スポンサーリンク

マウスピース矯正のメリット・デメリット。ワイヤー経験者が違いを解説

歯列矯正用のマウスピースを手に持っている|マウスピース矯正のメリット・デメリット歯列矯正コラム
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

マウスピース矯正っていいことだらけ思えるけど、デメリットってないの?
マウスピース矯正のメリットとデメリットが知りたい

そんな疑問にお答えします。

筆者は、2018年4月にワイヤー矯正をはじめ、2年3ヶ月後にブラケットとワイヤーを外すことができました。

その時の様子はこちら↓

歯列矯正の全記録ブログ | 4年間の歯列矯正をすべて記録しました

筆者はワイヤー矯正しかしていないので、マウスピース矯正に関しては、よく分かりません。

そこで、筆者の歯列矯正を担当してくれた歯医者さんに、
・マウスピース矯正のメリットとデメリット
・ワイヤー矯正との違い

などについて、詳しく教えてもらいました。

スポンサーリンク

マウスピース矯正のメリット・デメリット。ワイヤー経験者が違いを解説

早速ですが、マウスピース矯正のメリットとデメリットは、以下のようなものがあるようです。

メリット
①見た目が目立たない
③取り外しができる
②歯並びによっては、マウスピース矯正の方が歯を動かしやすい

デメリット
❶自分で装着する必要がある
❷上下の歯の間に、常に異物がある
❸虫歯になりやすい

それぞれどういうことか、詳しく解説していきます。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリットは、次の通り。

①見た目が目立たない

マウスピース矯正の1番のメリットは、見た目が目立たないということではないでしょうか?

多くの人が、このメリットが理由で、マウスピース矯正に興味を持ったり、実際に矯正を始めるように思います。

筆者は実は、今から20年くらい前に、ブリッジという、歯を削って人工の歯にする方法(今でいうセラミック矯正)で、歯並びをきれいにしたことがあります。

なぜかというと、歯に2年も3年も、装置やワイヤーを付けるのがとても恥ずかしいと思っていて、短時間でできる方法を選んでしまったのです。

その結果、健康な歯は失うし、噛み合わせやあごの位置がおかしくなってしまって、長期間、体調不良で苦しむ結果になってしまいました。

その時の話はこちらに詳しく書きました↓

歯列矯正の全記録ブログ | 4年間の歯列矯正をすべて記録しました

そのころはまだ、マウスピース矯正というものは、なかったんですよね。

あったのかもしれないけど、全然一般的ではなかった。

あの頃にマウスピース矯正というものがあれば、少なくとも、あんなに大変な思いはしなくても済んだかもしれないのになあ…と、今でもふと思うのです。

③取り外しができる

マウスピース矯正のメリット2つ目は、取り外しができるということです。

ご存知のように、ワイヤー矯正の場合、ブラケットやワイヤーは、自分で気軽に取り外すことはできません。

ですが、マウスピース矯正の場合は、自分で取り外すことができるので、大事な発表の時だけ1時間だけはずそう、みたいなことができます。(あまりやらない方がいいと思いますが)

あるいは、ワイヤー矯正の場合だと、細い歯ブラシを使わないと、細かな部分まで歯磨きできなかったり、ワイヤーが邪魔をしてデンタルフロスが使えなかったりします。

ですが、マウスピース矯正の場合は、取り外して歯磨きできるので、歯を清潔な状態に保ちやすいと言えます。

③歯並びによっては、マウスピース矯正の方が歯を動かしやすい

マウスピース矯正の3つ目のメリットは、歯並びによっては、マウスピース矯正の方が歯を動かしやすいこともあるそうです。

たとえば、全体的に歯並びは揃っていて、噛み合わせもできているんだけど、前歯だけ部分的に動かしたい、というようなケースは、マウスピースの方が適している場合があるようなんです。

というのも、ワイヤー矯正の場合だと、歯と歯がワイヤーで繋がれているので、ある歯を動かすと、必ず両隣の歯と引っ張りあったりして、少なからず影響を与えます。

だけど、マウスピース矯正の場合は、歯を個別に固定しておくことができるので、一部の歯だけを動かすことがしやすい場合もある、とのことでした。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリットは、以下のようなものがありました。

❶自分で装着する必要がある

マウスピース矯正のデメリットの1つ目は、自分で装着する必要があるということです。

メリット②で、取り外しができることをあげましたが、これは裏返すと、デメリットにもなるとのことでした。

というのも、自分で取り外しができるということは、サボっちゃうことも起きがちです。

マウスピースをつけていないと歯は動きませんし、後戻りしちゃう場合もあります。

ワイヤー矯正の場合は、自分で取り外しはできないので、24時間強制的に歯を動かせるというわけです。

❷上下の歯の間に、常に異物がある

2つ目のマウスピース矯正のデメリットは、上下の歯の間に、常に異物があるということ。

マウスピースを装着するということは、いつも歯と歯の間に、板状のものを噛んでいる状態になります。

とても薄いものなのですが、歯の神経というのはかなり感度が高いので、それがストレスになる場合もあるようです。

また、歯の間に異物があるということは、本来の噛み合わせではないということなので、噛み合わせを細かく調整することがやりにくいことも、歯医者さん的にはデメリットになる、とのことでした。

❸虫歯になりやすい

マウスピース矯正の3つ目のデメリットは、虫歯になりやすいというものもあるそうです。

これも、メリット②で取り外しができるから歯磨きしやすい、というのと矛盾しているように思われうかもしれませんが、それはきちんと歯のケアをした場合。

食事をした後に、歯磨きをしないまま、あるいは不十分なままマウスピースを装着してしまうと、汚れも含めて歯を覆ってしまうので、より歯が不衛生な状態になりやすいとのことでした。

メリットとデメリットというのは、常にコインの裏表の関係にあるのかもしれません。

スポンサーリンク

マウスピース矯正のメリット・デメリット。ワイヤー経験者が違いを解説 まとめ

以上、
マウスピース矯正のメリット・デメリット。ワイヤー経験者が違いを解説
というテーマで、お届けしました。

目立つのがイヤだな、という理由でマウスピース矯正を検討しているのであれば、こちらの記事が参考になるかもです↓

手軽さに魅力を感じているなら、クイック矯正(歯を削って人工の歯をはめる方法)が絶対におすすめしません。

理由は、こちらに詳しく書きました↓

クイック矯正で噛み合わせが悪化した時の体験談【歯列矯正ブログ】
歯列矯正に失敗しない、噛み合わせが悪くならない方法を知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが悪くなってしまう原因や、その解決法について、私の失敗経験から詳しく解説します。歯列矯正で噛み合わせが悪くなってしまった方や不安な方は必見です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました