二重の歯並び【抜いたら大変でした】2列になる理由と注意点|歯列矯正体験記

二重の歯並び【抜いたら大変でした】2列になる理由と注意点|歯列矯正体験記
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯並びが2列になっているから、なんとかしたい・・
二重の歯並び、舌が当たってきになるしカッコ悪い・・

こんな悩みはありませんか?

この記事では、
・歯並びが二重になる理由
・2列になった歯を抜いたらどうなるのか?
・二重の歯並びはどう改善すればいいの?
といったことについて、
詳しく解説します。

筆者のケンは、
子どもころから二重の歯並びだったのですが、
30歳くらいの時に抜いた経験があります。

現在は歯列矯正を行なっていて、
約1年が経過しています。

歯や健康に関することを、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも発信しているので、
よかったら覗いてみてください。

フォローする

二重の歯並び【抜いたら大変でした】2列になる理由と注意点|歯列矯正体験記

結論から言うと、
歯並びが二重だからといって安易に抜かない方が良かったな
と思っています。

理由は、

一部分だけ、
歯を抜いたり削ったりして歯並びを揃えたことで、
その後長い間、
体調不良で大変な思いをしたからです。

二重の歯並び|状況説明

二重歯列|歯が内側に生えている歯並びの画像

具体的に言うと、
ぼくは右下の歯列が二重の歯並びになっていました。

5番目の歯が、上の図のように、
一本だけ完全に奥に入ってしまっていたんです。

舌が当たって気になるし、
磨きにくいので歯の表面も削れていたりしたので、
30歳くらいの時に、抜きました。

同じタイミングで、
ちょうどその上の歯並びも悪かったので、
歯を3本、抜いたり削ったりして差し歯にして、
見た目をキレイにしました。

二重の歯並び|抜いたらどうなったか?

2列になっていた歯を抜いて、
その上の歯並びも、部分的にキレイにしました。

その方が、
時間もかからず、安上がりだったからです。

ですがその結果・・・

その直後から体調を崩し始めてしまい、
結果、約8年間くらい、
原因不明の不定愁訴に悩まされてしまったんです。

●参考記事

不定愁訴でお悩みですか?この記事では歯列矯正が不定愁訴の改善に役立つ理由と具体例、歯列矯正以外に体調不良の改善に効果のあった方法、などを体験談をもとに詳しく解説しています。不定愁訴や体調不良にお悩みの方、歯列矯正を検討している方は必見です。

それって、
上の歯も抜いたから、そうなったんじゃないの?
下の歯1本だけなら、大丈夫だったんじゃないの?
という声もあると思います。

確かに、そうですよね。

二重になっていた下の歯1本だけを抜いたのだったら、
もともと噛み合わせには影響していない歯だったので、
何にも問題なかったのかもしれません。

ぼくの場合は、
二重の歯並びと同時に、
上の歯並びまでいじってしまい、
結果、上下の噛み合わせがさらにズレてしまったのかもしれません。

歯並びが二重になる理由

二重の歯並びとういのは、
ただなんとなくそうなっているのではなく、
ちゃんとした理由があります。

ものごとには必ず、
原因と結果
があるからです。

歯並びが2列になってしまう仕組み

人間の歯並びというのは、
まずは、前歯と奥の臼歯が最初に生えてくるそうです。

最初に生えた2本に挟まれた間の空間に、
以降の歯が順番に生えてきます。

なので、その間のスペースが足りないと、
最後に生えてきた歯は、
行き場がないために、
奥や前に飛び出て生え、
結果歯並びが二列になってしまうそうです。

これが、
二重歯並びの仕組みです。

身体は常にバランスを取り続けている

人間の身体は、
常に無意識に、全体のバランスを保とうとしています。

なので、今歯並びが二重になっているのも、
ガタガタしているのにも、
実は意味があって、
それはそれで、バランスを保った状態だともいえます。

例えば、
石を積み重ねているところを想像してみてください。

まっすぐ綺麗には並んでいませんが、
石の形や大きさや重さが違うのを、
全体でうまくバランスを取っている状態です。

これらの石の、
どこか一部分だけを抜いたり、
力が加わると、
石は崩れてしまいますよね。

歯並びや噛み合わせも同じです。

見た目だけでなく原因に働きかける

そうした、
根本的な原因や全体のバランスを考慮せずに、
部分的に見た目だけを整えてしまうと、
必ずどこかに歪みが起こります。

逆に言うと、
今起こっている結果を変えたいのであれば、
そうなっている原因まで遡り、
そこに働きかけるべきだったな、
と感じます。

なので、繰り返しになりますが、
ぼくは、
歯並びが二重だからといって安易に抜かない方が良かったな
と今では思っています。

二重の歯並び|治療するにはどうしたらいい?

二重の歯並び、抜かない方がいいのはわかったけど、
ではどうすればいいの?

と思われるかもしれません。

結論から言うと、
抜かずに歯列矯正で地道に治せばよかったな
と思ってます。

理由は2つ。

ひとつは、
ぼくは現在歯列矯正を行なっていますが、
二重の歯を抜いてしまったことが、
その治療の進行にも影響があるからです。

ふたつ目は、
歯列矯正をすることで、歯並び以外にも、
たくさんのメリットを感じているからです。

それぞれ具体的に説明します。

① 歯を抜いたことによる歯列矯正への影響

歯列矯正は2018年の4月から始めました。

この歯列矯正に、
二重だった歯を抜いたことが、
けっこう影響をしています。

どういうことかというと、

片側だけ、歯が一本ないことで、
左右の歯列の長さが違ったり、
上下の噛み合わせがすんなりと合わない、

そうしたことを、
考慮しながら治療を進める必要があるようなんです。

そのため、
通常よりも調整が複雑になり、
時間もかかってしまっているように思います。

② 歯列矯正で得られるメリット

歯列矯正を初めて一年が経過しました。

歯列矯正というのは、
歯並びがキレイになるだけでなく、
心身のさまざまなことが改善していくんだな、
というのを実感しています。

具体的に言うと、
歯並びが良くなっただけでなく、

・噛み合わせが良くなった
・顔の輪郭がシャープになった
・姿勢が良くなった(ストレートネック、猫背、反り腰などの改善)
・ぐっすり眠れるようになった
・食生活が変わった

などの変化がありました。

詳細は動画にまとめてみたので、良かったら観てください。

●歯列矯正1年経過で起きた6つの変化

なので、
歯並びが二重だったからといって、
安易に抜いてしまったのは、どうだったのかな?
と今では思っています。

歯列矯正で地道に治す
という選択肢も、
もっときちんと考えれば良かったなと思うのです。

二重の歯並びを治す時、気をつけておきたいこと

二重の歯並びを、
抜くにしろ、歯列矯正で治すにしろ、

自分と価値観が合う歯医者さんのもとで行う

ことがとても大切だと、
ぼくは思っています。

考え方や価値観は、
人によってさまざまだからです。

例えば、
噛み合わせやあごの位置など、全体のバランスが大切
と考えている歯医者さんもいれば、

速さや安さを患者さんに提供することが大事
と思っている歯科医院もあります。

どちらが良い悪いではなく、
いろいろな考えがあって当然です。

なので、
良い歯医者さん、悪い歯医者さんと言うのは、
一概には言えないと思うんです。

だからこそ、
自分の考えや価値観と合う歯医者さんを、
探すことが大切だと感じます。

病院選びについては、
自分なりの考えを下の記事にまとめたので、良かったら参考にしてみてください。

●価値観の合う歯医者さんの選び方

矯正歯科の選び方について知りたいですか?この記事では歯列矯正をする際の病院選びで押さえておきたい5つのポイントや歯医者さんを探す具体的な方法について詳しく解説しています。歯列矯正を始めたいけどどんな歯医者さんがいいのか分からない…という方必見

二重の歯並び【抜いたら大変でした】2列になる理由と注意点|歯列矯正体験記 まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

二重の歯並び|状況説明
・右下5番目の歯が二重歯列

二重の歯並び|抜いたらどうなったか?
・同時に上の歯並びも部分的に治した
・結果、噛み合わせが崩れ体調不良に
・一本だけなら大丈夫だったかもしれない

歯並びが二重になる理由
・前歯と奥歯が最初に生える
・その間に歯が順番に生えてくる
・スペースが足りないと、最後の歯が歯列からはみ出る

二重の歯並びはどうやって治す?
・歯列矯正をすれば良かったと思ってる
理由① 現在の歯列矯正に影響が起きているから
理由② 歯列矯正で多くのメリットを感じているから

二重の歯並びを治す際に気をつけたいこと
・自分と同じ価値観の歯医者さんを選ぶ

以上は、
あくまでもぼくの個人的な体験談と感想、意見です。

医学的には間違っていることもあるかもしれませんし、
症状や結果は人によって全く違うとも思います。

なので、
詳しくは歯医者さんに確認、ご相談されることをおすすめします。

健康な歯並びで、楽しい毎日を!

●この記事の内容はYouTubeでも観られます

YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする