【歯列矯正前のレントゲン検査で分かったこと】顎関節が変形してました

【歯列矯正前のレントゲン検査で分かったこと】顎関節が変形してました
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正前にレントゲン検査は、なぜ、どんな風に撮影するの?
レントゲン撮影で何が分かるの?

そんな疑問はありませんか?

この記事では、

歯列矯正前のレントゲン検査の様子や手順
レントゲン撮影で分かったこと

などを、
実際の体験をもとに詳しく解説します。

筆者のケンは、
現在歯列矯正中です。

2018年4月から装置とワイヤーをつけています。
上下とも表側のワイヤー矯正です。

このブログ以外にも、
YouTubeやTwitter、Instagramなどでも、
歯列矯正や健康に関する情報を発信しています。

役に立ちそうでしたら、ぜひフォローをお願いします。

フォローする

【歯列矯正前のレントゲン検査で分かったこと】顎関節が変形してました

結論から言うと、
歯列矯正前のレントゲン検査の結果、

①顎関節の変形
②顔(下あご)の歪み
③歯の傾き

が見つかりました。

左右で顎関節の形が異なっていたり、
先端の高さが違ったり、
していました。

レントゲンを撮るまで、
全く気付きませんでした。

以下、
歯列矯正前のレントゲン検査の手順と、
顎関節の変形などが見つかった経緯を、
詳しく解説していきます。

歯列矯正前のレントゲン検査の手順

レントゲン検査は、
同じく歯列矯正前の検査で行なった、
CADIAXという機械で顎の動きを調べた後に行いました。

レントゲン撮影の結果と、
顎の動きのデータを、
あとで組み合わせるためのようです。

● 参考記事

歯列矯正に失敗しないためにどうしたらいいか知りたいですか?この記事では、歯列矯正に失敗しないために、なぜあごの歪みが大切なのか?体調不良との関係。あごの歪みはどこで調べられるのか?について詳しく解説します。歯列矯正で体調不良が心配な方は必見です。

歯列矯正前のレントゲン検査の手順【顎関節の目印として鉛を貼り付ける】

レントゲンを撮る前に、
上の画像のような鉛の印を、
顔に貼りました。

これを目印にし、
顎の動きのデータと位置を合致させることで、
より正確な分析ができるようです。

レントゲン室で放射線を浴びないため、重い鉛のエプロンを着る

体に放射線を浴びないために、
重い鉛のエプロンを着てレントゲン室へ。

撮影は数分で終了しました。

撮影した結果は、
レントゲン室内のモニターですぐに確認できます。

とても便利です。

歯列矯正前のレントゲン検査の結果① 顎関節の変形

レントゲン検査の結果① 顎関節の変形

撮影したレントゲン画像を、早速見せてもらいました。

よく見ると、
顎関節の先端(耳の少し前あたり)の骨が、
左右で形が違っていました。

左側の方が、
先端が少し削れているように見えます。

本来は、
右側のように尖っているはずです。

噛み合わせによって、
下あごが左上に持ち上がっているようなので、
そのせいで先端が押しつぶされて、
削れているんじゃないかと想像できます。

同じく歯列矯正前の検査で、
顎の動きを調べたときに、
口を開閉するときに、
左右にグニャッと曲がってしまうことがわかりました。

それも、
この顎関節が片側だけ削れていることが、
原因かもしれません。

● 参考記事

顔や口の歪みが歯列矯正でどう治るか知りたいですか?この記事では歯列矯正前と1年間記録を比較して、顔や口元の歪みの変化をピックアップ、動画や画像を用いて詳しく解説しています。顔や口の歪みは歯列矯正で治るの?と疑問に思っている方は必見です。

歯列矯正前のレントゲン検査の結果② 顔の歪み

レントゲン検査の結果② 顔の歪み

顔、特に下あごの位置にも、
左右で歪みがありました。

上の画像は正面から撮ったレントゲン写真です。

下の赤いラインは、
下あごの下辺の位置です。

高さが左右で違っています。
左(画面右)の方が先端が高い場所にあります。

上の赤いラインは、
目印として顔に貼った鉛のプレートの位置です。

本来であれば、
左右同じ高さにあるはずですが、
レントゲンに写った位置は、
全然高さが違います。

左の方がかなり上にあります。

この顔の歪みの原因は、
歯の噛み合わせの左右の高さの違いから、
来ているようにも思います。

● 参考記事

歯列矯正前と1年後の顔の変化が知りたいですか?この記事では歯列矯正前に行った顔写真の撮影の様子の詳細や、1年後に撮影した顔写真との比較などを実際の画像を使って詳しく解説しています。歯列矯正で顔や輪郭がどう変化するのか気になる方は必見です。
歯列矯正で顔や口の歪みを改善したい!そんな願望がありませんか?この記事では歯列矯正前に撮影した顔写真を元に、顔や口の歪みがどうなっているのか?原因は?改善法は?といったことについて、詳しく解説しています。顔や口の歪みをなんとかしたいという人は必見です。

歯列矯正前のレントゲン検査の結果③ 歯の傾き

レントゲン検査の結果③ 歯の傾き

あごとは別に、
歯の向きにも歪みがありました。

上のレントゲン画像でも分かるように、
どうも、
左側(画面右側)から力がかかるように、
歯が傾いているようでした。

下顎と歯の向きが、
逆方向に、
ねじれるようになっているわけです。

なんだか、複雑なことになっています。

身体は、
どこがが歪んでしまったら、
別の場所でバランスを取ろうとするものです。

歯列矯正で、
歯並びや噛み合わせが改善されると、
そうした捻りも解消してくると思います。

● 参考記事|歯列矯正1年経過後の体験談

歯列矯正をするとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では歯列矯正をはじめて1年経過して、どんな変化が起こったのかを、実例と画像を用いて詳しく解説しています。歯列矯正をするとどんな変化が起こるのか知りたい方、歯列矯正を始めたい人は必見です。
噛み合わせが悪いとどうして良くないか?噛み合わせが良くなるとどんな変化があるのか知りたいですか?この記事では、歯列矯正で噛み合わせが良くなったことで、不調がどう改善し変化したかを詳しく解説しています。噛み合わせが悪いの何とかしたい方必見です。

【歯列矯正前のレントゲン検査で分かったこと】顎関節が変形してました まとめ

もう一度、動画の内容をまとめてみます。

歯列矯正前のレントゲン検査で分かったこと

①顎関節の変形
・左側の先端が削れている
・顎の動きの歪みの原因かもしれない

②顔(下あご)の歪み
・左側の方が高くなっている
・左右で、噛み合わせの高さが違うことが原因ではないか?

③歯の傾き
・顎とは逆方向に傾いている
・体がねじれるように歪んでいる

以上、
【歯列矯正前のレントゲン検査で分かったこと】顎関節が変形してました
というテーマで解説をしました。

この動画の内容は、YouTube動画にもアップしています。
動画だとより分かりやすいと思うので、ぜひご覧ください。

● YouTubeチャンネル登録する

● 歯列矯正に失敗しないために、検査を受ける前にぜひ読んでください

歯列矯正の病院選びのポイントや方法が知りたいですか?この記事では病院選びの際に押さえておきたい5つのポイントや、歯医者さんを探す具体的な方法を詳しく解説しています。これから歯列矯正を始めようと思っている方、現在歯列矯正中の方は必見です。
関連記事

シェアする

フォローする