【理想的な歯並び】画像と映像で検証してみた【歯列矯正体験記】

【ストレスと噛み合わせ】歯列矯正で改善した5つの不調【体験談】
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯並びって、どういったのが理想なの?
歯並びが悪いから、理想的な歯並びになりたい・・

こんな疑問や悩みはありませんか?

この記事では、

理想的な歯並びとは?
理想的な歯並びに近づける方法と注意点

などについて、詳しく解説します。

筆者のケンは、
現在歯列矯正中です。

2018年4月に装置とワイヤーがつきました。

上下とも表側のワイヤー矯正です。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や、心身の健康などについて、
情報発信をしています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをおねがいします。

フォローする

【理想的な歯並び】画像と映像で検証してみた【歯列矯正体験記】

理想的な歯並びとは?

結論から言うと、

① 歯列が、緩やかなアーチを描いている
② 上下の歯が、山と谷で噛み合っている

という歯並びが理想のようです。

アーチが狭いと、
歯の生えるスペースが足りず、
ガタガタになりやすいですし、

山と谷で噛めていないと、
噛み合わせにも良くないからです。

それでは、
理想的な歯並びとはどのようなものなのか?

実際に、ぼくの歯列矯正の例を用いて、
順番に解説していきます。

理想的な歯並び① 緩やかなアーチを描いている

理想的な歯並び① 緩やかなアーチを描いている

理想的な歯並びの1つ目は、

アーチが緩やかである

ことが理想的です。

アーチの幅が狭く鋭角だと、
歯の並ぶスペースが足りず、
出っ歯や乱杭の歯並びになってしまうからです。

上の画像は、
右:歯列矯正前
左:歯列矯正1年経過時
のぼくの上の歯並びです。

歯列矯正前は、
歯のアーチがかなり鋭角になっています。

歯全体が内側に傾くように生えていて、
前歯も前に飛び出してしまっています。

理想的な歯並びへの道:歯列矯正1年後の歯のアーチ

歯列矯正が1年経過した時点で、
歯のアーチはとても緩やかになり、
理想的な歯並びに近づいてきています。

歯が並ぶスペースにも余裕ができたため、
出っ歯も解消されました。

● 参考記事

歯列矯正で出っ歯がどう変化するか知りたいですか?この記事では歯列矯正で出っ歯が変化した様子、出っ歯だけ治すことはできる?といったことを画像と体験談をもとに詳しく解説しています。出っ歯がコンプレックスなので歯列矯正で治したいという方必見です。

理想的な歯並び② 上下の歯が、山と谷で噛み合っている

理想的な歯並びの2つ目は、

上下の歯が、山と谷できちんと噛み合う

歯並びが理想です。

理想的な歯並びがない状態:片側だけ歯を抜いたため

上の画像は、
歯列矯正前の、ぼくの下の歯の歯並びです。

理想の歯並びには、程遠い状態です。

その理由は2つあります。

一つ目は、
片側の歯が、途中、1本足りないこと。

右側の赤い丸は前から5本目の歯なのですが、
内側にはみ出るように生えていたため、
10年以上前に抜いてしまっているんです。

● 参考記事

二重の歯並びでお悩みですか?この記事では子供のころから歯並びが二重だった筆者が、その歯を抜いた結果どうなったか?現在の歯列矯正にどういう影響があるか?どうして歯並びが2列になるのか?などを詳しく解説します。二重の歯並びで悩んでいる方必見です。

ぼくの歯並びが理想には程遠い理由の2つ目として、
親知らずがあげられます。

左側は抜いてしまったのですが、
右側には残っているんです。

● 参考記事

親知らずは抜くべきか、抜かない方がいいのか、悩んでいませんか?この記事では、親知らずを片方だけ残して抜いた体験談、その結果噛み合わせや顎が歪んだ理由、改善方法などについて詳しく解説をしています。親知らずの抜歯について迷っている方は必見です。

左側の歯並びは比較的、理想に近いのですが、
右側の歯並びは、理想とはかけ離れてしまっています。

理想的な歯並びは、噛み合わせにも影響する

噛み合わせが悪い例:2箇所くらいでしか噛み合ってない

理想的な歯並びであることは、
噛み合わせにとっても、重要です。

上の画像は、ぼくの歯列矯正前の、
上下の歯がかみ合っている場所をグラフ化したものです。

赤が、最も歯が当たっている部分で、
青は、少ししか当たっていません。

本来、理想的な歯と言うのは、
すべての歯が山と谷で噛み合う必要があります。

ですがぼくの歯は、
ご覧の通り一部分しか当たっていません。

特に前歯は、隙間が空いてしまっていて、
理想には程遠い状態でした。

理想的な歯並びへの道:歯列矯正1年後の歯の噛み合わせ

歯列矯正前と歯列矯正1年後の下の歯の変化

歯列矯正が1年経過して、
下の歯並びもアーチが広がって、
スペースにゆとりができてきました。

上の歯の位置も調整したことで、
左右とも、山と谷で噛み合うことができ、
理想的な歯並びと噛み合わせに近づいてきました。

● 参考記事

ストレスと噛み合わせの関係について知りたいですか?この記事では、歯列矯正を始めて噛み合わせが改善したことで、それまであったストレスや不調がどう変化したかを体験談をもとに詳しく解説しています。噛み合わせがストレスの原因?と感じている方必見です。
噛み合わせが悪いとどうして良くないか?噛み合わせが良くなるとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが良くなったことで、不調がどう改善し変化したかを詳しく解説しています。噛み合わせが悪いの何とかしたい方必見です。

理想的な歯並びは、歯以外にもよい影響が

歯並びが理想的な状態に近づいたことで、
下あごの位置も安定してきました。

理想的な歯並びと噛み合わせは、
下あごの位置を固定する役割も持っているからです。

● 参考記事

正しい顎の位置がわからない・・という悩みはありませんか?この記事では正しい顎の位置がわからなくなる原因、歯列矯正で改善した理由、顎の位置が正しくなって良かったことなどを、体験談をもとに詳しく解説しています。顎の位置がわからないで悩んでいる肩必見です。

また、理想的な歯並びは、
顔の輪郭、フェイスラインにも、
変化を生みます。

顔の輪郭線は、
下あごの位置に大きく左右されるからです。

● 参考記事

歯列矯正で横顔がどう変化するか知りたいですか?この記事では歯列矯正前と1年経過後の写真を比較して、フェイスラインがどう変化したか?その理由や方法、注意点などを詳しく解説しています。横顔・フェイスラインを歯列矯正でなんとかしたいという方必見です。

見た目だけ、理想的な歯並びにするのは危険

理想的な歯並びについて分かったけど、
なんか面倒くさそう・・

歯並びなんて、
見えるところだけ理想的になればいいんじゃないの?

と思われる方もいるかもしれません。

見えないところまで、理想をもとめて、
時間や労力をかけるのは、
一見無駄なようにも思いますもんね。

ですが、

見た目の歯並びだけを理想的な状態にしようとするのは
とてもリスクが大きい

と言えます。

なぜなら、
ぼく自身が、歯並びの見た目だけを考えてしまって、
体調を崩して大変な思いをしたからです。

詳しくはこちら

● 参考記事

歯列矯正に失敗しない、噛み合わせが悪くならない方法を知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが悪くなってしまう原因や、その解決法について、私の失敗経験から詳しく解説します。歯列矯正で噛み合わせが悪くなってしまった方や不安な方は必見です。
セラミック矯正をおすすめしない理由を知りたいですか?この記事では、実際にセラミック矯正を行い、その後噛み合わせやあごの位置がずれ、体調不良に陥った経験を詳しく解説しています。セラミック矯正に興味があるけど何か不安・・という方は必見です。

歯並びや噛み合わせは、

100人いれば100通りの種類があると言われています。

歯並びがまったく同じ人はいません。

ですから、矯正治療を受けていただく前に、原因をしっかりと見極めて、
あなたのための治療計画を立てなければなりません。

あなたの歯並びや咬み合わせの状態と、
なぜ歯並びや咬み合わせが悪くなったのかを、
しっかりと調べる必要があります。

見た目だけで判断するのではなく、
原因を見極めることが治療を成功させるカギです。

どんな歯並びも、それに至った原因がかならずあります。

それを検証することが治療の第一歩です。

銀座みゆき通りデンタルクリニック webサイトより抜粋

見た目の歯並びだけを、理想的な歯並びにしても、
原因は残ったままです。

なぜ、そうなったのかを理解し、
全体のバランスを考えながら治療をすることが、
理想的な歯並びのためには、とても大事ことなんです。

● 参考記事

歯列矯正を安いや早いで選ぶと失敗するかどうか、知りたいですか?この記事では、ぼく自身が「安い・早い」を理由に手っ取り早く歯並びをキレイにしようとして大失敗した経験と、どうしたら失敗しないかについて詳しく解説します。歯列矯正を成功させたい人は必見です。

【理想的な歯並び】画像と映像で検証してみた【歯列矯正体験記】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

理想的な歯並びとは?

理想的な歯並び① 歯列が、緩やかなアーチを描いている
・歯列矯正前:歯のアーチが鋭角
・アーチが広がると、歯の生えるスペースができる
・出っ歯や乱杭も解消

理想的な歯並び② 上下の歯が、山と谷で噛み合っている
・歯列矯正前:右側と前歯の噛み合わせが特に悪い
・歯と歯の間に隙間を作ることで、山と谷で噛めるようになってきた
・下あごの位置も安定し、フェイスラインも変化

歯並びを、見た目だけ理想的にするのは危険です
・歯並びは噛み合わせや下あごのズレに影響する
・体調不良につながる可能性
・全体のバランスを見ながら、歯並びを考える

以上、
【理想的な歯並び】画像と映像で検証してみた【歯列矯正体験記】
というテーマで解説しました。

● 「理想的な歯並び」について、動画でもご覧いただけます

● 歯列矯正の病院選びで、迷っていませんか?

歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。

● 歯列矯正1年で、こんな変化がありました

歯列矯正をするとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では歯列矯正をはじめて1年経過して、どんな変化が起こったのかを、実例と画像を用いて詳しく解説しています。歯列矯正をするとどんな変化が起こるのか知りたい方、歯列矯正を始めたい人は必見です。

● 歯列矯正、無料カウンセリングに行こうかどうか、迷っていませんか?

歯列矯正の無料カウンセリングについて知りたいですか?この記事では、無料カウンセリングでは歯列矯正の費用や期間が分からない理由、情報収集として利用した方がいいワケ、などについて詳しく解説します。無料カウンセリングってどうなの?と言う方必見です。
関連記事

シェアする

フォローする