【歯列矯正】ゴムかけで歯が動く仕組み【強さ×方向×時間】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正で、ゴムかけが始まったんだけど、仕組みがよく分からない・・
ゴムかけって、どんな仕組みで歯を動かしてるの?

こんな疑問はありませんか?

この記事では、
ゴムかけで歯が動く仕組み
について詳しく解説します。

筆者のケンは、
2018年4月から歯列矯正をしています。

上下とも表側のワイヤー矯正です。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や健康に関する情報を発信しています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする

【歯列矯正】ゴムかけで歯が動く仕組み【強さ×方向×時間】

結論から言うと、
ゴムかけで歯を動かす仕組みは、
とてもシンプルで、

歯列矯正ゴムかけの仕組み = ゴムの強さ × ゴムの向き × ゴムをかけている時間

で表せると思います。

ぼくは歯医者さんではないので、
専門的には、
もっと他の要素もあるかも知れませんが、

1年以上ゴムかけを続けた経験上、
こうした仕組みによって歯が動いている、
と感じています。

● 参考記事

歯列矯正をするとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では歯列矯正をはじめて1年経過して、どんな変化が起こったのかを、実例と画像を用いて詳しく解説しています。歯列矯正をするとどんな変化が起こるのか知りたい方、歯列矯正を始めたい人は必見です。

ゴムかけって、何のためにするの?

そもそもなぜ、
ゴムかけをするのかというと、

主には、
・歯を動かしたい方向へ動かすため
・ワイヤーだけでは動かせないのを、ゴムかけで補うため
などが挙げられると思います。

ぼくがゴムかけを始めたのは、
2度目の調整日から。

● 参考記事

歯列矯正の調整日にどんなことをするのか知りたいですか?この記事では、月に一度の調整日に行うこと、その流れ、注意点やポイントなどを詳しく解説しています。歯列矯正を始めたいけど、調整日ってなに?調整日にいったい何をするの?という疑問がある方必見です。

もともと歯のアーチが狭いため、
歯全体が前に傾くように生えていました。

その前傾した歯を、
まっすぐに引き起こすために、
ゴムかけの仕組みを利用しているようです。

● 参考記事

歯列矯正で出っ歯がどう変化するか知りたいですか?この記事では歯列矯正で出っ歯が変化した様子、出っ歯だけ治すことはできる?といったことを画像と体験談をもとに詳しく解説しています。出っ歯がコンプレックスなので歯列矯正で治したいという方必見です。

歯列矯正のゴムかけの仕組み|どうやって歯を動かしてるの?

どんなゴムをどこにかけるか、というのは、
人によって、
治療の進み具合によって、
変わってくるようです。

それぞれで、
動かしたい歯や方向が、
まったく異なるからです。

● 参考記事

顔や口の歪みが歯列矯正でどう治るか知りたいですか?この記事では歯列矯正前と1年間記録を比較して、顔や口元の歪みの変化をピックアップ、動画や画像を用いて詳しく解説しています。顔や口の歪みは歯列矯正で治るの?と疑問に思っている方は必見です。

例えば、ぼくの場合。

ゴムかけを開始した当初は、

上:前から2番目
下:前から2番目

のループにゴムかけしていました。

それが途中から、上の図のように、

上:前から2番目
下:前から番目

と、下の歯の場所が、
ひとつ奥にズレました。

● ゴムかけの場所を変えた時の動画

ゴムかけする場所が変わると、
歯の動き方も変わります。

それぞれ、どのような仕組みで歯が動くのか、
順番に解説します。

ゴムかけの仕組み[上2番目・下2番目]の場合

歯列矯正|ゴムかけの仕組み[上2番目・下2番目]の場合
図解:[上2番目・下2番目]のゴムかけの仕組み

上2番目・下2番目にゴムかけをすると、
上の図のように、

下の歯が後ろに引っ張られる

という仕組みが働きます。

ぼくの歯は、
全体的に前に傾くように生えていました。

特に下の歯は顕著でした。

そのため、
このような仕組みでゴムかけをして、
それらの歯を垂直に引き起こしていたようです。

そのおかげもあって、
下の歯並びは、
1年間でとてもキレイに揃ってきました。

● 参考記事

歯列矯正の歯並びの変化を写真で見たいですか?この記事では、歯列矯正1年間で歯並びがどんなふうに変化したかを、実際の写真で比較し、くわしく解説しています。歯列矯正をしたいけど、歯並びはどんなふうに変化するの?写真で知りたいという方は必見です。

ゴムかけの仕組み[上2番目・下3番目]の場合

歯列矯正|ゴムかけの仕組み[上2番目・下3番目]の場合
図解:[上2番目・下3番目]のゴムかけの仕組み

上の歯は2番目のまま、
下の歯が3番目に変わると、
ゴムかけの仕組みはどうなるか?

結論から言うと、今度は、

下あごが前に引っ張られる

ような仕組みに変わります。

さっきとは、
ゴムかけしている場所の位置関係が、
上下で逆になるからです。

  
奥に入り込んでいる下あごを   →   前に引き出す

この場合は、
歯を動かすためではなく、
下あごを前に出す目的があるようです。

なぜなら、ぼくの下あごは、
本来の位置よりも、
奥に引っ込んでしまっていたからです。

● 参考記事

「犬歯が当たるので削りたい」と思っていませんか?この記事では、犬歯が上の歯と当たる原因、犬歯を削るとどうなるのか?犬歯が当たる場合にどう治したらいいのか?などについて詳しく解説しています。犬歯が当たるので削りたい!と思っている方は必見です。
正しい顎の位置がわからない・・という悩みはありませんか?この記事では正しい顎の位置がわからなくなる原因、歯列矯正で改善した理由、顎の位置が正しくなって良かったことなどを、体験談をもとに詳しく解説しています。顎の位置がわからないで悩んでいる肩必見です。

このゴムかけの位置変更によって、
奥に下がった下あごが、
正しい位置に戻ってきました。

噛み合わせやフェイスラインも、
大きく改善されました。

● 参考記事

噛み合わせが悪いとどうして良くないか?噛み合わせが良くなるとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが良くなったことで、不調がどう改善し変化したかを詳しく解説しています。噛み合わせが悪いの何とかしたい方必見です。
歯列矯正で横顔がどう変化するか知りたいですか?この記事では歯列矯正前と1年経過後の写真を比較して、フェイスラインがどう変化したか?その理由や方法、注意点などを詳しく解説しています。横顔・フェイスラインを歯列矯正でなんとかしたいという方必見です。

ゴムかけする場所が1つ変わるだけで、
これだけ仕組みが、
大きく変わってくるものなんですね。

【歯列矯正】ゴムかけで歯が動く仕組み【強さ×方向×時間】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

歯列矯正のゴムかけで歯が動く仕組み
= ゴムの強さ × ゴムの向き × ゴムをかけている時間

なんのためにゴムかけするのか?
・歯を動かしたい方向へ動かすため
・ワイヤーだけでは動かせないのを、ゴムかけで補う

ゴムかけする場所が変わると、動き方の仕組みも変わる

以上、
【歯列矯正】ゴムかけで歯が動く仕組み【強さ×方向×時間】
というテーマで解説をしました。

最後までお読みいただき、ありがとございました。

● マルチループワイヤーで歯が動く仕組み

マルチループワイヤーによる歯列矯正について知りたいですか?この記事では、マルチループワイヤーで歯が動く仕組みや使用する目的、装着方法や痛み、装着後の感想などについて詳しく解説しています。マルチループワイヤーって何?という疑問を解消します。

● 矯正装置(ブラケット)を歯に装着した時の様子

歯列矯正の装置(ブラケット) をどうやって装着するのか知りたいですか?この記事では、矯正装置を歯につけた時の様子、装置の種類や装着の手順、装着後の感想や注意点などを、詳しく解説しています。歯列矯正の装置の種類や手順について知りたい方必見です。

● ワイヤーをブラケット(矯正装置)に取り付ける仕組み

噛み合わせが悪いとどうして良くないか?噛み合わせが良くなるとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが良くなったことで、不調がどう改善し変化したかを詳しく解説しています。噛み合わせが悪いの何とかしたい方必見です。
関連記事

シェアする

フォローする