ホームホワイトニングのやり方とジェルのコツ。歯はどこまで白くなる?

ホワイトニング
この記事を書いた人

2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

ケンをフォローする

ホームホワイトニングのやり方や、ジェルの入れ方のコツが知りたい
ホームホワイトニングで、一体どこまで白くなるの?

そんな疑問にお答えしましょう。

筆者は、2年3ヶ月間のワイヤー矯正が終わった後、ホームホワイトニングをしました。

矯正装置がついている間は、ホワイトニングすることができなかったので、ようやく念願叶ってという感じでした。

歯並びや噛み合わせも気になるけど、歯の色はもっとどうにかしたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ホームホワイトニングのやり方とジェルのコツ。歯はどこまで白くなる?と題して、筆者の体験を詳しくご紹介したいと思います。

ホームホワイトニングのやり方とジェルのコツ。歯はどこまで白くなる?

ホームホワイトニングキットNITEWHITEのパッケージ

ホームホワイトニングとは、

通院して行うオフィスホワイトニングと違って自宅で行うので、好きな時間や寝ている間を使ってじっくり歯を白くしていく

自宅でできるホームホワイトニングの効果|三宮アップル歯科

方法です。

ということは、歯医者さんでやるホワイトニングほど、白くはならないんじゃないの?という疑問も湧きますよね。

そこでホームホワイトニングで歯はどこまで白くなるのか、詳しくレポートしたいと思います。

トレーとジェル

筆者が今回使用したのは、上の写真のNITEWHITE EXCELというホームホワイトニングキットです。

かかりつけの歯医者さんにおすすめされたもので、価格は50,000円でした。

これは後述しますが、トレーと呼ばれるマウスピースの製作代金も含んだ価格のようです。

ネット通販では、1万円を切る値段で入手できる場合もあるようですが、マウスピースはおそらく含まれていません。

なのでまだマウスピースを持っていない場合は、別途作る必要があるので、初めから歯医者さんを通じて購入した方が、面倒ではないし安心なのではないかと思います。

箱を開けるとこのように、ホワイトニングジェルが入った注射器が4本入っています。

ジェルの成分は、10% Carbamide Peroxideと書いてあります。

これは、濃度10%の過酸化カルバミド(尿素)という意味だそうです。

調べてみると、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングだと40%前後の過酸化カルバミドが用いられることが多いようです。

ホームホワイトニングでは医師の目が届かないところで行われるので、安全性を考慮して濃度を低くしているのかもしれません。

箱の中にはジェルの他にも、説明書、歯の色見本、マウスピースケース、ポーチなども入っていました。

ただし右下に写っている(見づらくてごめんなさい)トレー(マウスピース)は、先ほども言ったようにあらかじめ歯医者さんで作ってもらう必要があります。

これらを使って、1日1回(最長2時間)、毎日(最長2週間)続けて歯を白くしていくそうです。

ホームホワイトニングの注意点

ホームホワイトニングには、いくつか注意点もあるとのことでした。

それは、
・ホワイトニング中は飲食禁止
・途中で寝ないこと
・同じくタバコは吸わない

などなど。

さらに、妊娠中や出産後で授乳をしている女性は、ホームホワイトニングはやらないようにとも書いてありました。

けっこう刺激の強い薬品をつかうので、健康や体調にできるだけ影響がないように、ということだと思います。

またホームホワイトニングを続けている期間中は、カレーや赤ワインなどの、着色しやすい食べ物は避けてくださいとのことでした。

というわけで筆者は、ホームホワイトニングを行う時は、なるべく上の写真のような白い食べ物を食べるようにしています。

左から、白湯(お湯)、豆乳、卵、ヨーグルト、バナナです。

どうですか、これなら着書くしないでしょう?

ホームホワイトニングのやり方

では早速、ホームホワイトニングのやり方をご紹介したいと思います。

一体歯がどこまで白くなるでしょうか?

①歯磨き

ホームホワイトニングのやり方の手順1つ目は、まずは歯磨きをして、歯の表面をきれいにしてください、とのことでした。

歯が汚れているとジェルも浸透しにくいでしょうから、せっかくなので、しっかりと磨いておきましょう。

ですが、磨きすぎると歯茎を痛めてしまい、ジェルが染みてしまう場合もあるので、優しく丁寧に磨くことをおすすめします。

実際に筆者は、ゴシゴシ磨きすぎて、歯茎がヒリヒリしたことがありました。

②ホワイトニング前の歯の白さをチェック

ホームホワイトニングの手順その次は、ホワイトニング前の歯の白さをチェックします。

上の写真のような色見本を自分の歯に当てて、現状の歯の白さを確認します。

そうしておくと、ホワイトニングが終わった後に、どのくらい白くなったのかが分かりやすいからです。

チェックした結果、
・上の歯 C2かD4くらい
・下の歯 C1かC2くらい

と、真ん中よりもやや白に近いくらいの歯の白さでした。

上の歯よりも下の方が、やや白いことも分かりました。

実は筆者は、このホームホワイトニングをする数週間前に、すでに歯医者さんでオフィスホワイトニングをしてもらっていました。

なので、この時点でけっこう白くなっていたんですよね。

それ以前の歯は、こんなに白くなくて、もっとグレーがかった色をしていました。

また、この歯の色チェックは、自分でどの色なのかを見極めるのはけっこう難しいと感じました。

光の加減や角度によって、ぜんぜん違って見えるからです。

なので家族や友人など、他の人にも見てもらいながらチェックした方が、より正確に確認ができるかもしれません。

③ジェルをマウスピースに乗せる

ホームホワイトニングのやり方、3つ目のステップはジェルをマウスピースに乗せる作業です。

マウスピースをよく見ると、上の写真のように、歯の表面に米粒くらいの膨らみがあるんです。

そこにジェルをポチポチと入れていきます。

ジェルは、ゼリー状の瞬間接着剤のような粘り気があるので、シャバシャバの液体よりは扱いやすい気がします。

ですが、あまり強く押しすぎるとドボっと出過ぎたりもするので、その加減に少しコツがいります。

ちなみに、差し歯や詰め物など自分の歯以外のものは、いくらジェルを塗っても白くはならないのだそうです。

④歯にはめる

ホームホワイトニングのやり方の次の工程は、いよいよジェルを乗せたマウスピースを歯に装着します。

1回に装着する時間は、長くても2時間までのとことでした。

ホワイトニングジェルはけっこう刺激の強い薬品なので、長く触れさせると歯や歯茎にダメージがあるからだと思います。

歯にはめてすぐに、奥の方の歯にジェルが染みて、少しキーンとした痛みを感じました。

味や匂いはそれほどしません。

厚めのプラスチック素材のマウスピースなので、噛むと変な感じがします。

そしてとても喋りづらいです。

これをつけたまま食事をするのは、かなり難しいと思います。

また、かなりの異物感があるので、これを2時間、口の中に入れ続けているのは、けっこう大変だなと感じました。

ホームホワイトニングをした結果

初めてのホームホワイトニングは約1時間半、装着してみました。

さて、どこまで白くなっているでしょうか?

上の歯と下の歯は、それぞれこんな感じになりました。

画像が荒いのでちょっと分かりづらいと思うのですが、劇的に白くなったということはなく、それぞれやや明るくなったという印象です。

そもそもホームホワイトニングは、1日2時間 × 2週間続けることで、少しずつ歯が白くなっていくみたいなんですよね。

ですが、白さはそんな感じでしたが、くすみが取れて透き通った色味になったのは、たった1回でもはっきりと感じられました。

やってみた感想

今回、はじめてホームホワイトニングをしてみての感想です。

まずは、1時間経ったあたりからけっこう歯が強く痛み出しました。

例えると、歯が火傷しているというか、乾いてバキバキするような痛みとでもいうのでしょうか。

特に、下を向いた時にズキンとした痛みを感じました。

おそらく、血圧とか血流の関係だと思います。

なのでホワイトニングが終わって、外したマウスピースを外して水洗いをしている時、下を向く姿勢になるので、その時も痛かったです。

あと、呼吸をして、空気が歯に触れるのも痛かった…。

ですが、耐えられないような痛みではなかったです。

矯正で歯を動かす痛みとは、またちょっと違いますね。

意外と大変だったのは、唾を飲め込めないこと。

唾を飲むと、ジェルも一緒に飲んでしまうことになるので、飲み込みたいけど飲み込めないというのがなかなかもどかしいです。

歯を強く噛めないのも、けっこうつらかったです。

噛むと、マウスピースに穴が空いてしまいそうなので。

歯を軽く浮かせている状態を1時間以上続けるのは、あごが疲れなかなか大変です。

なので、このホームホワイトニングをしながら、人と会って喋ったり、走ったりスポーツしたりするのは、けっこう難しいと感じました。

一人の時間や、夜寝る前などにやるのがいいんじゃないかと思います。

数ヶ月後、どこまで白くなった?

ここまでホームホワイトニングでどこまで白くなるのか、その結果をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

たった1回だけでは、一体どのくらい白くなるのか、よく分からないとも思いますので、ホームホワイトニングを続けた数ヶ月後、どうなったかもお伝えしておきます。

結果がこちらです↓

どうでしょうか?

ホームホワイトニングを2週間続け、その後1ヶ月くらい間をおき、再び1週間ほど行った後の写真です。

もちろん画像なので、実際の色とはまったく同じではありませんが、かなり白くなったと筆者は感じています。

表面的な歯の白さはもちろん、歯の内部の方まで白さが浸透しているという感じがします。

ホームホワイトニングは、あまり続けてやりすぎると歯に相当の負担をかけてしまうそうなので、これで一旦ストップ。

時間が経って、また白さが気になってきたらまたやる、という感じで行うのが、歯を痛めないコツのようです。

ホームホワイトニングが気になる、という方の参考になれば嬉しいです。

ちなみに保険で虫歯を治すと、銀の詰め物しか使えないと思っていませんか?

白い歯で治療ができる方法を、こちらに詳しく書きました↓

ホームホワイトニングのやり方とジェルのコツ。歯はどこまで白くなる? まとめ

以上、ホームホワイトニングのやり方とジェルのコツ。歯はどこまで白くなる?というテーマで解説をしました。

歯医者さんでオフィスホワイトニングをしてもらった時の様子は、こちらに詳しく書きました↓

重曹で歯が白くなる!?という広告を、最近よく目にしませんか?

本当に白くなるのかどうか、気になる方はこちらをどうぞ↓

歯を白くする歯磨き粉をお探しなら、歯医者さんに教えてもらったこちらがおすすめ↓

今までいろいろ試した中で、一番いいなと感じてます。

created by Rinker
SUPERSMILE(スーパースマイル)
¥2,136 (2024/04/19 11:15:18時点 Amazon調べ-詳細)

ホームホワイトニングでどこまで白くなるのかは、こちらの動画でもご覧いただけます↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました