顎関節に違和感? あごの動きはこうして調べます[矯正治療前の検査:CADIAX:キャディアックス]歯列矯正の記録010

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正中のケンです。

今回は、
顎関節がどんなふうに動いているかを調べられる機械、

CADIAX:キャディアックス

で、実際にあごを動かして、検査をしてもらいます。
果たしてぼくの顎関節はどうなっているのでしょうか?

結論から言うと、

あごの動きにこんなに意識を向けたことがなかったから、新鮮だった!

あと、

重かった!

あごの動きは実際にどうやって調べるのか?
どのくらいの時間がかかるのか?
検査中、検査後の感想は?

詳しくレポートしたいと思います。

CADIAX:キャディアックス装着の様子はこちら
矯正治療前の検査[あごの動きを調べる:準備]歯列矯正の記録009

顎関節の基本の位置を決める

まずは、基準になるあごの位置を見つけます。

あいうえおの「う」の発音に近い口の形。

「うー」

早速、ダメ出しをもらいました(笑)

「う」を発音するときに、
ついつい下あごが突き出ちゃうんですけど、
逆に引っ込めておきたいようです。

歯科衛生士さんが優しく、ぼくの下あごを押してくれます。

「うーん、難しいなぁ」

意識すると、ギコチナクなってしまいます。

これから行う検査の、顎関節のすべての動きは、
すべてここから始め、この位置に戻します。

いよいよ検査スタート

準備と練習が完了して、検査開始です。
まずは、口を縦に大きく開けていきます。

歯科衛生士さん(以下、衛)
「閉じる時は、後ろに引きながら、歯が当たらないギリギリのところまで戻していってください」

「う」から始まって「う」に戻りました。

顎関節を前後左右に動かす

衛「前にギーっと動かして・・。そして、すとーんと戻していきます」

衛「大きく開けてー・・戻してぇ」

衛「今度は下のあごを左にイーっと動かして・・戻してぇ」



検査中に睡魔に襲われる

想像してみてください。これが淡々と続くんです。

頭に金属の装置を乗っけて、軽い締め付けがあり、
あごにも棒をぶら下げて、
ゆっくりゆっくり、口を開けたり閉じたりするんです。

歯科衛生士さんの優しい声とともに。

だんだん眠気が湧き上がってきて、
意識が半分、空の向こう側に行ってしまいそうです。

朦朧としながらも、非情にも検査は続きます。

衛「一度「う」にして、力を抜いて、上の歯と下の歯、ちょっと離してください」

どうやら動きの検査はこれで終了。

完全にあっちに行ってしまう前に、
なんとか乗り切りました。

下の歯の歯型をとる

衛「基準の位置の状態で、型を一つとっていきます」

薄いグリーンのペーストが下の歯の上に絞られ、
「う」の場所まで歯を噛んでいきます。


「軽く噛み潰して、ここで止めておいてください」
「このままペーストが固まるのを待ちます」

顎関節の中心点をマーキング

ペーストを噛んだまま、歯科衛生士さんの手で、
耳の横についていた、ピンと黒い四角い板が外されていきます。

衛「耳の横に、印をつけていきます」

動きの検査をしていた時、銀色のピンが刺さっていた穴に、
別の尖った棒を入れて、顎関節の回転軸にマーキングをしました。

衛「今、印を打ったところに、顎関節の中心があるんです」

おお。
この印は、この後とても重要な役割を担ってきそうな予感がします。

下あごの装置が外れて、峠は超えました

下の前歯の棒も外していきます。

ふう〜

一番重さを感じていた、
下あごの棒が外れて、
安堵から、ため息が漏れました。

考えてみれば、
下あごというのはどこかに乗っかってるわけではなく、
頭蓋骨にただぶら下がっているだけ。

そこに金属の装置がついていれば、
重力をダイレクトに感じてしまうわけです。

下あごについていた棒が取れて、
ちょっと一安心という感じです。

衛「疲れましたよね?」

研「ちょっと(実は、生まれてから一度も疲れたことはありません)」

歯科衛生士さんが労をねぎらってくれました。

ほとんどの患者さんが、
この検査の後は、ぐったりするようです。

歯型のペーストを外す

さっき下の歯に乗せていた、グリーンのペーストを外します。

キレイに歯型が取れてます。

矯正治療前の検査中、何度も歯型をとっていますが、
これは一体、何に使うんでしょうか?

下の歯の部品を外すのは、歯が取れそうで怖い

下の歯につけていた金属の棒は、
自分で取り外します。

棒を掴み、ギシギシ上下左右へ揺らして。

うわー、なんか歯が抜けそうで怖い。
それだけ、しっかりと頑丈に歯にくっついています。


「歯が折れたり抜けたりはしないので、大丈夫ですよ」
「下から上に持ち上げた方が、痛くないかもしれないです」

お、そうなのか!

パキッ!

言われた通りに下から上に動かしたら、比較的簡単に取れました。
こういうのも、コツがあるんだな。

おー、開放感!

下の歯についていた部品が取れて、
一段と緊張が解けてきました。

小さな部品だけど、
普段つけていないものを身につけた状態というのは、
知らず知らずのうちに、
体を硬直させるのでしょう。

この開放感を味わうだけでも、
この検査をしてみる価値はありますよ!(冗談です)

検査装置フル装備で重いのは、20分間くらい

この顎関節の動きの検査、
装置をフル装備してからここまでで、およそ20分くらいでした。

ぼくの場合は、撮影したり、質問しながらだったので、
通常よりもうちょっとかかりました。

検査はまだもうちょっとあるのですが、
フル装備による重さは、
ここまでくればかなり軽減されていると思います。

途中重さを感じたり、
少し息苦しい感じがあったり、
眠くなったりしました。

あまり動いちゃいけないとか、
検査ということで若干緊張があったりするのも、
疲れを感じる要因かもしれません。

ただ、全然我慢できないような辛さではありませんでした。

顎関節の位置を記録する

最初の方に紹介した、馬の蹄のような道具がここで登場しました。
口の中に入れて、緑色の部分を上の歯に合わせていきます。

衛「ぐーっと噛み締めてください」

動きを調べるのは、もうおしまいのようですが、
あごの位置を記録するという工程が残っているようです。

そのための装置を、先ほどの馬の蹄に取り付けます。
カーボン製らしいので、見た目ほど重さは感じません。

頭にかぶっている検査装置は、下から見るとこんな感じ。
建設中の高層ビルを思い出すのは僕だけでしょうか?

顎関節の動きの検査終了。装置を完全に外します!

全部はずれた〜!

解放・・・

顎関節に違和感?
あごの動きはこうして調べます まとめ

およそ30分くらい(通常は20分くらい)の検査。

こうした装置をかぶるのも、検査自体も、
また、あごの動きにこれだけの意識を向けるのも、
はじめての体験だったので、
とても有意義な時間でした。

あ、おれはこんな風に口を開けたり閉じたりしてるんだと。

この後、検査の結果も見られるそうなので、それもすごく楽しみ。

あとは、
人は重さで眠くなるのだな、と発見した(笑)

ヨガの練習や、仮眠をするときなどに、
目の上にアイピロー(手のひらサイズの砂袋のようなもの)を乗せて、
横になることがあります。

適度な重さが、目の周りにある副交感神経を刺激して、
体をリラックスさせるのですが、
今回の検査でも、
この装置の重さがそういうふうに働いたのかもしれません。

心地よい、というにはかなり重すぎましたが、
同時に睡魔に襲われて眠くなるという、
不思議な体験をしました。

これで顎関節の動きの計測は終わったので、
この後、結果を聞きます。

つづく

▼ YouTubeでもご覧いただけます! チャンネル登録もぜひ。

関連記事

シェアする

フォローする