歯列矯正に失敗しないために あごの歪みは要チェックです【体調不良の原因】

歯列矯正に失敗しないために あごの歪みは要チェックです【体調不良の原因】
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正に興味があるけど、
失敗したという話をたまに聞くから、不安・・・。

矯正治療中だけど、
失敗して体調不良になってしまった・・。

このような悩みはありませんか?

この記事では、

歯列矯正に失敗しないためにはどうしたらいいのか?

を詳しく解説していきます。

簡単に、この記事の著者ケンの自己紹介をしますね。

ぼくは、子どものころから歯並びや噛み合わせが良くありませんでした。

そして、
今から10年以上前に、
歯を抜いたり削ったりして、
部分的に歯並びをキレイにしました。

ところがその結果、さらにあごの位置までズレてしまい、
約8年間くらい、体調不良に陥ってしまいました。

その反省をもとに、
今は、なるべく健康な歯を抜かずに矯正をする、非抜歯矯正を行なっています。
約10ヶ月経過していて、とても順調に治療は進んでいます。

現在の治療の様子や、過去の失敗の経験を、
YouTubeやTwitterでも発信しています。

フォローする

歯列矯正に失敗しないために あごの歪みは要チェックです!【体調不良の原因】

結論から言うと、

歯列矯正に失敗しないために

歯並びだけではなく
あごの歪みや顎関節の動き

を、ぜひチェックしてみてください。

なぜならぼく自身、
あごの歪みが発覚して、
それが、過去に何年も続く体調不良の原因にもなっていたことが分かったからです。

どうしてそれが分かったかというと、
矯正治療を始める前に、
あごの動きと顎関節を調べる検査を受けたからです。

●検査の詳しい内容や方法は、こちらの記事にまとめました↓

顎関節がどう動くか検査する機械[CADIAX:キャディアックス]結論から言うと、あごの動きにこんなに意識を向けたことがなかったから新鮮でした。あと重かった。あごの動きは実際にどうやって調べるのか?どのくらいの時間がかかるのか?検査中、検査後の感想は?詳しくレポートします。

検査は、

CADIAX キャディアックス

という機械を使って行いました。

頭やあごに装着した装置が重くて大変だったけど、
この検査をやって本当によかったと思いました。

顎関節の動きが、視覚的、数値的に理解でき、
あごの歪みが、
歯だけのことではなく、
体調不良などとも深く関係していることが分かりました。

逆に言うと、
体調不良に悩まされていたり、
顎関節症でお困りの方は、
その痛みや症状は、
あごの歪みから来ている可能性があるかもしれません。

歯列矯正は、歯だけを治せばいいのではない、
ということを再確認しました。

検査結果を見ながら、ひとつひとつ見ていきましょう。

あごの歪みって、どういうこと?

あごの歪みとか、ズレとかって、
たまに聞くと思いますが、
それっていったどんなことなんでしょうか?

検査結果の画像を見ながら解説していきます。

あごが真っ直ぐ動かない

ぼくの場合、
あごの歪みによって、
口をあけたり閉じたりするときに、
まっすぐに動きません。

噛み合わせや顎関節の位置がズレていたりするからです。

検査中にもそれを感じました。

口を開ける時と閉じる時のぼくの軌道が、
まっすぐじゃないんです。

これまでも、なんとなくそうかなとは思っていたけど、
あまり意識をしたことはありませんでした。

モニターのグラフに、
赤い線が2本描かれています。

左右のあごの軌道を示しています。

右上から始まる線は、急激に斜めに下がっています。

一方、右上からの線は、比較的水平に進んでます。

左右で、あごの動く軌道が違うと言うことです。

あごの歪みをCGで再現

CGで観てみると、さらによくわかります。

↓ 動画で観られます

あー!

口を開ける時、
ちょうど真ん中あたりで、右に迂回して動いてます。
戻るときも同じように、右に蛇行しています。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”friendly-smile-face-nurse.png” name=”歯科衛生士さん” ]もともとケンさんの噛み合わせは、ちょっと後ろに下がってるんですよね。
なので開ける時に、最初にちょっと前に出して、そこから開けているんじゃないですかね。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”ken-face-blog.png” name=”研” ]どう動かすのが自然なのかよく分からないから、
探しながら口を開けたり閉じたりしてる感じ。[/speech_bubble]

顎関節の中心軸がズレていたら、
関節はうまく回転しないので、
まずそれを正してから、開閉の動きをしているのでしょうね。

噛み合わせも同じで、
どこで噛んでいいかよく分からないのです。

歯医者さんで虫歯の詰め物をしてもらった後に、
「噛んで、高さはどうですか? ぶつかりませんか?」
と聞かれることありますよね?

そういった時でも、どこが正しい噛み合わせの位置かがよく分からず、
そういうことが続いて、
さらにだんだん、あごの歪みが大きくなっていったようにも思います。

あごの歪みはなぜ起こるのか?

では、なぜあごの歪みが生まれてしまうんでしょうか?

これも画像を見ながら説明していきます。

人間の身体は、本能的に自分を守る

結論から言うと、
あごの歪みに限らず、身体の歪みは、
防衛本能が原因のひとつと考えられます。

関節になるべく負担をかけないように、
身体を迂回して動かしているわけです。

例えば、

地面に座っていて、そこから立ち上がる時に、
「よいしょ!」と言って、
体をくねらせながら体を持ち上げることがあると思うんですけど、
それですね。

朝、布団から出る時でもいいんですけど、
立ち上がる時って、
まっすぐ垂直には起き上がりませんよね。

おそらく身体は、
もっとも関節や骨や筋肉などに負担をかけないように、
より安全な方法で体を動かしていると思うんです。

本能的に。

それが繰り返されると、
癖になってしまって、
あごや身体の歪みとして定着してしまうのではないでしょうか?

ぼくの場合は、
左右の顎関節の大きさや位置が違っていて、
顎関節になるべく負担や圧迫がないように、
あごが本能的に少しずれてくれているのかなと思います。

あごの歪みの原因

ぼくの場合、
あごの歪みは顎関節の変形や、位置のズレから来ていたようです。

歯並びを部分的に揃えてしまったために、
噛み合わせがズレ、
下あごが奥に引っ込んでしまったことが主な理由。

具体的に説明します。

顎関節は、上の画像のような構造をしています。

上あごの骨の凹んだ空間(下顎窩)に、
下あごの骨の先端(下顎頭)がはまっています。

おそらくぼくの場合は、
あごが後ろに下がった状態が通常になってしまっているので、
顎関節の中心がかなり奥にあり、
形が変わってしまっているのかもしれません。

そのため、
下あごを前に出す時に引っかかったりとか、
元に戻す時にぶつかったりしているようなのです。

顔・表情の歪みの原因

あごを前後に動かす時も、左右で軌跡が違いました。

上の画像のように、
右と左の顎関節の位置や高さが違うようです。

左側が少し持ち上がるよう歪んでいるのが、このグラフから読み取れます。

YouTubeで自分が喋ってるところを観たりすると、
左側が縮んで見えます。

右と左で関節の長さが違うと、
筋肉の引っ張られ方も変わるので、そうなるのだそうです。

この会話をしているときも、まさにそうなっていたらしい。

これまでも、
口元が歪んでる
とか、
顔が引きつってる
とか指摘を受けることがよくあるんですが、
自分ではあまり自覚ができていませんでした。

こうやって、客観的に自分を見てみると、
いろいろなことが分かるし、
その改善方法も見えてきます。

この、あごの歪みの検査、本当にやってよかった。

あごが歪んでいると、どうなるの?

あごの歪みは体調不良につながります。

あごの位置がズレてしまうと、
全身の姿勢にも大きく影響するからです。

詳しく見てみましょう。

あごの歪みを石膏模型で確認

石膏模型で、自分のあごの歪みを確認しました。
自分で自分の歯の模型を見るのは、不思議な感じです。

上の中心が少し左にずれているようです。

唇と歯茎の間、顔の真ん中に、紐のようなものがありますが、
これは小帯(しょうたい)というそうです。

下にも同じように小帯はあり、
上下の小帯自体の位置は合っています。

あごの歪みと歯の関係

この模型は、ぼくの歯型ではありませんが、
あごの傾きと歯の関係がとても分かりやすいです。

黄色いプレートが、
目の高さで顔をスライスした横断面だと考えてください。

黄色いプレートは水平な面なので、
こうして机の下などにプレートを合わせてみると、
あごがどのくらい歪んでいるかがわかります。

左側がかなり上に上がっています。

歯並びだけ見ると、パッと見きれいに並んでいますが、
下の歯を合わせて見ると、
口全体がかなり歪んでいるのがわかります。

あごの歪みは全身に影響する

あごの歪みは、
あごや歯の周りのことだけでは終わりません。

他の身体の歪みやズレにも繋がって、
頭痛や体調不良などの原因にもなります。

なぜなら、
身体はパーツパーツで独立しているわけではなく、
ずべてが繋がって成り立っているからです。

一部分がずれると、全体のバランスを保とうとして、
他の部分にもズレが生まれてきます。

例えば、

あごの上には頭蓋骨が乗っています。
その中には脳があります。

あごの後ろには首・背骨があり、
背骨は骨盤まで繋がっています。

背骨の中には、たくさんの神経が通っています。

あごの位置が歪んだりズレたりすると、
身体のいろいろな場所に、
ひずみが生じます。

あごの歪みは、
偏頭痛や、うつ病などの精神的な不調、
ストレートネックや、肩こり・腰痛、
骨盤のズレ、膝の痛み、
血液の循環、自律神経、
などなど・・・

さまざまな不調や病気に、
影響を与えていると考えられます。

身体は全体でバランスを保っている

積み木を想像してみてください。

一番上に乗っている積み木だけを、ただズラしたらどうなるでしょうか?

おそらく、バランスが崩れて、すべての積み木が倒れてしまうでしょう。

では、倒れないようにすればどうしたらいいか?

上の積み木をズラしたのに伴って、
下の方もちょっとずつ微調整すれば、
ある程度までは、全体のバランスは維持できそうですよね。

だけど、かろうじて均衡を保っている状態なので、
ちょっとした衝撃で、
積み木は崩れてしまうかもしれません。

人間の身体も、この積み木のようなものかもしれません。
細部と全身がお互いバランスをとりながら維持していると思うんです。

なんとかギリギリ、バランスを保てている状態って、
ものすごくストレスになると思いませんか?

あごの歪みはどうやって治すのか?

では、
あごの歪みはどのように治せばいいんでしょうか?

歯列矯正では、まず上あごから治す

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”friendly-smile-face-nurse.png” name=”歯科衛生士さん” ]下あごは、上あごにただぶら下がってるだけなんです。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”ken-face-blog.png” name=”研” ]そうか、上の歯列をまずは正しい噛み合わせにすれば、自然と下の歯もそれに合ってくるんのか。[/speech_bubble]

下あごだけが歪んでいるということはないそうです。

上あごがズレているから、
下あごもそれに合わせてズレてしまう、という関係性のようです。

つまり上を調整すれば、
下は勝手にそれに順応しようとするわけです。

上を直せば、下もその位置に来る。

この模型の場合だと、
上の中心が、右に傾いてしまっているので、
それをまっすぐにしていく、という感じですね。

あごの歪みまで考慮してくれる歯医者さんで治療を行う

歯並びだけでなく、
あごの歪みやズレまで考えてくれる、
信頼できる歯医者さんに診てもらうのはものすごく大事です。

なぜなら、
歯列矯正は、
歯並びのキレイさだけでなく、
あごの歪みや顎関節のズレなども、
深く関係するからです。

ぼくは、
2000年ごろに、
歯を抜いたり削ったりして、
部分的に歯並びをキレイに治したことがありました。

ですがその直後から体調不良に陥ってしまい、
その後約8年間、とても大変な日々を過ごしました。

そのころは、
歯並びやかみ合わせが変わることで、
あごの歪みや、ひいては全身の姿勢や体調にまで影響があるなんて、
まったく考えていなかったし、気にもしていませんでした。

歯並びだけがキレイになればいいと思ってたんです。

歯列矯正は、
歯並びや噛み合わせだけをキレイにするわけではありません。

歯列が変われば、その他の部分も、
その変化は確実に連鎖していきます。

なので、
矯正治療をする際は、
見た目だけでなく、
しっかりとあごの歪みや位置のズレなどにも、
意識を向けている歯医者さんをぜひ探すことをおすすめします。

歯医者さん選びについては、下の記事にまとめていますので、
よかったら参考にしてみてください。

歯列矯正に失敗しないために あごの歪みは要チェックです!【体調不良の原因】まとめ

歯列矯正に失敗しないために、
見た目の歯並びだけでなく、
あごの歪みもぜひ気にしてみてください。

歯並びだけをキレイにしても、
あごの歪みがそのままであれば、
体調不良の原因になりかねないからです。

今回あごの動きの検査をしてみて、

普段は、鏡や自撮りでしか見られないあごの動きが、
グラフやCG、模型などで確認できたのは、
とても新鮮だったし、とても分かりやすかったです。

今回のあごの動きの検査は、下記の歯科医院で行えます。
あごの動きの検査をしてもらった&現在治療中の歯科医院

高度な技術によって「歯を抜かない矯正」をご提供する銀座みゆき通りデンタルクリニック。抜歯せずに歯列矯正をご希望なら、当院にご相談ください。半個室でプライバシーに配慮した院内でリラックスして矯正治療・クリーニング・ホワイトニング・その他治療が受けられます。

おまけ

最後に登場した石膏模型。

上のくるくるが乗っていて、
生クリームみたいでした。

最後は、

「甘いもの食べたいな」

という煩悩だらけだった、という告白で、
あごの歪みのレポートは終わりたいと思います。

ケーキ食べます!

▼今回行なったあごの歪みの検査はYouTubeでもご覧いただけます!
チャンネル登録もぜひ。

関連記事

シェアする

フォローする