を始めて1年、滑舌はどうなったか?

歯列矯正を始めた直後→悪くなった
1年経った現在→良くなった
・滑舌悪く感じても1週間くらいですぐに慣れる
・大きな変化があった時にまた喋りにくくなる
(ワイヤーが太くなる、ゴムかけ開始等)

滑舌が良くなった理由
①装置やワイヤーに慣れたから
②噛み合わせやあごの位置が本来の位置に戻ってきたから
③意識して話すようになったから

歯列矯正で滑舌が悪くなる場合
・裏側矯正
・心理的な要因(恥ずかしい・・見られたくない・・等)

滑舌を良くする方法
①最後のひと言までハッキリ話す
②頭の後ろから数メートル前に向かって話す
③ひとつの文章を短く話す

以上、

歯列矯正をしたことで
ぼくの滑舌はむしろ良くなりました

という体験談でした。

矯正の方法や、
その人の状況によっても、
滑舌の変化には違いがあると思いますが、
ぼくの体験が参考になれば嬉しいです。

歯列矯正で、楽しい毎日を!

●歯列矯正を始める前に、これだけは知っておきたいコト

歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。
関連記事

シェアする

フォローする