歯列矯正経過レポート2日目 「食事の時、噛むと痛い!」おすすめ&食べにくい食べ物

矯正期間中におすすめのペースト状の食べ物
The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正の装置とワイヤーが初めて歯について、その翌日のレポートです。

一番感じたのは

食事がしづらい!
唇を噛んでしまって痛い!

ということです

歯がワイヤーで引っ張られて動く痛さは覚悟していたのですが、
食事をすることで唇を噛んでしまい、穴がプスプス開いてしまうんです。

その痛さは予想していなかったので、予想外の痛みでした・・・(苦笑)

食事の時に歯と装置で唇を噛んでしまって痛い・・

もともと私の噛み合わせはズレていて、一番噛み合う場所で歯を合わせようとすると、
下顎が2、3mm奥に引っ込んだ状態になってしまいます。

食事の時など、食べ物を噛むときも同様で、
下顎を上下に動かす時に、どうも奥に引き込むように移動させているようなのです。

なので、上下の歯の間に隙間ができてしまって、そこに唇の内側が挟まりやすく、
結果として、犬歯などの尖った歯と装置で、唇を挟んでしまうようです。

穴を開けてしまわないように、なるべく口を開けずに噛もうとしても、
うまく咀嚼ができないし、
かといって口を開けて噛もうとすると、唇を噛んで穴を開けてしまうし、
コツを掴むまでその後2、3日かかりました。

でも、必ず慣れるので、心配しすぎなくても大丈夫です。

口内炎のような痛み

みなさんは口内炎になったことはありますか?

あれ、イヤですよね・・・
ジクジクと痛い。

食べ物や飲み物がしみて痛いので、ものを食べたり飲んだりするのも億劫になる。

口内炎ができる時って、何かの弾みで唇の内側を歯で噛んでしまって、
睡眠不足だったり疲れが溜まっていたりすると、
傷口が治りにくくて、炎症を起こしてしまう感じだと思うのですが、
今回の私の場合も、まさにこんなプロセスでした。

装置やワイヤーをつけた状態での顎の動かし方、ものの噛み方に慣れなくて、
一回噛むたびに、プスッ、プスッと歯で唇を噛むというありさま。

口の中に、無数の傷ができてしまいました。

口内炎と違うのは、炎症が比較的少なかったこと。
これは救いでした。

穴は空くんだけど、それが化膿したり悪化したり、傷口が広がることはあまりなくて、
翌日になれば、治ったり、傷口は塞がったりしました。

きちんとした睡眠がとれていたり、栄養もちゃんと摂取できていれば、
体は自己治癒をします。

人間の回復力って、やはりすごいものだなと感じました。

矯正治療中にオススメの食べやすい食べ物

矯正治療が始まって最初の頃は、本当に食事がしづらいので、
何を食べるかは、けっこう関心ごとになってくると思います。

矯正開始から数週間、数ヶ月も経てば、
食べ方にも慣れてきて、だんだんといろいろなものが食べられるようになってくると思いますが、
最初の頃はこんな食べ物がおすすめです。

個人的に、どんなものを食べたかというと、

ペースト状の食べ物

です。

矯正期間中におすすめのペースト状の食べ物

動画にもある通り、野菜をペースト状になるまで炒めたものを、よく作って食べました。

人参、玉ねぎ、かぼちゃ、トマトなどの野菜を細かく切って、
弱火にかけて、しゃもじなどでかき混ぜながら煮詰めていくと、
野菜が溶けて、トロッとしたペースト状になります。

生や、茹でたり蒸した野菜だと、どうしても大きく口を開けなければならなかったり、
繊維を噛み切る必要があるので、何度もモグモグと口を動かさなきゃいけない。

だけど、こうしてペースト状のものだと、あまり咀嚼する必要がないので、
噛む動きをそれほどせずに食べられんます。

水分を入れてスープにすることもできますが、
スープだと私の場合、すぐお腹が空いちゃうので、
こうしたある程度、硬さが残っているものの方が好みです。

作る時間がないよーという人は、買うのも全然OKだと思います。

ごまペーストとかピーナツバターとか。
コンビニで買うんだったら、グラタンとか雑炊のようなものはいいかもしれないですね。

試したことはないけど、赤ちゃんの離乳食とかも、もしかしたらいいかもです。

矯正中でも噛むことはすごく大事

ただし「咀嚼する」という行為は、食べ物を細かくするだけでなく、
唾液の分泌などにも関わってくるので、
あまりこうしたものばかり食べ続けない方がいいと思います。

口の中を怪我させない程度に、噛む必要があるものを、少しずつ食べていった方がいいと思います。

以前、数ヶ月間、断食やクレンジングのような感じで、
食事を主に野菜ジュースにする、という食生活を続けたことがあったんですが、
免疫力が低下したのか、皮膚の炎症ができやすくなったり(特に足に)、
貧血気味になったりしたので、もし試される方は十分注意してください。

矯正中に食べにくい食べ物

逆に食べにくい食べ物は、麺類です。

長い麺を噛み切るのに、どうしても何度も噛まないといけないから、
それだけ歯と装置で唇を挟んでしまうリスクが高まります。

そのまま噛まずに、ツルツルと飲み込んでしまう方法もありますが、
消化に悪いのでおすすめしません。

ちゃんと噛んで咀嚼した方が、消化器官の負担を減らせていいよ。

歯列矯正経過レポート2日目 「食事の時、噛むと痛い!」おすすめ&食べにくい食べ物 まとめ

矯正前は、装置とワイヤーをつけたら、歯が引っ張られて痛いんだろうな、
思っていて、その痛みに関しては覚悟をしていました。

だけど、食事でものを噛む時に、歯で唇を噛んでしまうのは、予想していませんでした。

なので余計に、慣れるまでに時間がかかったかもしれません。

とはいえ、すぐに慣れるし、いろんな方法やコツも見つけていけると思うので、
そうした大変さも歯列矯正の一部と思って、楽しんでます。

楽しい矯正ライフを!

YouTubeチャンネルやってます↓ ケン/歯列矯正YouTbeチャンネルバナー

最新動画はこちら↓

シェアする

フォローする