【歯列矯正中の歯磨きのやり方】歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス【動画有】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正を始めようと思っているけど、歯磨きってどうするの?
歯列矯正中だけど、歯磨き面倒でけっこうサボっちゃう・・

こんな疑問や悩みはありませんか?

この記事では、
歯列矯正中の正しい歯磨きのやり方
歯ブラシや歯磨き道具の選び方
などを歯科衛生士さんに教えてもらったので、
詳しく解説をします。

筆者のケンは、
現在歯列矯正中です。

上下とも表側のワイヤー矯正です。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や健康に関する情報を発信しています。

役に立ちそうと思ったら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする

【歯列矯正中の歯磨きのやり方】歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス【動画有】

結論から言うと、
歯列矯正中の歯磨きはにはちょっとしたコツがあります。

装置やワイヤーの隙間に汚れが溜まりやすいので、
そこに気をつけながら歯磨きする必要があるからです。

歯列矯正中、汚れが溜まりやすい場所

歯列矯正中に汚れがたまりやすいのは、

・装置の周り
・装置と歯の境目
・ワイヤーの下の部分(ワイヤーと歯茎の間)

です。

矯正装置は、
やや歯茎に近い位置についています。

なので、そこに汚れが溜まると、
歯茎が腫れたりや炎症を起こしやすいですし、
そこから虫歯になる可能性もあります。

ですので、
上に挙げた部分を念入りに、
歯磨きすると良いです。

● 参考記事

矯正治療中に虫歯になったらどうするのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正中に虫歯が見つかった経緯、虫歯治療の様子と方法、虫歯にならないために気をつけたいこと、などを体験をもとに詳しく解説しています。歯列矯正中の虫歯が不安な方は必見です。

歯ブラシや道具の選び方&歯磨きのやり方

歯磨きの道具はいろいろな種類がありますが、
歯列矯正中に使用するのであれば、
以下のようなものがおすすめです。

それぞれ選ぶポイントと、
歯磨きのやり方を教えてもらったので、
合わせて解説します。

歯ブラシ

歯列矯正中の歯磨きは、
細い歯ブラシを使うと良いそうです。

太い歯ブラシだと、
装置やワイヤーの隙間などにブラシが届きにくいからです。

先が2列の歯ブラシ

ブラシ部分が2列のものがおすすめです。

歯の表面に寝かせるように歯を磨くと、
高さがちょうど歯とワイヤーの隙間の幅になるからです。

ドラッグストアやスーパーマーケットでは、
2列の歯ブラシを置いているのは稀なので、
歯医者さんで購入するのが良いと思います。

通販でも購入できます。

歯磨きのやり方は、

・汚れが溜まりやすい装置の下から磨く
・ブラシの先端を当てて磨く
・その後、装置の上からも同じように磨く

と良いようです。

ブラシの角も使って磨くと、
より細かい部分まで磨くことができます。

感覚で磨くと磨き残しができやすいので、
鏡を見ながら歯磨きするのがおすすめです。

文字だとちょっと分かりづらいと思うので、
ぜひ動画を見てみてください。

ワンタフトブラシ(先端が)

ワンタフトと呼ばれる、
先端が棒状になっている歯ブラシも、
歯列矯正中の歯磨きにはおすすめです。

歯ブラシでは磨けないような、
狭い隙間やコーナーにもブラシが届いて、
磨き残しが防げます。

これも、
ドラッグストアやスーパーでは置いていないところが多いので、
歯医者さんや通販を利用すると良いと思います。

歯磨きのやり方は、

・歯の側面や上部に当て、細かく動かすように磨く
・ブラシの先端は、歯茎から歯の方へ向けて磨く
・ブラシの先端を歯茎に向けると、傷つけやすいので注意

歯茎には歯ブラシの横の面が当たるようにすると、
歯茎にもやさしく歯磨きできるようです。

● 動画で見る|1:09からワンタフトブラシの説明が始まります

【YouTube】歯列矯正中の歯の磨き方歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス

歯間ブラシ

歯間ブラシも、
歯列矯正中の歯磨きに欠かせないアイテムです。

細い歯ブラシでさえも届かないところも、
磨くことができるからです。

歯間ブラシは、
本来は歯と歯の隙間を磨くものですが、
装置と歯、装置とワイヤーの間を磨くように使います。

歯ブラシでは磨けないところまで、
細かく磨けます。

もちろん、
通常の使い方として、
歯と歯の間をキレイにするためにも使います。

● 動画で見る|1:52から歯間ブラシの説明が始まります

【YouTube】歯列矯正中の歯の磨き方歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス

デンタルフロス

デンタルフロスは、
歯列矯正中にはちょっと使いにくいです。

ワイヤーが歯と歯の間を横切るように通っているので、
フロスを通しにくいからです。

とはいえ、
まったく使えないわけではありません。

一度ワイヤーの下にフロスを通すと、
歯と歯の間を磨くことができます。

● 動画で見る|2:18からデンタルフロスの説明が始まります

【YouTube】歯列矯正中の歯の磨き方歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス

歯磨きする時間がない場合

いつもいつも、
こんなに丁寧に時間をかけて、
歯磨きできるとは限らない・・

という声もあると思います。

ほんとそうなんですよね。

特に外出時や外食した後など、
歯列矯正中の歯磨きって本当に大変です。

そんな場合は、
水やお茶で口の中をひたすらブクブクして、
歯の汚れを取るようにしています。

そして、
時間ができた時に歯磨きする、
という方法を取っています。

詳しくはこちらの記事に書きました。

● 参考記事

歯列矯正中、外出時や外食後に歯磨きできない時どうしていますか?この記事では、外出時に歯磨きできない時の対処法、持ち歩き用歯磨きセットの紹介、外食時の歯磨きの仕方などを詳しく解説しています。歯列矯正中、外出や外食時の歯磨きにお困りの方必見です。

【歯列矯正中の歯磨きのやり方】歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス【動画有】まとめ

もう一度、記事の内容をまとめてみます。

歯列矯正中の歯磨きのポイント

汚れが溜まりやすい場所を重点的に
・装置と歯の境目
・ワイヤーの下

歯磨き道具の選び方&使い方
・2列の歯ブラシ、ワンタフトブラシがおすすめ
・歯間ブラシは歯ブラシがわりに使う
・デンタルフロスも工夫すれば使える

注意点
・歯茎を傷つけないように注意

以上、
【歯列矯正中の歯磨きのやり方】歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス【動画有】
というテーマで解説しました。

歯列矯正中は歯や装置に汚れが溜まりやすいので、
歯磨き道具をうまく駆使して、
常にキレイな状態に保っておきたいですね。

快適な歯列矯正ライフを!

● 記事の内容は動画でもご覧いただけます

YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする