【歯列矯正】歯型取りのやり方・回数・時間【体験談】

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正するときも歯型取りってするの?
歯型取りのやり方や、回数や時間は?
オエっとなるから苦手だな・・・

そんな疑問や不安はありませんか?

この記事では、

歯列矯正前の歯型取りのやり方
歯型取りの回数やかかった時間
歯型取りが必要な理由

などを、
体験談をもとに詳しく解説いたします。

筆者のケンは、
現在歯列矯正中。

上下とも表側のワイヤー矯正です。

2018年4月に装置とワイヤーがついて、
この歯型取りはその2ヶ月前くらいに行いました。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や健康についての情報を発信しています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする

【歯列矯正】歯型取りのやり方・回数・時間【体験談】

歯列矯正前の検査の一環として、
歯型取りを行いました。

歯型を元に石膏模型を作り、
立体的に歯並びや噛み合わせを把握するためのようです。

● 歯列矯正前の検査は他にもいろいろ行いました

歯列矯正前のレントゲン検査で何が分かるのか知りたいですか?この記事では、レントゲン検査の様子や流れ、検査の結果分かった①顎関節の変形、②顔の歪み、③歯の傾き、などについて詳しく解説しています。歯列矯正前のレントゲン検査について知りたい方必見です。
歯列矯正に失敗しないためにどうしたらいいか知りたいですか?この記事では、歯列矯正に失敗しないために、なぜあごの歪みが大切なのか?体調不良との関係。あごの歪みはどこで調べられるのか?について詳しく解説します。歯列矯正で体調不良が心配な方は必見です。

歯型とりの道具

歯型とりの道具

歯科衛生士さんが、
金属の道具をいくつか持ってやってきました。

馬の蹄(ひづめ)のようなものに、
取っ手がついているような形状です。

ここにペーストを充填し、
歯にかぶせて歯型取りをするようです。

大きさや形状はいくつか種類があって、
その人に合った大きさのものを選ぶようです。

「もっと小さいのから、もっと大きのまでいろいろありますよ」

と歯科衛生士さん。

歯型取りのやり方

歯型取りのやり方1

歯型取りのやり方2

「つばを一回飲み込んでください」

ヘラのようなもので、
ピンク色のクリームを歯に塗り始めました。

なんかケーキのスポンジになったような気分です。

甘いクリームで、
デコレーションされていく感じ。

いきなり歯に型を被せるのではなく、
まずは歯の方に少しペーストを塗っておくようです。

そうすることで、
より正確な歯型取りができるようです。

ペーストのたっぷり乗った先ほどの金属の型を、
まずは下の歯にかぶせていきます。

第一印象は、
冷たくて気持ちいい!

この歯型取り用のペースト、
冷蔵庫の中で保管されていたんでしょうか?

ひんやりとした感触が、
歯や歯茎、口の中に伝わっていきます。

「ベロを一回上に持ち上げてください」

「唇の力を抜いていてくださいね」

型を少し揺らしながら、
なるべく歯が型の真ん中にくるように調整しています。

唇を引っ張って型に被せるようにして、
なるべく歯茎の方まで歯型が取れるようにしていきます。

歯型の外し方

歯型を外すときは、
手だけではなかなか外れないようです。

かなり強力に固まっているからです。

機械を使って、
歯と歯型の間に空気を送り込みながら、
空間を作って剥がしていきました。

歯型をグラグラ揺らしながら、
ちょっとずつちょっとずつ・・・

空気で口の中がめくれるようで、
なんか不思議な感覚でした。

歯型の外し方

最後はカポッ!と音をたてて外れました。

歯型取りにかかった時間

歯型取りにかかった時間

今回の歯型取り、
時間はなんと3分もかかりませんでした。

え!? もう外しちゃっていいの?って感じ。

技術が進んで、
型取り用のペーストも、
早く固まるように進化してきているからかもしれません。

これまでの人生で、
歯医者さんで歯型取りをする、という経験は何度かありますが、
いずれも、
けっこうな時間がかかっていました。

あごが疲れてきたり、
つばが溜まってくるので、
すこし大変だな、と思っていました。

今回の歯型取りは、
そうした大変さはほとんど感じませんでした。

歯型取りは進化している

聞く話によると、
この型取りが苦手な人はとても多いようですね。

オエッとなってしまうようです。

幸い、ぼくはオエっとなることはなのですが、

そうした方々にとっては、
歯型取りの時間が短くなるのは、
朗報かもしれませんね。

● デジタルスキャンでの歯型取りだと、オエっとなりにくいです

歯列矯正前の自分の歯型

歯列矯正前の自分の歯型

外した歯型を見せてもらいました。

下の歯型がくっきりととれてます。

こうやって、
歯型として自分の歯を見る機会はあまりないので、
とても新鮮です。

こんな歯並びしてるんだなあ、おれ。

● 参考記事

歯列矯正の歯並びの変化を写真で見たいですか?この記事では、歯列矯正1年間で歯並びがどんなふうに変化したかを、実際の写真で比較し、くわしく解説しています。歯列矯正をしたいけど、歯並びはどんなふうに変化するの?写真で知りたいという方は必見です。
歯列矯正で出っ歯がどう変化するか知りたいですか?このブログでは、歯列矯正1年間で出っ歯がどんなふうに治ったのかを、比較画像や体験談を用いてくわしく解説しています。出っ歯がコンプレックス…出っ歯を歯列矯正で治したい…という悩みのある方必見です

歯型取りの回数

歯型取りの回数

「もう一つ、下の歯型を取りますね」

(へ!?)

2回も取るんだ?と思い、
理由を聞いてみました。

「2回取るのは、なぜなんですか?」

・1つは、今の状態の歯並びを記録として残しておくため。
・もう1つは、理想の歯並びの模型(セットアップ)を作るため。

なのだそうです。

後日撮影した写真がこちらです。

● 歯列矯正前の歯の模型

歯列矯正前の歯の模型

● 歯列矯正後の理想の歯の模型(セットアップ)

歯列矯正後の理想の歯の模型(セットアップ)

歯列矯正前と後の模型を、
見比べて見るとよくわかるのですが、

歯列のアーチや、
1本1本の歯の生えている方向などが、
かなり変わっています。

歯列矯正後の模型(セットアップ)の方には、
何本も線が引かれたり、
切れ込みがあったりして、

細かな計算の元、
理想的な歯並びが導き出されているのを感じます。

● 参考動画

歯型取りは上下2回ずつ取ります

歯型取りは上下2回ずつ取ります

下の歯を歯型取りを2回行なった後、
上の歯も同じように2回歯型を取りました。

下と同じやり方で、
まずは歯にペーストを塗り、
そこへ歯型をかぶせ、
3分経ったら、空気を送って外しました。

外す時のこのカポッ!という音と感触は、
けっこう癖になりますね(笑)。

【歯列矯正】歯型取りのやり方・回数・時間【体験談】まとめ

もう一度記事の内容をまとめてみます。

【歯列矯正】歯型取りのやり方・回数・時間【体験談】

歯型取りの道具
・馬の蹄のような金属の型
・ピンク色のペースト

歯型取りのやり方
・まずは歯にペーストを薄く塗る
・金属の型にペーストを充填し歯にかぶせる

歯型の外し方
・空気を歯と歯型の間に送り、剥がす

歯型取りにかかった時間
・約3分
・かつてより、時間がかからなくなっている印象

歯型取りの回数
・上下それぞれ2回ずつ。計4回
・歯列矯正前と後の、歯の模型を作るため

以上、
【歯列矯正】歯型取りのやり方・回数・時間【体験談】
というテーマで解説をしました。

▼ この記事の内容はYouTube動画でもご覧いただけます

● 参考記事

歯列矯正を始めて1年経過後の様子を知りたいですか?この記事では歯列矯正がスタートして1年間でどんなことが起こり、どう感じたか?痛みは?周りの反応は?食事は?そうした疑問に丁寧にお答えしています。歯列矯正を始めたいと思っている方は必見です。
歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。

シェアする

フォローする