スポンサーリンク

大人の歯列矯正の2大リスク、事前の準備で回避できます

【大人の歯列矯正】2つのリスクと回避法|リスクは減らせます【体験談】大人の歯列矯正
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

大人になってから歯列矯正を始めたいけど、リスクが怖い…
歯列矯正は、大人になってからだと、どんなリスクがあるの?

こんな不安や疑問にお答えします。

筆者のケンは、
40代で歯列矯正を始めました。

上下とも表側のワイヤー矯正で、
2018年4月に装置をつけました。

今回は、
ぼくが大人になってから歯列矯正を始めて、
リスクだと感じたことを、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

大人の歯列矯正の2大リスク、事前の準備で回避できます

大人になってからの歯列矯正で、
ぼくがリスクだなと感じたのは、次の2つです。

① 歯列矯正以外の処置により、期間が長引くリスク
② 完全な噛み合わせに戻らないリスク

具体的にどんなリスクなのか、順番に説明していきます。

リスク① 歯列矯正以外の処置により、期間が長引くリスク

大人の歯列矯正のリスクの1つ目は、

歯列矯正以外の処置が必要になり、期間が長引くリスク

がある、ということ。

ぼくの場合は、以下のような処置を行いました↓

差し歯を、仮歯に交換

ぼくは30歳くらいの時に、前歯を、3つつながった差し歯にしました。

歯列矯正をする際に、
3本つながったままだと歯が動かせませないので、
歯列矯正を始める前に、一旦差し歯を外し、仮歯にする必要がありました。

この時点ですでに、
すぐに歯列矯正が始められず、その分、期間が長くなっていると言えます。

そして、歯列矯正終了後には、
仮歯を差し歯に戻す作業も必要なわけです。

差し歯があると、
歯列矯正の前と後に、余分な時間がかかってしまうというリスクがあります。

金属の被せ物を、プラスチックに交換

下の奥歯(写真右奥)にはクラウン(銀歯で歯を覆う被せ物)がありました。

歯列矯正の装置は銀歯にはつかないので、
プラスチック製の仮歯に、交換する必要がありました。

これも、まる1日、時間をとって処置を行いました。

そして差し歯と同じく、歯列矯正終了後には、
クラウンに戻す作業が必要となります。

虫歯

大人の歯列矯正には、虫歯というリスクもあります。

ぼくは、
歯列矯正中に、虫歯が見つかったことが1度ありました。

幸い軽度なものだったので、
歯列矯正自体を中断するというリスクは回避できました。

ですが、大きな虫歯の場合は、
一旦装置を外して処置をする必要があるので、
治療期間が延びてしまう、というリスクもあるようです。

歯列矯正中の虫歯治療はどうやるのかは、
こちらに詳しく書きました↓

【歯列矯正中に虫歯になったら?】矯正を中断せず虫歯治療できました
矯正治療中に虫歯になったらどうするのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正中に虫歯が見つかった経緯、虫歯治療の様子と方法、虫歯にならないために気をつけたいこと、などを体験をもとに詳しく解説しています。歯列矯正中の虫歯が不安な方は必見です。

リスク② 完全な噛み合わせには戻らないリスク

大人になってからの歯列矯正、2つ目のリスクは、

完全な噛み合わせには戻らないリスク

がある、ということ。

大人になるほど、生まれ持っての歯の状況から、
大きく変化している可能性があるからです。

これも、ぼくの場合はどうだったか、説明します。

歯の本数や奥行きが、左右で違う

完全な噛み合わせに戻らないリスクの要因として、
歯の本数や奥行きが、左右で違うことがあげられます。

例えば、ぼくの歯はこのように、
左右で、歯の本数や奥行きが全然違うんです。

なぜかと言うと、
下の右側の途中の歯が、内側に生えてしまっていたので、
10年以上前に抜いてしまっているからです。

また、親知らずは3本を抜歯し、
今は、右下1本だけが残っています。

歯の形が、変わってしまっている

本来の噛み合わせに戻らないリスクの要因として、
歯の形が変わってしまっていることも挙げられます。

たとえば、上の画像のように、
ぼくの犬歯は、先端を大きく削ってしまっています。

先ほどお話しした、
上の前歯3本を差し歯にした時に、
下の歯が当たるからという理由で、削ってしまったんです。

その時の話は、こちらに詳しく書きました↓

このように、大人になってからの歯列矯正は、
歯並びやかみ合わせ、歯の形状が、大きく変わってしまっている場合があるので、
さまざまな要因を、考慮しなくてはならないようなのです。

歯列矯正をスムーズに進めるためにも、
持って生まれた身体は、ぜひ大事にしてください。

リスク回避法

大人になってからの歯列矯正にはリスクがある
というお話をしましたが、

そんなにリスクがあるんだったら、歯列矯正、諦めようかな…
と思ってしまうかもしれませんね。

ですが、リスクというのは、
きちんと準備をすれば、避けたり減らしたりすることができます。

では、大人になってから歯列矯正をする際、
具体的にどう準備をすればいいかというと、

信頼できる歯医者さんを探す

ことに尽きると思います。

歯列矯正が上手くいくかどうかは、
歯列矯正前に歯医者さんが立てる「治療方針」で決まる、とさえ言われていますし、
歯医者さんとは、2年3年という長い付き合いにもなるからです。

リスクを避けるための歯医者さん選びのポイントは、
こちらに詳しくまとめたので、よかったら参考にしてみてください↓

後悔しない矯正歯科の選び方「5つのポイント」を必ずチェック
矯正歯科の選び方について知りたいですか?この記事では歯列矯正をする際の矯正歯科の選び方で押さえておきたい5つのポイントや歯医者さんを探す具体的な方法について詳しく解説しています。歯列矯正を始めたいけど歯医者さん選びで後悔したくない方必見です

無料相談の注意点はこちら↓

歯列矯正の無料相談、どこまで分かる?治療期間や費用は?
歯列矯正の無料相談ってどんなことが分かるの?そんな疑問はありませんか?この記事では無料相談で矯正の費用や期間が分からない理由、無料カウンセリングの活用法やおすすめの矯正歯科などについてくわしく解説しています。歯列矯正に興味があるという方必見

現在、歯列矯正中で、不安や不満を感じている人は、
他の歯医者さんに相談してみるのもよいと思います↓

歯列矯正中、別の歯医者に相談はOK?|セカンドオピニオンのすすめ
歯列矯正中だけど別の歯医者さんに相談してもよいものでしょうか?この記事では、別の歯医者さんに相談するとよい理由、実際にうまく行った例、どんな歯医者さんがよいのかなど詳しく解説しています。歯列矯正中のセカンドオピニオンに悩んでいる方必見です
スポンサーリンク

大人の歯列矯正の2大リスク、事前の準備で回避できます まとめ

以上、
大人の歯列矯正の2大リスク、事前の準備で回避できます
というテーマで解説をしました。

きちんとリスク回避すれば、
やってよかったなと、きっと思えるはずです。

ぼくの体験談を、こちらに書きました↓

大人になってからでも、歯列矯正やってよかったと思った3つの理由
大人の歯列矯正をやってよかった、という体験談をお探しですか?この記事では、大人になってからでも歯列矯正をやってよかったと思うことを、40代ではじめて2年で終了した経験をもとに、詳しく解説をしています。大人だけど歯列矯正したいという方必見です

大人になってから歯列矯正なんてカッコ悪くて…
と諦めていませんか?

そんな方には、こちらが参考になれば↓

歯列矯正は恥ずかしい?矯正開始後の周りの反応が意外すぎて驚いた
歯列矯正は恥ずかしい…そう思っていませんか?この記事では歯列矯正するのは恥ずかしいと思っていた筆者が、実際に矯正を始めた後どう感じ、周りはどんな反応だったかなどを詳しく解説しています。歯列矯正でワイヤーをつけるのが恥ずかしい…という方必見です

大人の歯列矯正は、長い期間がかかる、
と感じているなら、ぜひこちらをお読みください↓

大人の歯列矯正は時間がかかる?40代でも約2年で装置を外せました
大人の歯列矯正は時間がかかるから…と矯正を諦めていませんか?この記事では、本当に大人の歯列矯正は時間がかかるのか?何歳まで矯正は可能なのか?等、実際に40代で歯列矯正をした体験をもとに詳しく解説しています。大人だけど歯列矯正したい方必見です

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました