3D歯型取りとは?マウスピース矯正用のデジタルスキャナーがスゴい

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

3Dの歯型取りって、どういうこと?
ピンクの歯型取りだと、オエっとなって苦しい…

そんな疑問にお答えします。

筆者のケンは、
2018年4月に歯列矯正を始めました。

上下とも表側のワイヤー矯正です。

追記:2年3ヶ月後の2020年7月に、ブラケットオフしました。
その時の様子はこちら↓

歯列矯正、ブラケットオフした後ってどんな感じか、感想が聞きたいですか?この記事では2年3ヶ月間の矯正治療の後、ブラケットとワイヤーを外した直後の感想を写真や動画も交えて詳しく解説しています。ブラケットオフ後の感想が気になる…という方必見です

歯列矯正中に6、7回くらい歯型を取ったのですが、
その内の何度かは、
デジタルスキャナーを用いて、3Dの歯型をとってもらいました。

マウスピース矯正用に使う、
アイテロエレメントという機械だそうです。

その3Dで歯型取りができるスキャナーが、
なかなかスゴかったので、
くわしくレポートしたいと思います。

3D歯型取りとは?

この3D歯型取りをはじめてしたのは、
歯列矯正を始める前の、検査の時のことでした。

歯型を取るというので、
てっきりピンク色の粘土みたいなものかと思っていたら、
大きな機械がゴロゴロと運ばれてきたので、ビックリしました。

滑車のついた支柱の上に、モニターが乗っていて、
形状としては、譜面台のような感じです。

これまで通った歯科医院では目にすることのなかった、
はじめて見る機械です。

マウスピース矯正用のデジタルスキャナーiTero element(アイテロ エレメント)

この3D歯型取りの機械、
名前は iTero Element(アイテロ エレメント)と言うそうです。

インビザラインという、
マウスピースを用いた歯列矯正用の、
デジタルスキャナーのようです。

歯を立体的にスキャンし、
歯並びや噛み合わせなどをデジタルデータとして収集。

スキャン後すぐに、
分析やシミュレーションができ、
データをインビザライン社にオンラインで送信すれば、
後日、マウスピースが送られてくるとのこと。

スゴい!

まるでAmazonのようですよね。

まだ日本では限られた歯科医院にしか導入されていない、
最新鋭の検査機器なんだそうです。

3D歯型取りのメリット

3Dで歯型取りを行うと、何がいいかというと、

・ピンクの材料で歯型を取る方法で、オエッとなってしまう人でも、負担なく歯型が取れる

・スキャンしながらリアルタイムで結果が分かるので、その場で説明や相談ができる

・より正確で誤差の少ない歯型が取れる

・治療期間の大幅な短縮が可能(以前は石膏模型をアメリカに郵送していた)

・エックス線ではなく、レーザーやLEDライトなので、安心

など、かなりメリットが多いです。

歯列矯正も、
デジタル化がかなり進んでいます。

3D歯型取りのデメリット

利点の多い、
デジタルスキャンを使った3Dの歯型取りですが、
すべてが完璧、というわけでもないようです。

たとえば、
スキャンした歯はすべて自分の歯、として計算されるので、
差し歯やブリッジなどがあると、
シミュレーション結果に誤差が生じることもあるようです。

あるいは、
矯正前から最終形まで、
コンピューターが計算するんですが、
実際に矯正が始まると、その過程で思いもしないことが起こるものなので、
途中の軌道修正が難しいことも、あったりするみたいです。

また、
歯の動きは細かく計算されているんだけど、
あごの動きまでは、あまり考慮できないとのこと。

3Dで行う歯型取りは、確かに便利ですが、
そうした点は少し気になるところです。

歯列矯正でも他のことでも、
数値や理論はもちろん大切なんだけど、
最終的には、人間の感覚や直感が物をいう、
というようにも感じます。

デジタルスキャナーで歯型を取る手順

3D歯型取りをするデジタルスキャナーは、
カメラ部分が、ハンドクリーナーのような形状をしています。

モニターに、
どんなふうに3Dスキャンを撮るか、
の説明が書いてあったので、読んでみましょう。

読めますかね?

要約すると、
3Dスキャンはどうやら、4段階に分けて行うらしいです

①歯と歯が触れる面(建物で例えると屋上の部分)を、奥歯から反対奥歯までスキャン

②そこから折り返すように、歯の裏側をスキャン

③歯の表面をスキャン

④最後は、歯の裏から屋上、表面をグルンとするように、一本一本スキャン

こんな感じ。

3D歯型取りとは?マウスピース矯正用のデジタルスキャナーがスゴい  まとめ

以上、
3D歯型取りとは?マウスピース矯正用のデジタルスキャナーがスゴい
というテーマで解説をしました。

実際にスキャンをした時の様子は、
こちらに詳しく書きました↓

iTero口腔内スキャナーについて知りたいですか?この記事ではマウスピース矯正用のデジタルスキャナーiTero Element(アイテロ エレメント)でデジタルの歯型を取った体験を詳しく解説しています。iTeroって何?使い方は?という方必見

今回の記事の内容は、
YouTubeでもご覧いただけます↓

チャンネル登録もお忘れなく

参考になればうれしいです。

YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする