歯列矯正が失敗する原因は? 気をつけておくべき5つのポイント

The following two tabs change content below.
2018年4月より歯列矯正|上下とも表側のワイヤー矯正|歯を抜かない非抜歯矯正|歯並びはもちろん、噛み合わせを重視した歯列矯正の様子を、記録しているブログです|銀座みゆき通りデンタルクリニックにて治療中|YouTubeでも歯列矯正の経過を配信してます

歯列矯正をしたいと考えているけど、

「失敗してしまったらどうしよう?」
「歯列矯正中だけど、なんか失敗したっぽい・・・なんで??」

と悩んではいませんか?

この記事では、歯列矯正に失敗してしまう原因を、
私の失敗経験や現在矯正中の体験をもとに詳しく解説します。

これらの原因を知って、気をつければ、
失敗する確率を減らすことができるでしょう。

歯列矯正が失敗する原因は?
気をつけておくべき5つのポイント

歯列矯正に失敗してしまうのには、原因や理由が必ずあります。

これまでの失敗体験と、現在順調に矯正治療を行なっている経験から、
いくつかの法則があると感じたので、
順番に詳しく解説していきます。

簡単に筆者の自己紹介をしておきます。

現在歯列矯正中約10ヶ月目のケンといいます。

10年以上前に、歯を抜いたり削ったりして、
歯並びをキレイにしたことがあります。

安く短期間で出来る方法を選んでしまったんです。

ですがその結果、
その後約8年間くらい、体調不良に悩まされてしまいました。

そうした失敗経験から、
現在は、信頼できる歯医者さんのもとで、
歯を抜かない非抜歯矯正で、矯正治療中です。

このブログ以外にも、YouTubeやツイッターで情報発信をしています。

YouTube→ケン・歯列矯正の記録

Twitter→ケン😬歯列矯正

歯列矯正に失敗する原因は一体何か?

早速、考えていきましょう。

安さや早さを優先しない

安さや短期間を優先させるのは、歯列矯正に失敗する原因になりがちです。

なぜかと言うと、歯を動かすというのは、本来とても時間がかかることだからです。

具体的に私の失敗体験をお話しします。

私は過去に、歯列矯正にかかるお金と時間がもったいないと感じ、
手っ取り早く、歯を抜いたり削ったりして歯並びをキレイにしました。

ブリッジという手法でした。

治したい歯を抜いて、その両隣の歯を細く削り、
それを柱にして、複数繋がった人工の歯を、カポッとはめる方法です。

歯を抜いて、新しい歯に付け替えるだけですから、
期間は3週間ほどで済みました。

1本あたり7万円ほど。
私の場合は3本だったので、計21万円くらい。

歯列矯正に比べたら、時間も費用も格段に節約できました。

治した直後は「安く短期間で歯がキレイになった!」と喜んでいましたが、
次第に体調を崩し始め、その後約8年間ずっと大変な思いが続きました。

歯というのは、全部の歯が連携しあって、
きちんとした噛み合わせを作っています。

なので、歯を動かすには、一本一本だけではなく、
全体の歯の関係性を見ながら調整していく必要があります。

そしてそれにはすごく時間がかかります。

近道をしようとすると、必ずどこかにしわ寄せがやってきます。

かつて近道をして失敗した経験と、
現在、時間をかけて歯を動かしている経験、両方から、
それを痛切に感じます。

自分に合った矯正方法を選ぶ

あなたに合った矯正方法を選ぶことも、とても大切です。

なぜなら、現在の歯の状態、体質、生活スタイルなどは、人それぞれだからです。

私がおすすめするのは、ワイヤー矯正です。

私も現在、歯にブラケットと呼ばれる装置とワイヤーを装着する方法で、
歯列矯正を行なっています。

友人の歯科医師によると、ワイヤーを用いて行う矯正治療が、
現在のところ、もっとも細かく、的確に歯を動かせるとのことでした。

また、歯を抜かない非抜歯矯正もおすすめします。

理由は、歯は抜いてしまったら、2度と生えてきませんし、
歯を抜いてしまうことで、
全体のバランスが崩れ、骨格の歪みや体調不良につながりかねないからです。

私は、上の前歯を、歯並びをキレイにするために抜いてしまいました。
下の臼歯も、歯列からはみ出して生えていたので、抜いています。

なので、左右や上下で、歯の本数が違うのですが、
今行なっている歯列矯正を、複雑なものにしてしまっています。

先生ごめんなさいm(_ _)m

とはいえ、
この矯正の方法が必ずいい、悪い、とは思いません。

たとえば金属アレルギーの人は、ワイヤーの使用は難しいかもしれません。
その場合は、マウスピース矯正の方が、その人には適しているとも考えられます。

また、歯やあごの形などの理由で、どうしても歯を抜く必要があるかもしれません。

状況や環境は人によってさまざまなので、
あなたに合った矯正方法を選ぶことが大切だと思います。

医者任せにしてサボらない

歯列矯正は、自分自身の習慣や努力も必要です。

なぜなら、矯正治療が始まったら、歯医者さんに通うのは月に一度だけだからです。

たとえば、
今私はゴムかけといって、上下の歯に小さなゴムをかけて歯を動かしています。

基本的にこのゴムは、24時間つけ続けてくださいと言われます。
その管理をするのは自分ですよね。

つけるのを忘れてしまっていたり、意図的にサボってしまったら、
当然、矯正治療の進み具合にも影響があります。

また、矯正装置やワイヤーが歯についていると、
食べ物が引っかかりやすく、歯みがきもしづらいです。

食事をするのいいや、って思うくらい面倒です・・・(苦笑)

だからと言って、歯のケアをおろそかにしていると、
途中で虫歯になってしまったり、歯ぐきが弱ってくるなどして、
矯正治療の失敗の原因にもなってしまいます。

東大合格を謳っている塾に入れば、必ず東大に合格できるか?
っていうと、そんなことないですよね。

勉強するのは自分です。

同じように、歯医者さんは治療計画を立てて、
矯正治療を成功に導くよう努力をしてくれると思いますが、

歯の持ち主はわたしたち患者です。

やっぱサボったら、そのツケは自分に返ってきます。

100%完璧な歯並びはありえない

100%自分の理想通りの歯並びになるとは限りません。

歯の形、健康状態、生活スタイルなどによって、適切な歯並びは変わってくるからです。

また、歯列矯正は歯並びをキレイにするためだけのものではなくて、
きちんとした噛み合わせを作ることも目的です。

たとえば、
美容院に雑誌の切り抜きを持って行って
「こんな髪型にしたい」
といった経験はないでしょうか?

ですが、かならずその写真のようになれるかというと、
そんなことはありませんよね。

髪質や頭の骨の形、顔の輪郭などによって、
100%同じようにはならないからです。

洋服なども同じですよね。

肌の色、身長や体系などによって、
その人に似合う色や洋服の形は、まったく違ってきます。

同じように歯並びも、
人によって、歯やあごの形、位置は違います。

また歯列矯正では、
歯並びだけではなくて、きちんとした噛み合わせを作るということが、
とても大切になります。

正面から見た歯並びだけをキレイにしても、
噛み合わせがメチャクチャだったら、必ず後で健康に影響が現れます。

私も以前、
見た目の歯並びだけを揃えたことで、噛み合わせがずれ、
その後長い年月、辛い思いをしました。

噛み合わせを重視して矯正を行った場合、
自分が思ったような歯並びにはならない場合があります。

ですが、それが本来の歯の位置ということです。

逆に、歯並びを優先して歯を動かしてしまうと、
噛み合わせが不完全になって、
結果、歯列矯正に失敗した、と、なりかねないわけです。

信頼できる歯医者さんを選ぶ

信頼できる歯医者さんのもとで矯正治療を行うことは、とても重要です。

なぜなら矯正治療は、歯医者さんの治療方針に従って進んでいくからです。

つまり、
歯医者さんが「矯正するには歯を抜くべきだ」と考えていれば、
そうした矯正治療が行われます。

あるいは「健康な歯はできるだけ抜かない方がいい」と考えている歯医者さんでは、
歯を抜かない矯正治療が行われる、ということです。

私がかつて、歯を抜いたり削ったりして歯並びをキレイにした時は、
自分自身には、

歯を抜いたらどうなるのか?

といった、その後のリスクや結果などは、
まったく頭にありませんでした。

もちろん、その時の歯医者さんも、
悪気があってその治療を私に勧めたわけではないと思いますが、
私には専門知識もこれまでの経験もないですから
医者の言うことを信じるしかありませんよね。

これから歯列矯正を、と考えている方は、
ぜひ信頼できる歯医者さんを探してみてください。

失敗のリスクは減らすことができます。

現在矯正中で、ちょっと失敗しちゃったかも・・という方は、大丈夫です。
その失敗の経験は必ず役に立ちます。

諦めずに、今できることは何かを考えてみましょう。

歯医者さん選びに関して、下の記事に具体的にまとめました。
よかったら参考にしてみてください。

歯列矯正が失敗する原因は?
気をつけておくべき5つのポイント まとめ

・安さや早さを優先しない
・適切な矯正方法を選ぶ
・医者任せにしてサボらない
・100%完璧はありえない
・信頼できる歯医者さんを選ぶ

改めてこの記事を書いてみて感じたのは、
これらのことは、歯列矯正に限ったことではないな、ということです。

ものごとには、近道も楽な道もありません。

本来時間がかかることを、不自然に近道をしようとすると、
それが失敗の原因になるように感じます。

より効果的、かつ負担の少ない歯列矯正ができるよう、
心からお祈りしています!

関連記事

シェアする

フォローする