【ゴムかけ】食事の時は外す?ゴムかけしたまま?【歯列矯正体験記】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正中のゴムかけ、
食事の時もつけたままにしておいた方がいいの?
それとも、外してしまってもいいの?

こんな疑問はありませんか?

この記事では、
歯列矯正中のゴムかけ、食事中はどうしたらいい?
付け替えるタイミング
ゴムかけをする意味や目的
などについて、詳しく解説します。

筆者のケンは、
現在歯列矯正中です。

2018年4月に装置とワイヤーがつきました。

上下とも表側のワイヤー矯正です。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や、心身の健康などについて、
情報発信をしています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする

【ゴムかけ】食事の時は外す?ゴムかけしたまま?【歯列矯正体験記】

食事中のゴムかけ。

結論から言うと、
ぼくは、
食事中もゴムかけはしたままにしています。

つけたままでも、
食べやすさ、食べにくさは、
それほど変わらないからです。

また食事中に、
大抵、ゴムが切れるので、
結局、外すことになるからです。

ゴムかけのゴムは、
水分を含むと劣化して、
もろくなってくるらしいです。

たまに、
食事中に切れたゴムを、
気づかずに、そのまま飲み込んじゃうこともあります(笑)

特に、
なかなか噛み切れない、
肉の塊を食べた時などは、
一緒に飲み込んでしまいがちに思います。

食べても害はないそうです。

● 参考記事

歯列矯正中の食べ物の制限について知りたいですか?この記事では、歯列矯正中に食べられない&食べづらい食べ物について、約2年間の歯列矯正体験をもとに画像付きでくわしく解説しています。歯列矯正中にできるだけ食べ物を制限したくないという人必見です。
歯列矯正中におすすめの食べやすい食べ物を知りたいですか?この記事では歯列矯正中におすすめの食べやすい食べ物とその理由を、実際の体験からご紹介しています。歯列矯正を始めたけど食事が大変、これから始めたいけど食事の制限が心配、という方必見です。

歯医者さんからは、
できる限り24時間、ゴムかけしてください
と言われています。

さらには、
食事も、ゴムかけしたまま
とのことでした。

食事の時は外していいですよ

と言う歯医者さんもあるらしいのですが、
この辺りは、
治療方法や方針などによっても違うのでしょうね。

● 参考記事

ゴムかけのゴム(顎間ゴム)にはどんな種類があるか知りたいですか?この記事では、歯列矯正中のゴムかけのゴム、パッケージ、道具などの種類とその違いなどについて、詳しく解説しています。ゴムかけのゴムの種類について知りたいという方は必見です。

ゴムかけ直後は、簡単には切れない

これはぼくの、
実際のゴムかけそした直後の写真です。

ゴムをつけた直後は、
このくらい大きく口を開けても、
切れることはまずありません。

痛みはそれほど感じませんが、
引っ張られる力が強くて、口が開けにくいです。

初めてゴムかけをした時は、
まるで筋トレをしているような感覚でした。

● 初めてゴムかけをした時の様子

ゴムかけ|取り替えのタイミングと頻度

ゴムかけのゴムを取り替えるタイミングは、
4〜5時間くらいおきに、
1日5回程度、
行うのが理想のようです。

・朝食後
・昼食後
・おやつ時
・夕食時
・夜ねる前

の計5回。

ゴムかけのゴムは、
口の中で水分を含むと、
次第に縮む力が弱くなっていくからです。

朝と夜、
食後の歯磨きのタイミングで、
きちんと新しいゴムに取り替えたいものです。

● 参考記事

歯列矯正中の歯磨きのやり方を知りたいですか?この記事では、歯科衛生士さんに教えてもらった歯列矯正中の歯磨きで気をつけたいポイント、歯ブラシなどの歯磨き道具の選び方と使い方などを詳しく解説しています。歯列矯正中の歯磨きに困っている方必見です。

ゴムかけのゴム|顎間ゴム

ゴムかけのゴムは、
正式には顎間ゴムと言うそうです。

とても小さく、強いゴムです。

左下に写ったぼくの指先と比べると、
その小ささが分かると思います。

直径4、5mmでしょうか?
パッケージには4.75mmって書いてありますね。

穴の大きさは3、4mmって感じ。
厚みは1から1.5mmくらいでしょうか?

サイズはたくさんの種類があるようです。

● 比較動画

ゴムかけする理由|歯列矯正の期間を短縮する

なぜ、ゴムかけをするかというと、
歯列矯正の期間を、
短くするという理由があるようです。

ゴムの力を使うことで、
より強力に歯を動かせるからでしょう。

ゴムかけのゴムを外したまま放っておくと、
それだけ歯の動きにも、影響が出てしまいます。

正しく歯列矯正を進めるためにも、
ゴムかけはサボらない方がよさそうです。

● 参考記事

歯列矯正の効果について知りたいですか?この記事では、効果的なゴムかけの方法、24時間し続ける理由、交換の頻度やタイミングなど、ゴムかけに関する疑問に詳しくお答えします。ゴムかけしてるけど痛くてつらい、ついついサボっちゃうという人は必見です。

ゴムかけがスタートして1年ほど経過しましたが、
歯並び以外にも、
噛み合わせやフェイスラインなど、
いろいろな変化がありました。

● 参考記事

歯列矯正をするとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では歯列矯正をはじめて1年経過して、どんな変化が起こったのかを、実例と画像を用いて詳しく解説しています。歯列矯正をするとどんな変化が起こるのか知りたい方、歯列矯正を始めたい人は必見です。
歯列矯正で横顔がどう変化するか知りたいですか?この記事では歯列矯正前と1年経過後の写真を比較して、フェイスラインがどう変化したか?その理由や方法、注意点などを詳しく解説しています。横顔・フェイスラインを歯列矯正でなんとかしたいという方必見です。

【ゴムかけ】食事の時は外す?ゴムかけしたまま?【歯列矯正体験記】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

【ゴムかけ】食事の時は外す?ゴムかけしたまま?
・ぼくは、ゴムかけしたまま食事をしてます
・食事の時は外していい、という歯医者さんもあるらしい

ゴムかけ直後は、簡単には切れない
・痛みはあまり感じないけど、口が開けにくい
・時間が経つと劣化し、切れやすくなる

ゴムかけ|取り替えのタイミングと頻度

ゴムかけのゴム|顎間ゴム
・太さや強さなど、たくさん種類がある

ゴムかけする理由|歯列矯正の期間を短縮する
・矯正を早く終わらせるためにも、ゴムかけを続ける
・力が弱くなるので、取り替えも大切

以上、
【ゴムかけ】食事の時は外す?ゴムかけしたまま?【歯列矯正体験記】
というテーマで解説をしました。

● 歯列矯正を始めたいなと考えている方

矯正歯科の選び方について知りたいですか?この記事では歯列矯正をする際の病院選びで押さえておきたい5つのポイントや歯医者さんを探す具体的な方法について詳しく解説しています。歯列矯正を始めたいけどどんな歯医者さんがいいのか分からない…という方必見

● 歯列矯正は早い・安いで選ぶと危険です

歯列矯正を安いや早いで選ぶと失敗するかどうか、知りたいですか?この記事では、ぼく自身が「安い・早い」を理由に手っ取り早く歯並びをキレイにしようとして大失敗した経験と、どうしたら失敗しないかについて詳しく解説します。歯列矯正を成功させたい人は必見です。

● 歯列矯正中、外食時の歯磨きの方法

歯列矯正中、外出時や外食後に歯磨きできない時どうしていますか?この記事では、外出時に歯磨きできない時の対処法、持ち歩き用歯磨きセットの紹介、外食時の歯磨きの仕方などを詳しく解説しています。歯列矯正中、外出や外食時の歯磨きにお困りの方必見です。
YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする