【必見】歯医者さんで嘔吐反射が怖い人に試してほしい7つの対策【安心】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯医者さんに行くと、オエっとなりそうで怖い…
嘔吐反射を防ぐ、いい方法ってないのかな?

こんな疑問にお答えします。

筆者のケンは、
現在、歯列矯正中で、
月に1度歯医者さんに通っています。

口を大きく開け続けたり、器具が口の中に入ってくると、
オエっとなりそうでツラいですよね。

そうした反応を「嘔吐反射」と言うらしいんですけど、
ちょっとした心がけで、防げたり和らげたりします。

ぼくは、約10年くらい、
ヨガや呼吸・瞑想法、身体の動きの練習などを指導もしていますので、
そうした、解剖学や心理学的な知識や経験なども踏まえて、

ぼくが歯医者さんでオエっとなる、嘔吐反射をどう防いでいるか?
その方法やコツをご紹介できたらと思います。

【必見】歯医者さんで嘔吐反射が怖い人に試してほしい7つの対策【安心】

歯医者さんで嘔吐反射(オエっとなる)が怖いなあ…
という人に試してほしい対策法
ぼくがおすすめしたいのは次の通り。

自分でできること
①他のことを考える
②ゆっくり呼吸する
③身体の力を抜いてリラックスする
④イヤな記憶を消す

歯医者さんにお願いできること
⑤治療の時の姿勢
⑥3Dスキャンで歯型をとる
⑦麻酔をしてもらう

くわしく、順番に見てみましょう。

歯医者さんでの嘔吐反射対策<自分でできること>

まずは、歯医者さんでの嘔吐反射を防ぐために、
ぼくがしている、自分でできる対策をご紹介します。

①他のことを考える

自分でできる嘔吐反射対策の1つ目は、

他のことを考える

ということです。

イヤなこと、気になることをずっと考えてると、
気が滅入っちゃうことないですか?

逆に、何かに没頭していると、
ツラいことを忘れてる、ということはありませんか?

なので、今されている治療以外のことに、
意識を向けると言うのは、嘔吐反射を和らげるのにとても有効です。

具体的な方法は、
・手を開いて、グーパグーパーをする
・指を折り曲げて、数を数える
など。

身体の動き使うと、そちらに意識を向けやすいです。

もしくは、
下のような、柔らかくて気持ちのいいボールなどを、
治療中に、手のひらで握るというのも、おすすめです。

②ゆっくり呼吸する

嘔吐反射対策、2つ目は、

ゆっくり呼吸をする

呼吸が浅く、速くなってないですか?

もしそうだとしてら、交感神経が高まって、
刺激に対して、過剰に反応する状態になってます。

深く長い呼吸をすると、
逆に副交感神経を優位にします。

身体も気持ちも穏やかになって、
嘔吐反射も起きにくくなりますよ。

ゆっくりと呼吸をする方法は、
【自律神経】呼吸法で自律神経を整えるやり方【吸う・止める・吐く】
に詳しく書いたので、こちらを参考にしてみてください。

呼吸に関してはもう1つ。

鼻で呼吸ができていますか?

もしも、口呼吸になっていると、
口がふさがれると息ができなくなっちゃうので、
オエっとなりやすいです。

鼻は詰まってませんか?

口呼吸を改善して、
気持ちよく鼻で呼吸ができるようになる方法は、こちらに詳しく書きました。

【鼻呼吸が苦しい…】口呼吸になる4つの原因と改善方法【快適】

③身体の力を抜いてリラックスする

歯医者さんでオエっとなりやすい場合の対策、3つ目は、

身体の力を抜いてリラックスする

です。

身体に力が入りすぎていませんか?

身体の緊張も、
神経を高ぶらせてしまう要因になります。

歯医者さんに入る前に、
身体をユラユラゆらして、力を抜いてみてください。

身体の緊張をゆるめる方法は、他にもいろいろあります。

【リラックスする方法】身体の力を抜く5つの簡単なやり方【手放す】
に詳しくまとめたので、参考になれば。

不安や心配を感じやすい人は、こちらを↓

【リラックス】不安を減らしたり消し去る5つ方法【体験談】

④イヤな記憶を消す

歯医者さんでの嘔吐反応対策、4つ目は、

イヤな記憶を消す

ことです。

歯医者さんと聞いただけで、
歯を削る音、匂い、苦しかった記憶などがよみがえってきて、
気持ちがブルーになったりしませんか?

歯医者さんでの嘔吐反射は、
過去のトラウマが原因になっていることが、
多いみたいです。

その証拠に、
あくびをしたり、ものを食べたりは、
きっと普通にできますもんね?

歯医者さん怖いなあ…ツラかったなあ…
というイヤな記憶は、消すことは可能です。

嫌なことを”スッキリ”忘れる方法【ゴミ箱消去】96%忘れられる
にやり方を書いたので、ぜひ試してみてください。

嘔吐反射対策<歯医者さんにお願いできること>

歯医者さんでの嘔吐反射を防ぐための対策法

次は、歯医者さんにお願いできることを、
まとめてみました。

⑤治療の時の姿勢

歯医者さんにお願いできる嘔吐反応対策としては、

治療中の姿勢

があげられます。

具体的には、
完全に仰向けになってしまうんではなくて、
少し起き上がるように、
椅子の背もたれの角度を調整してみてください。

完全に仰向けになってしまうと、
重力によって、のどがつぶれて気道が狭くなるので、
オエっとなりやすいからです。

⑥3Dスキャンで歯型をとる

3Dスキャンで歯型をとる

のも、嘔吐反射対策として有効だと思います。

粘土のようなもので歯型をとる時に、
特にオエっとなりませんか?

歯型は現在、デジタルでとることが可能です。

ぼくが、歯列矯正の検査でスキャンしてもらった時の様子↓

ちなみにこちらが、従来の歯型をとった時の様子↓

どちらも口を大きく開ける必要はありますが、
3Dスキャンの方が、かなり負担が少なかったです。

ぼくが矯正治療してもらっている
銀座みゆき通りデンタルクリニックのホームページにも、
分かりやすく説明されてたので、参考にしてみてください。

⑦麻酔をしてもらう

歯医者さんでの嘔吐反応対策、最後は、

麻酔をして治療をしてもらう

ことです。

どこの歯医者さんでも、
対応しているかは分からないんですけど、
嘔吐反射対策として、麻酔をして治療を行っている歯科医院もあるようです。

嘔吐反射 歯科

などで検索すると出てくると思うので、
そうした歯医者さんに相談するのも、一つの方法かなと思います。

歯医者さん選びに関しては、
ぼくが歯列矯正を始める時、どういう点に気をつけたか、
こちらに書きました。

歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。

【必見】歯医者さんで嘔吐反射が怖い人に試してほしい7つの対策【安心】まとめ

以上、
歯医者さんで嘔吐反射が怖い…という場合の対策
について解説をしました。

オエっとなりやすい人は、
もしかしたら、自分の感情を溜めちゃってないですか?

普段から気持ちを吐き出すことができてないと、
身体にも”つかえ”が出やすいです。

ぼくもかつてそうでした。

言いたいこと言えてますか?

気持ちをうまく吐き出す方法は、
【自分の考え】想いをアウトプットした方がいい理由【爆発するぞ】
にくわしく書いたので、参考になれば。

やりたいことができない…というモヤモヤには、
”自分が本当にしたいこと”にブレーキをかけている5つの思い込み&外し方

こちらをどうぞ。

ちなみにぼくは今、
持ち物をスーツケース1個にして、シンプルな生活をしています。

身軽です。

生活の様子は主にTwitterで発信してますので、
興味があったらのぞいてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

シェアする

フォローする