歯列矯正は差し歯やブリッジがあってもできる?【体験談・動画あり】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正をしたいけど、
差し歯やブリッジがあるから無理かな・・?

そんなふうに思ってはいないでしょうか?

かくいう私もそうだったので、
そういう不安や疑問はとてもよくわかります。

この記事では、
差し歯やブリッジでも矯正できるの?
という疑問に、
詳しくお答えしていきます。

著者のケンは、現在歯列矯正中(2018年2月開始)です。

今から10年以上前に、
上の前歯3本を差し歯(ブリッジ)にしています。

3本つながった差し歯なので、
果たして矯正治療ができるのか?

と私自身も歯列矯正をする前は不安でした。

それでも現在歯列矯正できています。
そうした経験から、
疑問を解消できたらと思います。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や健康に関する情報を発信しています。

役に立ちそうだなと思ったら、
ぜひチャンネル登録、フォローをお願いします。

フォローする

歯列矯正は差し歯やブリッジがあってもできる?

結論から言うと、

差し歯やブリッジがあっても
歯列矯正は問題なく行うことができています

上の画像の指を指している部分、
前歯3本が差し歯です。

この写真は、差し歯を外したところです。

上の画像のように、
3本つながった差し歯です。

3本のうち、
真ん中の歯は抜いてしまい、
両脇の2本を削り、
その2本に差し歯をかぶせています。

差し歯やブリッジがある場合の歯列矯正の手順

ぼくの場合、
歯列矯正で歯を動かせる状態にするために、
事前の準備が必要でした。

ブリッジの場合、
差し歯が3本つながったままだと、
歯が細かく動かせないからです。

具体的には、

・まずは一旦差し歯を外し、プラスチックの仮歯に交換
・その仮歯を1:2本になるように分割し歯を動かす

という準備をして、
歯列矯正がスタートしました。

1:2に分けることで、
より細かく歯を動かすことができるようになります。

また、なぜプラスチックの仮歯に交換するかと言うと、
ぼくの差し歯はセラミックコーティングされた金属だったので、
2つに分断するのが難しいからとのことでした。

1本だけの差し歯の場合でも、
仮歯に交換する必要があるかどうかは、
よく分かりません。

歯列矯正を始める前に差し歯を一旦はずす

私の前歯の差し歯ですが、
施術はとても丁寧にしてもらえていたようです。

差し歯は、
歯を細く削り、
そこに義歯をかぶせてあるだけなので、
強い力がかかれば簡単に外れてしまいそうなものです。

ですが、
10年以上一度も取れたり、
グラつくことはありませんでした。

それほど強力にくっついていたために、
今回、
歯列矯正をするにあたって一旦外すときも、
かなりの時間がかかりました。

そのままだと外せないらしく、
機械で切れ込みを入れました。

その後で、
専用の器具を使ってコンコン叩いて、
ようやく外れました。

● 差し歯・ブリッジを外した時の様子はこちら

歯を動かせるように、差し歯を仮歯に交換

一旦差し歯を外したあと、
プラスチックの仮歯に交換しました。

なぜ仮歯に取り替えるかと言うと、
3本つながったままだと歯が的確に動かせないからですね。

3本とも同じ向きに歯が動いちゃったら変ですよね。

なので、
差し歯を一旦外し、
プラスチック樹脂製の仮歯に取り替え、
その歯を1:2に切り分けることで、
歯を動かしていくとのことでした。

仮歯を作るために、まずは歯型をとりました。

差し歯を交換する前に、
下の奥歯のクラウンも取り替えたのですが、
そのときと同様の方法で型取りをしました。

●クラウンを取り替えた時の様子はこちら

歯列矯正する際に銀歯を交換する必要はあるの?そんな疑問がありますか?この記事では、歯列矯正する際に銀歯を交換する必要がある理由。どういった手順で銀歯を交換するのか。といったことを詳しく説明します。歯列矯正したいけど銀歯が気になるという方は必見です。

なぜ、健康な歯を差し歯にしてしまったのか?

なぜ、健康な歯を差し歯にしてしまったのか?

左上3本が差し歯:中は金属/表はセラミック

ここで、
なぜ私が上の前歯3本を差し歯にしたのか?
ということについても説明します。

端的に言うと、
手っ取り早く歯並びをキレイにしたかったから
です。

私の歯は、
上の前歯3本を、
ブリッジという手法で差し歯にしました。

ブリッジとは、
真ん中の歯を抜き、
その両脇の歯を細く削り、
差し歯にする方法です。

3つながった人工の歯をはめ込んでいます。

差し歯にしたのは今から10年以上も前のこと。

歯並びが子供のころから悪くて、
ものすごくコンプレックスを感じていました。

歯列矯正は時間もかかるし費用の面でも折り合いがつかず、
諦めていました。

そこに、当時通っていた歯医者さんから、
ブリッジという差し歯の手法を紹介されました。

数週間でできるし、費用も安い!
それはいい!

と思い、
安易に歯を抜いたり削ったりして、
人工の差し歯にしてしまいました。

これ、今ではものすごく後悔してるんです。

健康な歯を抜いて、前歯3本を差し歯にした後、
だんだんと体調が悪くなっていき、
次第に心身のバランスが崩れていきました。

最終的には、
仕事がまったくできない状態にまでになってしまったんです。

● 参考記事

不定愁訴でお悩みですか?この記事では歯列矯正が不定愁訴の改善に役立つ理由と具体例、歯列矯正以外に体調不良の改善に効果のあった方法、などを体験談をもとに詳しく解説しています。不定愁訴や体調不良にお悩みの方、歯列矯正を検討している方は必見です。

時間とお金を惜しんだばっかりに、
それから約10年、
ものすごく大変な日々が続きました。

さらに、今行なっている歯列矯正にも、
余分な手間と時間がかかってしまっています。

その時は、お金もかからず、
短期間で出来てラッキーと思っていましたが、
あとで倍返しで帰ってくるとは・・・

当時は予想もしていませんでした・・・

安易に健康な歯を抜いて、
見た目の歯並びだけキレイにしたことで、
本当に大変なことになっちゃったので、
ぜひこれは伝えておきたいのです。

止むを得ない理由ならいいけれど
見た目のキレイさだけのために
差し歯にするのはやめた方がいいよ

同じ過ちを、
他の人には繰り返してほしくありません。

● 参考記事

歯列矯正を安いや早いで選ぶと失敗するかどうか、知りたいですか?この記事では、ぼく自身が「安い・早い」を理由に手っ取り早く歯並びをキレイにしようとして大失敗した経験と、どうしたら失敗しないかについて詳しく解説します。歯列矯正を成功させたい人は必見です。

差し歯やブリッジは安易にやらない方がいい

差し歯やブリッジは、止むを得ない場合だけにした方がいい

取り外した差し歯を見せてもらいました。

手にも乗せてもらったんだけど、
これが重い!!!!!!

表側はセラミックですが、
裏側は金属になっているから、相当な重さです。

500円玉を4、5枚くらい、
手のひらに乗っけたくらいの重さがあります。

ズシッと重い。

いつも前からしか見ていなかったから、
裏が金属になっているなんて知りませんでした。

10年以上も、
こんなに重い差し歯をつけて生活していたのか、
と思うと、
かなりゾッとしました。

姿勢が崩れたり、
体調を崩したりしたのもうなずけます。

当時の歯医者さんに文句を言うわけではないけど、
なんで、健康を支えるはずの役目を持った人が、
こんな治療を安易にやっちゃうのかなあと、
ちょっと悲しくもなりました。

差し歯やブリッジというのは、
止むを得ない理由で、
歯が折れたり抜けてしまった人にとってもは、
とてもありがたい治療方法だと思います。

ですが、
ぼくのように見た目のキレイさだけを求めて、
安いから、早いから、
という理由で歯列矯正を選んでしまうのは、
本当に気をつけた方がいいと思います。

● 参考記事

非抜歯の歯列矯正について知りたいですか?この記事では、現在歯列矯正中のぼくが何故非抜歯矯正を選んだのか?なぜもう健康な歯は抜きたいくないと考えているのかを、体験談をもとに詳しく解説しています。非抜歯での歯列矯正を考えている方は必見です。

自分の身は、自分で守る必要があります。

他人任せにしていたら、
本当に私みたいに、
知らず知らずに健康を害していくこともあります。

正確な情報を得て、
それを元に自分で考えることが、
すごく大事だなと今改めて思っています。

● 参考記事

歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。

歯列矯正は差し歯やブリッジがあってもできる?【体験談・動画あり】まとめ

差し歯やブリッジがあったとしても、
ぼくは歯列矯正が問題なくできています。

差し歯やブリッジがあるけど、歯列矯正できるのかな?

と疑問に感じている人や、
躊躇している人の、
参考になればうれしいです。

もちろん、
私のケースは、ということなので、
歯列矯正できない場合ももしかしたらあるかもしれません。

詳しくは、歯医者さんに相談してみてください。

● この記事の内容は動画でも観られます

● 自分にあった矯正方法や歯医者さんを見つけるには

歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。
関連記事

シェアする

フォローする