スポンサーリンク

歯列矯正装置を目立たなくする方法。メタルブラケットやワイヤーでもOK

歯列矯正の経過・変化
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正の装置を目立たなくする、いい方法はないかな?
メタルブラケットやワイヤーでも、目立たなくする方法はある?

そんな疑問にお答えします。

筆者のケンは、
2018年春から歯列矯正を始めて、
2年3ヶ月後に無事、装置とワイヤーを外しました。

その時の様子はこちら↓

ぼくも、歯列矯正をはじめた当初は、
装置やワイヤーが目立つのが、気になって仕方ありませんでした。

ですが、何年も治療を続ける中で、
できるだけ目立たなくする方法を発見しました。

そこで今回は、
歯列矯正装置を目立たなくする方法
と題して、メタルブラケットやワイヤーでも目立たなくなるやり方を、
詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

歯列矯正装置を目立たなくする方法。メタルブラケットやワイヤーでもOK

結論から言うと、
歯列矯正の装置やワイヤーを目立たなくする方法は、

目立たない色のカラーゴムを使用する

というものです。

金属の装置やメタルワイヤーが目立つのは、どうしようもありませんが、
カラーゴムの色を工夫することで、少しでも目立たなくすることができます。

カラーゴムとは?

歯列矯正の見た目を目立たなくする工夫:メタルワイヤーの場合

カラーゴムとは、Oリングとも呼ばれる、
装置とワイヤーを固定する、小さな輪ゴムです。

歯列矯正装置やワイヤーを目だなくする方法としては、ゴムの色を、
・トゥースカラー(画像:上の歯)
・透明(画像:下の歯)

にしてみてください。

すると、歯の色に馴染んで、
ブラケットやワイヤーが目立ちにくくなります。

歯列矯正の見た目を目立たなくする工夫:白いカラーゴムは?

いやいや、白いゴムの方が目立たないんじゃない?

と思われるかもしれませんが、
上の画像のように、歯の色よりも白すぎてしまい、
かえって、装置やワイヤーが目立ってしまいます。

注意点

この、歯列矯正装置を目立たなくする方法には、
注意点もあります。

それは、着色です。

透明のカラーゴムを歯につけたばかりの時は、
確かに、装置やワイヤーは目立たなくなり、見た目も気になりません。

ですが、カレーなど、色の付きやすい食べ物を食べると、
けっこう着色しやすいので、注意が必要です。

カラーゴムの着色を防ぐ方法は、
こちらに詳しくまとめました↓

スポンサーリンク

歯列矯正装置を目立たなくする方法。メタルブラケットやワイヤーでもOK まとめ

以上、
歯列矯正装置を目立たなくする方法。メタルブラケットやワイヤーでもOK
というテーマで解説をしました。

見た目が気になって、歯列矯正するのを迷ってる…
という方は、こちらの記事が参考になれば↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました