歯列矯正の無料相談やカウンセリングには何件か行ってみるといい[買い物と一緒]

下書き
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

ツイッターでいただいた質問に答えるコーナー。
今回はこちらです。

無料相談やカウンセリングを利用して 何件か歯科医院を回ってみるといい

結論から言うと、

・無料カウンセリングや無料相談では検査内容や診断結果には限界がある
・無料のものは歯科医院の集客手段
・患者側は、無料カウンセリングは情報収集として割り切る
・ここならいいなと思う歯科医院で、有料のカウンセリングや相談を受けてみる

というふうに考えるのが、いいんじゃないかと思ってます。
あくまでも個人的な意見だけど。

なぜかと言うと、
歯の状況もそれにあった矯正方法も、
人によって全然違うし、
それによって期間も費用も変わってくるからです。

その人の歯が現在どうなっているか、
どんな矯正方法で治療を行うかを決めるには、
それ相応の、検査や問診が必要なわけです。

すると、やはり検査機器やかかった時間に応じて、
費用が発生するのはやむを得ないのかな、と思います。

無料相談や無料カウンセリングは集客

ではなぜ、無料相談や無料カウンセリングという項目を、
歯医者さんが設けているかというと、
それはやはりビジネス戦略上の集客手段だと思います。

これは別にずるいことでも、悪いことでもなく、
ビジネス、商売という上では、必要不可欠なことだと思います。

スーパーの試食や、通販の試供品などと同じですよね。

歯科医院としては、
自分たちの存在を知ってもらう必要があるし、
クリニックまで足を運んでもらいたいわけです。

逆にいうと、
無料を打ち出しているところは、
一度医院に来てもらえば、
気に入ってもらえる、という自信があるということかもしれません。

とてもキレイで清潔な場所なのかもしれませんし、
最新の機材を揃えているのかもしれない。

先生やスタッフの対応や接客にも自信があるのかもしれません。

無料相談やカウンセリングは上手に利用してみよう

こう書くと、ちょっとずるいようにも聞こえるかもしれませんが、
歯科医院側としては、
「一度来てもらえばきっと気に入ってもらえますよ!」
という自信があるからこそ、無料というメリットを打ち出しているわけです。

ビジネス的に目的を持っているわけです。

なので、
患者側もそれを踏まえた上で、
無料なのだから「気に入らなかったら契約しませんよ」という姿勢で、
まったく問題ないわけです。

歯列矯正も洋服やスーパーの買い物と同じ

洋服を買うときに、
ブランドや値段や材質やモデルは誰か?とか、
いろんな要素を総合して決めると思うんですけど、
それと同じような感じです。

あるいは、
毎日の買い物のときに、
牛乳はこのスーパーが安いけど、
お惣菜はあっちの方が安くて美味しい、
というように、
何件か行っていると、だんだんとそのスーパーの特色とかも分かってくると思います。

歯列矯正は、
期間も何年もかかるものですし、費用も大きな買い物です。

だとしたら、一件だけ行ってそこで決めちゃうのは、かえって不思議じゃないですか?

歯列矯正の無料相談やカウンセリングには 何件か行ってみるといい[買い物と一緒]のまとめ

歯列矯正も歯科医院も、服のブランドやスーパーなどと同じように、
やはりビジネスであり、商売であり、仕事でもあるんですよね。

・無料カウンセリングや無料相談では検査内容や診断結果には限界がある
・無料のものは歯科医院の集客手段
・患者側は、無料カウンセリングは情報収集として割り切る
・ここならいいなと思う歯科医院で、有料のカウンセリングや相談を受けてみる
無料カウンセリングと有料のものを、うまく使い分けて、
よい歯科医院と出会えるように、お祈りしています!
タイトルとURLをコピーしました