スポンサーリンク

保定期間のリテーナーって一体なに?歯列矯正を4年で終了した経験者が詳しく解説

保定期間に使用するリテーナー|歯列矯正を4年で終了した経験者が詳しく解説ブラケットオフ
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

保定期間に使うリテーナーって、一体なんのため
保定期間のテーナーって、具体的にはどうやって使うの?

そんな疑問にお答えします。

筆者は、2018年春から歯列矯正を始めて、2年3ヶ月後に保定期間に入り、最終的に4年間で、すべての歯列矯正治療が完了しました。

詳しくはこちら↓

歯列矯正期間4年で全治療完了。矯正開始〜最後までの流れ
歯列矯正期間4年間が一体どんな流れで完結したのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正スタートから最後までの4年間に、どんなタイミングでどういったことを行ったのか詳しくまとめてみました。歯列矯正期間中の最初から最後までの流れがしりたい方必見

実際に、保定期間にリテーナーをつけ続けて感じたのは、リテーナーで歯を固定することって、むしろ、ワイヤーで歯を動かすことよりも、むちゃくちゃ大事だな、ということです。

そこで今回は、
保定期間のリテーナーって一体なに?歯列矯正を4年で終了した経験者が詳しく解説
と題して、保定期間のリテーナーについて、くわしくシェアできればと思います。

スポンサーリンク

保定期間のリテーナーって一体なに?歯列矯正を4年で終了した経験者が詳しく解説

保定期間に使うリテーナーとは一体何かというと、上の写真のようなものです。

右の大きい方を上の歯に、左の小さいのを下の歯に、筆者は装着しています。

リテーナーが、いったい何をしてくれているかというと、

正しく並べた歯が、後戻りしてしまわないように、固定してくれている
と言えるかと思います。

このリテーナーが、いわばサポーターみたいな役割をして、歯が動かないようにしてくれているわけです。

リテーナーの期間

歯医者さんからは、「1年間は、できるだけ1日中24時間つけ続けてください」と言われました。

そして、「2年目に入ったら、夜寝る時だけでいいですよ」とのことでした。

リテーナー期間は、基本的には、ブラケットとワイヤーで歯を動かしたのと同じくらいの期間が必要、とされているようです。

筆者は、できるだけ後戻りはしたくないなと思っていたので、2年間くらいは1日中装着し続け、3年目くらいから夜寝るだけにして、以降ずっと、リテーナーを装着し続けています。

リテーナーの注意点

保定期間中に、リテーナーに関して、これは気をつけた方がいいな、と思うことがいくつかありました。

主に以下の3つ。

①リテーナーのつけ忘れに注意
②外出時にリテーナー持って出るのを忘れないように
③リテーナーを割らないように

順番にくわしく説明します。

①リテーナーのつけ忘れに注意

保定期間中のリテーナーの注意点1つ目は、ついつい、付け忘れてしまいがちになることです。

例えば食事のあと。

筆者は、歯医者さんから「食事の時もできるだけつけていてください」と言われました。(歯医者さんによって違うみたいです)

ですが、やはり食べづらいので、たまに外して食事をしてしまいます。

食後すぐに歯磨きできれば、そのタイミングでリテーナーを、となるのですが、歯磨きできなかった場合、リテーナーをつけずに何時間も過ごしてしまう、ということがけっこうありました。

そういう場合は、その後リテーナーをはめた時に、かなりキツく感じました。

たった数分間でも、歯は勝手に動いてるんだなと、実感しました。

②外出時に持って出るのを忘れないように

保定期間中のリテーナー、注意点の2つ目は、外出時にリテーナーを持って出るのを忘れない、ということです。

よくありがちだったのは、外出前に、歯磨きをした時にリテーナーを外して、そのままつけ忘れて外出してしまう、というようなこと。

また、何日か家を空けて、旅行や出張に行く時も、気をつけてください。

リテーナーを持っていくのを忘れてしまうと、その間、リテーナーをつけることができません。

服とか靴だったら、旅先で購入すればすみますけど、リテーナーはオーダメイドなので、旅先ではどうしようもできないからです。

保定期間の意味も効果が、半減してしまう可能性もあるようです。

③リテーナーを割らないように

保定期間に注意した方がいいこと3つ目は、リテーナーを割らないようにする、ということです。

実際に筆者は、リテーナーをズボンのポケットに剥き出しで入れておいたら、割ってしまっていたことがありました。

リテーナーを割れたまま、あるいはヒビが入ったまま使っていると、必要な強度が保てなくなるので、保定期間の意味が薄れてしまうこともあるようです。

なので、できるだけ早めに、歯医者さんに連絡して、修理をしてもらうか、作り直ししてもらうことをおすすめします。

そしてそれ以前に、保定期間中のリテーナーは、口から外したら、かならずケースに入れることを、強くお勧めします。

筆者が、修理をしてもらった時の様子は、こちらに詳しく書きました↓

歯列矯正の全記録ブログ | 4年間の歯列矯正をすべて記録しました

動画でも見られます↓

リテーナーは一生?

ここまで、保定期間に装着するリテーナーについて、解説してきましたが、筆者は、保定期間は一生続く、と考えています。

つまり、リテーナーも一生はめつづける、ということです。

なぜかというと、理由は2つあって、1つ目は、
子どものころに歯列矯正したけど、大人になったらまたガタガタになってきた…
という人が、筆者の周りにものすごく多いからです。

歯は、そのぐらい簡単に、クセのついた状態に戻りやすいということだと思います。

理由の2つ目は、上記のことを、自分自身が身をもって実感したからです。

ある時、口内炎ができてしまって、リテーナーが触れて痛いので、治るまで3日間くらい、リテーナーをしなかったことがありました。

3日目くらいに、ふと自分の歯を見ると、あきらかに歯並びがズレてきているのが分かりました。

そしてリテーナーを久しぶりにつけた時には、かなりキツくなっていて、その窮屈さに慣れるのに、少し時間が必要なくらいでした。

そんなこともあって、歯はすぐに後戻りしてしまうということを痛感したので、筆者は、保定期間は一生続くと考えて、リテーナーもずっとつけ続けようと考えているわけです。

リテーナーを一生つける理由と、そのやり方に関しては、こちらに詳しく書きました↓

スポンサーリンク

保定期間のリテーナーって一体なに?歯列矯正を4年で終了した経験者が詳しく解説 まとめ

以上、
保定期間のリテーナーって一体なに?歯列矯正を4年で終了した経験者が詳しく解説
というテーマで解説をしました。

リテーナーにはどんな種類があるのかは、こちらに詳しくまとめました↓

リテーナーを、長く使い続けるためのケアの仕方は、こちらをどうぞ↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました