スポンサーリンク

マルチループワイヤーはどんな仕組みで歯が動くの?痛みや装着感も詳しく解説

調整日レポート
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

マルチループワイヤーって、一体どんな仕組みで歯が動くの?
次回からマルチループワイヤーに変わるらしいんだけど、痛みや装着感が不安だな…

そんな疑問や不安にお答えします。

筆者は、2018年4月から、上下とも表側のワイヤー矯正をしています。

今までは、ずっとまっすぐのワイヤーだったのですが、少し前から、マルチループワイヤーというクネクネ曲がったワイヤーに変わりました。

そこで今回は、
マルチループワイヤーはどんな仕組みで歯が動くの?痛みや装着感も詳しく解説
と題して、詳しく解説いたします。

スポンサーリンク

マルチループワイヤーはどんな仕組みで歯が動くの?痛みや装着感も詳しく解説

マルチループワイヤーが、一体どんな仕組みで歯を動かしているのかというと、その形状にひみつがあるそうです。

上の画像のように、マルチループワイヤーは、クネクネした複雑なループが特徴的です。

この形のおかげで、上下、左右、前後など、いろいろな方向に歯を動かすことができるそうなのです。

⬇︎

例えば上の写真で、左から2番目のループの付け根の高さが、左右で2ミリほど段差があるのが見えるでしょうか?

この段差をステップと呼ぶそうです。

このステップがあることで、ワイヤーは元の形に戻ろうとして、歯が引っ張られんだそうです。

図解するとこのようになります。

これがステップ(段差)をつけたマルチループワイヤーが、
まだ歯のブラケット(矯正装置)にセットされていない状態です。

これを、上の歯に装着していきます。

 

上の歯のブラケット(ブルーの部分)にはめていくと、
段差がついていた部分は引っ張られます。

 

ワイヤーは元の位置に戻ろうとするため、
結果として、
赤い矢印の方向に歯は動きます。

この場合は、上の歯にセットされているので、
歯茎から引っぱり出される方向に、歯が動いています。

マルチループワイヤーを用いる理由

結論から言うと、マルチループワイヤーを用いると、より短い期間で歯列矯正を進めることができるそうです。

まっすぐなワイヤーでは動かせない方向に、歯を動かせることができるからです。

もう一つ、マルチループワイヤーを用いる理由としては、歯を引っ張りだすように動かすこともできる、ということがあるそうです。

例えば筆者の歯列は、途中の歯が、他の歯よりも凹んでしまっていたようなんです。

そこで、凹んでしまっている歯を引っ張り出すには、マルチループワイヤーを用いるのが適しているとのことでした。

マルチループワイヤーの装着時の痛み

マルチループワイヤーを、装置に固定する作業自体は、痛みはそれほど感じませんでした。

ですが、ワイヤーによって歯が引っ張られる感覚は、強くありました。

現に、ワイヤーが装置にひとつひとつ留められていく度に、締め付けが強くなっていくのを感じました。

これは、まっすぐのワイヤーの時には感じたことのない感覚でした。

ワイヤーを初めてつけた時の様子はこちら↓

【歯列矯正】初めてワイヤーをつけた時の様子【種類・仕組み・痛い?】
歯列矯正で初めてワイヤーをつけた時の様子が知りたいですか?この記事では、下の歯に初めて矯正ワイヤーを装着したときの痛み、ワイヤーの種類、装着や交換の仕組みなどを、経験談をもとに詳しく解説しています。これから歯列矯正をしたいと考えている方必見です。

また、引っ張られる強さや締め付け感は、左右で違いを感じました。

なぜなら、ワイヤーの段差が左右で異なっていたからです。

具体的に言うと、右側の方が左側よりも、段差を大きくつけてありました。

噛み合わせが、右のほうが良くないので、その分、より歯を動かしていく必要があるからでしょう。

マルチループワイヤーも、まっすぐなワイヤーと同様、小さなカラーゴムを用いて装置に留めていきます。

担当医曰く、ゴムの留め方にもテクニックがあるらしく、反対の手で歯を押さえながらゴムを掛けてあげると、あんまり痛くないそうです。

確かに、ワイヤーで強く引っ張られる力はありましたが、痛みはそこまで感じませんでした。

マルチループワイヤーを装着した感想

マルチループワイヤーを装着し終わった感想は、一言で言うと、これなら歯が動くはずだ・・!というものでした。

ワイヤーに、ほんの数ミリ段差がついただけで、歯の引っ張られ感が全然違うんです。

歯の動き方も、まっすぐのワイヤーの時とは違い、上下に歯が動かされているように感じます。

その割には、数週間経っても、強烈な痛みがそれほどなかったのは、けっこう意外でもありました。

スポンサーリンク

マルチループワイヤーはどんな仕組みで歯が動くの?痛みや装着感も詳しく解説 まとめ

以上、
マルチループワイヤーはどんな仕組みで歯が動くの?痛みや装着感も詳しく解説
というテーマで解説をしました。

この記事の内容は、動画でもご覧いただけます↓

● 歯列矯正を始める前にぜひ読んでほしい記事

● 歯列矯正1年経過して感じた変化

● ワイヤー矯正はカッコ悪い、恥ずかしいと思っている方

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました