矯正治療の痛みってどんな痛み? いろんな声を集めてみた

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

ツイッターでこんな質問をいただきました。

歯茎に埋もれたよこむきの親知らずを1時間かけて抜歯されるのと、矯正の痛い時、
どちらが痛いですか?
矯正する予定なんですが、痛みが不安で・・・
どれくらいの痛み!など、よろしければ教えていただきたいです。
とのこと。

矯正治療の痛みはどんな痛さか?

矯正って痛いですか?という質問と同じくらい、
どんな痛さなんですか?ということをよく聞かれます。

これ、言葉にするの、すごく難しいんですけど、
ぼくはこんな風に答えることが多いです。

グラグラして抜けそうな歯を、指でグイッと押した時のような痛さ

と。

痛いのと同時に、大丈夫かな?という怖さもある

痛みの感じ方ってひとそれぞれだと思うので、
こればかりは、実際に歯列矯正やってみて、自分で感じてみるしかないと思うんだけどね。

でも、グラグラして抜けちゃいそうな歯を押した時の痛みというのは、
矯正治療で感じる痛みと、けっこう似てるんじゃないかな、と個人的には思います。

ただ神経が押されていたいだけじゃなくて、
このままだと歯が抜けじゃうんじゃないかとか、
これがずっと続いたらどうしよう、
みたいな、不安や怖さが混じったような痛さでもあるんです。

矯正の痛さの感じ方は人それぞれ

みんなどんな風に感じてるかをツイッターで調べてみた。

この人は踊り狂ってますね。

この方は、熱が出たらしい。

痛いのが嬉しいとい声も。

これは矯正あるあるかもしれないですね。

痛いというのはそれだけ歯が動いているということなので。
逆に痛みがないと、本当にうごいてんのかな?って不安になることもあります。

そういう人絶対多いはず。

痛みにどれくらい耐えられるか?というのも人それぞれ。
みなさん、痛みに気をつけて、楽しい歯列矯正生活を!

関連記事

シェアする

フォローする