【歯列矯正】失敗する原因を画像で解説【失敗して分かった注意点】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正を始めたいけど、失敗しないかとても不安・・
矯正治療中だけど、失敗してしまった・・

と悩んではいませんか?

この記事では、

失敗してしまうとどうなるの?
自分の失敗って、どの程度のもの?
歯列矯正に失敗しないためには、どうしたらいいの?

など、
実際の失敗の経験談と画像をもとに、
詳しく解説をします。

筆者のケンは過去に、
安く簡単に歯並びを治そうとして、
失敗をしてしまった経験があります・・苦笑

今でいう、
セラミック矯正、クイック矯正と呼ばれる方法で、
上の前歯だけをキレイに直したんです。

ですがその後約8年くらい、
体調不良に悩まされて大変な思いをしました。

その失敗の経験をもとにして、
現在は、信頼できる歯医者さんのもとで、
上下とも表側のワイヤー矯正を行い、
順調に治療が進んでいます。

過去の失敗経験や現在の歯列矯正の様子は、
YouTubeやTwitterなどでも、発信しています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする

【歯列矯正】失敗する原因を画像で解説【失敗して分かった注意点】

結論から言うと、
ぼくが矯正に失敗した原因は、
主に以下の3つです。

失敗の原因① 歯並びを一部分だけ揃えてしまった
失敗の原因② 犬歯の先端を削ってしまった
失敗の原因③ 歯を片側だけ抜いてしまった

歯列矯正に失敗しないために、
どうしたらいいのか?

ぼくの例を取り上げながら、
画像とともに、
順番に解説していきます。

失敗の原因① 歯並びを一部分だけ揃える

一部分だけ歯並びをキレイにするのは、
失敗の原因になる可能性があります。

なぜなら、
全体の噛み合わせがズレてしまったり、
下あごの位置や身体に歪みが、
生じることもあるからです。

具体的に、
ぼくの失敗例をお話しします。

上の画像は、ぼくの歯の写真です。

左側の上の前歯3本が、他の歯と色が違いますよね。

ブリッジという手法、
今でいうセラミック矯正、クイック矯正と呼ばれるような方法で、
差し歯にしたためです。

真ん中の歯を抜いて、
両脇の歯を削り、
3本つながった差し歯をはめました。

● 参考記事

セラミック矯正をおすすめしない理由を知りたいですか?この記事では、実際にセラミック矯正を行い、その後噛み合わせやあごの位置がずれ、体調不良に陥った経験を詳しく解説しています。セラミック矯正に興味があるけど何か不安・・という方は必見です。

ぼくは子どもの頃から歯並びが悪く、
それがずっとコンプレックスでした。

いつか歯列矯正をしたいと思っていましたが、
ワイヤー矯正は時間もお金もかかるので、
諦めていました。

ところが、
ブリッジという手法なら、
半分以下の期間と費用で済むよと勧められて、
その方法で歯並びをキレイにしました。

パッと見の歯並びはとてもキレイになりましたよ。

時間もお金も節約できてラッキー!

と思ってました。

ところが・・・

一部分だけ歯並びを変えたことで、
噛み合わせが変わってしまったようでした。

次第に、
身体や精神的な不調を感じるようになり、
最終的には、
仕事が続けられないくらいにまでになってしまったんです。

● 参考記事

歯列矯正に失敗しない、噛み合わせが悪くならない方法を知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが悪くなってしまう原因や、その解決法について、私の失敗経験から詳しく解説します。歯列矯正で噛み合わせが悪くなってしまった方や不安な方は必見です。

完全に回復するまでに要した時間は、
約8年間。

歯列矯正にかかる時間を惜しんだばっかりに、
その何倍もの期間を、
辛い不調を抱えながら過ごすはめになる・・

そんな失敗をしてしまいました。

● 参考記事

歯列矯正を安いや早いで選ぶと失敗するかどうか、知りたいですか?この記事では、ぼく自身が「安い・早い」を理由に手っ取り早く歯並びをキレイにしようとして大失敗した経験と、どうしたら失敗しないかについて詳しく解説します。歯列矯正を成功させたい人は必見です。
不定愁訴でお悩みですか?この記事では歯列矯正が不定愁訴の改善に役立つ理由と具体例、歯列矯正以外に体調不良の改善に効果のあった方法、などを体験談をもとに詳しく解説しています。不定愁訴や体調不良にお悩みの方、歯列矯正を検討している方は必見です。

失敗の原因② 犬歯の先端を削る

歯列矯正の失敗の原因② 犬歯の先端を削ってしまった

失敗の原因として考えられること、
2つ目は、

上の画像のように、
犬歯の尖った先端を削ってしまったことです。

画像の赤丸の部分、
犬歯の先端が平らになっているのが分かるでしょうか?

前述したように、
ぼくは上の前歯だけをキレイに揃えました。

すると、
上の歯と下の歯が、
ぶつかるようになってしまいました。

そのことを歯医者さんに告げると、

「じゃあ下のぶつかってるところを削ってあげる」

と言って、
犬歯の尖ったところを躊躇なく削り落としてくれました。

これで上の歯と下の歯は、もう当たることはなくなりました!
めでたし、めでたし・・・

とは行きませんでした。

● 参考記事

犬歯を削るとどうなるのか?大丈夫かどうか知りたいですか?この記事では実際に犬歯を削った理由と経緯、犬歯を削ったらどうなったのか?などを詳しく解説しています。犬歯を削ると言われた。犬歯を削ろうかどうか迷っているという方は必見です。

確かに、歯は当たらなくなりましたよ。

ですが、
犬歯が尖っているのには理由があります。

犬歯がなぜ尖っているかというと、
ストッパーのように、
あごの位置を固定するためです。

また、
犬歯誘導といって、
あごを左右に動かす際のガイドの役割も担っています。

それを削り落としたら、
当然その機能は果たせなくなります。

そして、
ぼくの下あごはスルスルと奥に下がっていっていきました。

首の神経にも負担がかかり、
体調不良にまで至ってしまった・・

というのが第2の失敗です。

● 参考記事

「犬歯が当たるので削りたい」と思っていませんか?この記事では、犬歯が上の歯と当たる原因、犬歯を削るとどうなるのか?犬歯が当たる場合にどう治したらいいのか?などについて詳しく解説しています。犬歯が当たるので削りたい!と思っている方は必見です。

削ってしまった犬歯を、復元してもらっているところ

この削ってしまった犬歯は、
現在の歯列矯正治療の一環として、
先端を復活してもらいました。

画像の矢印の部分。

丈夫な樹脂を使って、
歯の形を整えてもらったおかげで、
あごの位置や動きをガイドする役目も、
戻ってきました。

犬歯を継ぎ足した時の様子は、動画にもしてあります。

失敗の原因③ 歯を片側だけ抜く

【歯列矯正の記録】失敗の原因③ 歯を片側だけ抜く

歯を、片側だけ抜いてしまうのも、
失敗につながる恐れがあります。

理由は、
噛み合わせが不完全になってしまうからです。

上の画像は、
実際のぼくの歯型です。

対になっている歯を線で結んでみました。

左右で、
奥行きや歯の位置が全然違うことが分かると思います。

左右の歯並びが違う理由は主に2つあります。

左右の歯並びが違う理由① 小臼歯(前から5番目の歯)

左右で歯列の奥行きが違う理由は、
小臼歯(前から5番目の歯)
です。

右側だけ抜いてしまっているんです。

この歯は、
子どもの頃から一本だけ内側に向いていて、
完全に歯列から外れて生えていました。

下に当たってすごく気になっていたし、
歯みがきもしづらく、ボロボロになっていたので、
思い切って抜歯をしました。

今思うと、これも失敗でしたね。

5番目の歯は、
反対側には残っているため、
左右で噛み合わせがズレてしまいました。

● 参考記事

二重の歯並びでお悩みですか?この記事では子供のころから歯並びが二重だった筆者が、その歯を抜いた結果どうなったか?現在の歯列矯正にどういう影響があるか?どうして歯並びが2列になるのか?などを詳しく解説します。二重の歯並びで悩んでいる方必見です。

左右の歯並びが違う理由② 親知らず

左右の歯並びが違う理由② 親知らず

左右で奥行きが違うもう一つの理由は、
親知らず
です。

上の画像の、矯正前の模型を見てください。

右下の親知らずだけが、一本残っているんです。
その他の3本は抜きました。

一本だけ残してしまったのは、
失敗だったかもしれません。

● 参考記事

親知らずは抜くべきか、抜かない方がいいのか、悩んでいませんか?この記事では、親知らずを片方だけ残して抜いた体験談、その結果噛み合わせや顎が歪んだ理由、改善方法などについて詳しく解説をしています。親知らずの抜歯について迷っている方は必見です。

なぜこれが失敗だったかというと、
歯列の高さが左右で変わってしまったからです。

口の歪みの原因|奥歯のせり上がり

上の画像、
左側にあるのが歯列矯正前の歯の模型です。

画像の奥の歯が、
高く飛び出ているのが分かります。

親知らずが、
下あごの奥のせり上がったところに生えているためです。

反対側には親知らずがないので、
左右でこれだけ高低差が生まれてしまったんです。

すると当然、
この画像のように、
歯の高い方だけが先に当たってしまいます。

そのため、
歯全体でしっかり噛むことができず、
あごの位置にも歪みが生じてしまったみたいです。

● 参考記事

歯列矯正で顔や口の歪みを改善したい!そんな願望がありませんか?この記事では歯列矯正前に撮影した顔写真を元に、顔や口の歪みがどうなっているのか?原因は?改善法は?といったことについて、詳しく解説しています。顔や口の歪みをなんとかしたいという人は必見です。
歯列矯正に失敗しないためにどうしたらいいか知りたいですか?この記事では、歯列矯正に失敗しないために、なぜあごの歪みが大切なのか?体調不良との関係。あごの歪みはどこで調べられるのか?について詳しく解説します。歯列矯正で体調不良が心配な方は必見です。

片側だけ歯を抜いてしまうと、
失敗する可能性があるのは、
こうした理由からです。


ぼくが現在行なっている歯列矯正の方法は、
非抜歯矯正というものです。

歯を抜かずに矯正を行うやり方です。

お話ししたような失敗の経験があるため、
もう健康な歯な、
できることなら抜きたくないと思ったからです。

● 参考記事

非抜歯の歯列矯正について知りたいですか?この記事では、現在歯列矯正中のぼくが何故非抜歯矯正を選んだのか?なぜもう健康な歯は抜きたいくないと考えているのかを、体験談をもとに詳しく解説しています。非抜歯での歯列矯正を考えている方は必見です。

歯列を広げたり、
歯を奥に動かしたり、
歯を引き上げたりすることで、
噛み合わせ全体が、
とてもしっかりとしてきました。

矯正前には、
一部分でしか噛み合えていなかったのが、
歯全体で噛めるようになってきています。

● 参考記事

噛み合わせが悪いとどうして良くないか?噛み合わせが良くなるとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが良くなったことで、不調がどう改善し変化したかを詳しく解説しています。噛み合わせが悪いの何とかしたい方必見です。
ストレスと噛み合わせの関係について知りたいですか?この記事では、歯列矯正を始めて噛み合わせが改善したことで、それまであったストレスや不調がどう変化したかを体験談をもとに詳しく解説しています。噛み合わせがストレスの原因?と感じている方必見です。

歯列矯正前と歯列矯正1年経過後の横顔の比較写真

噛み合わせが改善されてきたことで、
下あごも正しい位置に戻ってきました。

結果、
上の画像のように、
フェイスラインも変わりました。

● 参考記事

正しい顎の位置がわからない・・という悩みはありませんか?この記事では正しい顎の位置がわからなくなる原因、歯列矯正で改善した理由、顎の位置が正しくなって良かったことなどを、体験談をもとに詳しく解説しています。顎の位置がわからないで悩んでいる肩必見です。
歯列矯正で横顔がどう変化するか知りたいですか?この記事では歯列矯正前と1年経過後の写真を比較して、フェイスラインがどう変化したか?その理由や方法、注意点などを詳しく解説しています。横顔・フェイスラインを歯列矯正でなんとかしたいという方必見です。

歯列矯正を行うには、
年齢的にも難しいのかな、と思っていましたが、
大きな失敗もなく順調に治療が行えています。

● 参考記事

大人の歯列矯正は期間が長くかかる・・と思っていませんか?この記事では大人の歯列矯正は期間はどのくらいかかるのか?何歳までの期間可能なのか?歯列矯正の期間に関しての注意点などを詳しく解説しています。大人だけど歯列矯正したい!という方必見です。

歯列矯正に失敗しないために

では、
歯列矯正に失敗しないためには、
いったいどうしたらいいんでしょうか?

結論から言うと、

歯列矯正に失敗しないためには、
信頼できる、自分と価値観の合った歯医者さんを選ぶこと

これに尽きると思います。

なぜなら、他のあらゆる職種と同じように、
技術や経験の差はどうしたってありますし、
考え方も人それぞれだからです。

実を言うと、先にあげたぼくの失敗の数々は、
すべて同じ歯医者さんで治療したものでした。

今から10年以上前のことです。

その歯医者さんを悪く言うつもりもないですし、
恨んでもいません。

その歯医者さんを選んだのはぼく自身だからです。

● 参考記事

なぜ歯列矯正に失敗してしまうのか、その原因が知りたいですか?この記事では歯列矯正に失敗しないために、気をつけておくべきポイントを5つあげて、詳しく解説しています。これから歯列矯正をしたいと考えている方。歯列矯正中だけど失敗しちゃったかも、という方必見です。

ぼくは、失敗を通していろんなことを学びましたが、
みなさんはできる限り、
必要のない失敗はしない方がよいでしょう。

ぼくの失敗経験が少しでも役に立てばと思い、
このブログを書いています。

失敗は避けることができますし、
自分の身は自分で守ることができます。

失敗しない歯医者さん選びについては、
下の記事にまとめたので、参考にしてみてください。

● 参考記事

歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。

【歯列矯正】失敗する原因を画像で解説【失敗して分かった注意点】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

【歯列矯正】失敗する原因を画像で解説【失敗して分かった注意点】

ぼくの失敗の原因3つ
 失敗の原因① 歯並びを一部分だけ揃える
・噛み合わせがズレてしまった

 失敗の原因② 犬歯の先端を削る
・下あごの位置が奥へ下がってしまった

 失敗の原因③ 歯を片側だけ抜く
・噛み合わせが左右で不揃いに
・歯の高さが左右で違ってしまった

歯列矯正に失敗しないために
 ・信頼できる歯医者さんを選ぶ
・自分と同じ価値観の歯医者さんを選ぶ

以上、
【歯列矯正】失敗する原因を画像で解説【失敗して分かった注意点】
というテーマで解説をしました。

失敗の事例を知り、
要因を避けることで、
失敗の可能性は回避することができると思います。

焦らずじっくり歯列矯正に向き合って、
素晴らしい毎日をお過ごしください!

● 歯列矯正に失敗した・・と諦めている方

歯列矯正に失敗してもやり直しができるかどうか知りたいですか?この記事では歯列矯正に失敗してしまう理由、やり直しの方法や注意点を、自身の失敗体験から詳しく解説しています。歯列矯正をしたいけど失敗が怖い、矯正治療に失敗してやり直しができるかどうか不安な方は必見です。

● 歯列矯正は年齢が高いと失敗する? と思われている方

40代で歯列矯正すると失敗しやすい・・そんな不安はありませんか?この記事では「40代の歯列矯正=失敗」というイメージに対し、自身の矯正経験を元に詳しく解説しています。40代だけど歯列矯正したい!失敗しないかどうか不安・・という方は必見です。

● 差し歯があるから歯列矯正できない・・と諦めている方

歯列矯正は差し歯やブリッジがあってもできるのか?そんな疑問はありませんか?この記事では、差し歯やブリッジがある場合の歯列矯正の体験を、動画と画像を用いて詳しく説明します。差し歯やブリッジがあるけど歯列矯正したいという方は必見です。
関連記事

シェアする

フォローする